ほうれん草の食べ過ぎは危険…?原因はえぐみの成分?

Sponsored Link


今日は、ほうれん草の食べ過ぎをテーマにしていきたいと思います^^

 

昔から何でも食べすぎるのは良くないとされていますが、
ほうれん草は、えぐみの成分が体に良くないので、
食べ過ぎ要注意だったりします。

 

そんなほうれん草についてまとめていきます。

hourensou_spinach

 

ほうれん草の食べ過ぎは危険?原因は?

ほうれん草といえば、鉄分やビタミンCが豊富に含まれている
緑黄色野菜であるので、
よく調理に利用されている、人気の野菜ですよね。

 

そんなほうれん草ですが、
食べ過ぎは危険とされています。

 

その原因は、ほうれん草の独特の【えぐみ】
原因です。

 

えぐみの成分は、 シュウ酸 という成分です。

 

このシュウ酸という成分が、厄介で、
体の中で、カルシウムと結合します。

 

そしてシュウ酸カルシウム という物質になります。

 

これは、救急車を呼ぶほど痛いとされている
尿路結石 の原因となります。

haraita_man

ちなみに、ほうれん草以外にも、
チョコレートや筍、紅茶などにも
含まれている成分です。

 

ただ、とくにほうれん草は含有量が多いことで
も知られています。

 

ですので、食べ過ぎは良くないとされているのです。

Sponsored Link

ほうれん草の食べ過ぎを回避!摂取量は?

食べ過ぎといってもどれくらいの量を摂取すると
食べ過ぎということになるのでしょうか。

 

一般に、ほうれん草が【食べ過ぎ】となるのは、
1日に 1kg以上 摂取した場合です。

 

ほうれん草を1日に1kg摂取するということは、
毎日ほうれん草を4束程度 食べたときに
該当するので、
お浸しや胡麻和えなど、通常おかずとして
食べる分には問題がありません。

pr00390

また、シュウ酸は、水に溶ける成分ですので、
きちんとほうれん草のあく抜きをすれば、
70%程度のあくは抜けます。

 

ですので、ほうれん草を生で1kg以上食べなければ、
直接ほうれん草が、結石の原因になるというのは
考えにくいですね。

 

また、ほうれん草を食べすぎると下痢をするとも
言われていますが、ほうれん草はそこまで食物繊維を含んでいませんので、
ほうれん草が直接的に下痢に影響を与えたというのは
少し考えにくいです。

 

いずれにしろ、シュウ酸が気になる方は
生食ではなく茹でるというのをおススメします。

 

★こちらの記事もどうぞ
ほうれん草に含まれるシュウ酸は炒めると量が減る?結石の原因に…?

赤ちゃんがお腹にいる場合は?

妊娠しているとほうれん草を食べろと言われることがあります。

akachan_ninshin

というのも、ほうれん草には 葉酸 が多く含まれており、
この葉酸という成分が赤ちゃんの初期の成長には
必要不可欠だからです。

 

ほうれん草100g中に葉酸は 210µg ほど
含まれています。

 

そして妊婦さんの葉酸の目標量は、通常の2倍なので、
400µg です。

 

400ということで、
ほうれん草を100g程度食べれば必要量の1/2を
摂取することができます^^

 

また、ほうれん草は鉄分が多いというイメージがあると
思いますが、実は他の食品の方が鉄分が多いです。

 

むしろ小松菜の方が、ほうれん草よりも鉄分の含有量は
多いですし、ひじきやのり、レバーに多く含まれています。

 

★こちらの記事もどうぞ
ほうれん草の鉄分やカルシウムの含有量はすごい?小松菜と比べると?

 

そして、ほうれん草に含まれるシュウ酸は鉄の
吸収も阻害するので、
ほうれん草だけではなく、様々な食品から
鉄分を摂取する方が良いです。

 

 

まとめ

今回は、ほうれん草の食べすぎについてまとめてみました。

 

シュウ酸という成分が食べすぎると危険といわれる所以です。

 

どんな食品でも、食べすぎというのは良くないので、
バランスよく摂取しましょう^^

 

いずれにしろ毎日大量に摂取しなければ
問題ありません。


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ