ほうれん草は炒めるときでもあく抜きは必要?洗い方はどうする?

Sponsored Link


今日は、ほうれん草のあく抜きをテーマにしていきたいと思います^^

 

ほうれん草やゆでたり、炒めたりして調理するものですが、炒めるときでも
あく抜きは必要なのでしょうか。また洗い方はどうすればよいのか…

 

そんなほうれん草についてまとめていきたいと思います。

hourensou_spinach

 

ほうれん草は炒めるときでもあく抜きは必要…?

ほうれん草を胡麻和えやお浸しにして食べる場合は、
あく抜きをしてから食べるというのが普通ですよね。

 

しかし、ほうれん草は、茹でて食べるだけではなく、
炒めて食べるという調理法も多いですよね。

 

そんなとき、ほうれん草のアク抜きはしなくて良いのか…
と不安になることもあると思います。

 

ネットで調べても実に様々な方がいて、
いちいち下茹でをしてから、ほうれん草を炒めるという
方もいますね。

 

結論からいって、
ほうれん草を炒める際に、 あく抜きをしなければならない
というわけではありません

 

 

そもそもほうれん草は必ずあく抜きをしなければならない
というわけではないのです。

 

ほうれん草に含まれているシュウ酸という成分は、
体内のカルシウムを取り込み、
シュウ酸カルシウム になります。

 

このシュウ酸カルシウムというものが、
結石 の原因になるとされています。

haraita_man

しかし、少量のほうれん草で、結石になるわけではなく、
少量だとOKです。

 

むしろ毎日1kg以上のほうれん草を食べた際に、
影響が起きる程度で、おかず程度の量でしたら、
問題はありません^^

 

というわけで生で食べてもOKなのですが、
成分うんぬんよりも、このシュウ酸は
食味に影響します。

 

ほうれん草を食べたときに、キシキシざらざらという
食感を感じたことはないでしょうか。

 

この食感の原因はシュウ酸です。

 

この食感がいやな方は、
あく抜きの処理をしてから調理した方が良いといえます。

 

たとえば、クリームパスタなどにほうれん草をいれる場合、
そのまま入れるのではなく、
一度茹でてからソースと絡めると、
キシキシという感じが少なくなります。

 

あく抜き不要のサラダほうれん草もあります
 

ですので、あく抜きを必ずしなければいけないというわけではないですが、
一度あく抜きをしてから、調理すると、
食感が良くなる程度に覚えていれば良いかと思います^^

Sponsored Link

ほうれん草の洗い方は?

ほうれん草のあく抜き処理には、茹でる・水に漬けておくという
ものがあります。

 

ほうれん草を洗って水につける、もしくは、茹でることで、
シュウ酸の量を減らすことができます^^

 

★ほうれん草のあく抜き方法についてはこちらの記事をどうぞ
ほうれん草のあく抜き方法!レンジで時間短縮も!サラダでも必要?

 

しかし必ずほうれん草を一度、洗ってから下処理を行います。

では洗い方を紹介します^^

 

ほうれん草は根元に土や泥が残っているので要注意です。

 

まずは、ほうれん草の根元を少し切って、
水をためたボウル等に、 3分程度 漬けておきます。

20130202150637_510caced37ddf

画像引用:https://nanapi.jp/73701

そのあとは、ほうれん草の根元の部分に、
十字 に切り込みをいれ、
そして、根元の部分を広げるようにして、
流水でよく洗うようにします。

 

十字に切り込みをいれることで、
汚れが落ちやすくなります。

 

茹でる場合は、水気をザル等で切ってから
茹でるようにします。

 

 

まとめ

今回は、ほうれん草の炒める場合のあく抜きについて
まとめてみました。

 

必ずしないといけないというわけではないですが、
食感を大事にするために、
あく抜きをしておいた方が良いでしょう♪

 

ほうれん草をしっかり洗ってから調理するようにしましょう^^


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ