ちぢみほうれん草【寒締めほうれん草】の食べ方やゆで方はどうする?

Sponsored Link


今日は、ちぢみほうれん草をテーマにしていきたいと思います^^

 

ちぢみほうれん草は別名、寒締めほうれん草と呼ばれています。
食べ方は様々、そして茹で方は普通のほうれん草と同じで良いのでしょうか…。

 

そんな寒締めほうれん草についてまとめていきます。

ve_6149

 

ちぢみほうれん草【寒締めほうれん草】とは?

ちぢみほうれん草という種類をご存知でしょうか。

 

ほうれん草の種類にちぢみほうれん草というものが
あります。

 

このほうれん草は名前の通り、葉っぱが
縮れているのが特徴です。

 

なぜこのように葉っぱが縮むのかというと、
それは栽培方法 が影響しています。

 

基本的にほうれん草は、1年中栽培されて、
スーパーに出回っています。

 

基本的に冬に栽培されているものは、
ハウスやトンネルで、寒さから守って育てられるのですが、
このちぢみほうれん草は、別名の【寒締め】のとおり、
露地栽培 をされています。

 

 

露地栽培を行うことにより、寒さに耐えるように、
葉が厚くなり、そして糖度も増して甘味・旨みが増すようになります。

 

少しでも太陽の光を浴びようと、
葉が地面に張り付くように成長します。

またほうれん草は、通常4~5倍 程度の糖度しかありませんが、
寒締めほうれん草は、2倍 ほどの糖度になることも。

 

このちぢみほうれん草は、冬の寒い時期しか
出荷されません。

 

冬季限定で収穫時期は 12~2月 となっています。
冬限定なので、見つけたら旬の冬の時期に食べるのが
良いですね♪

 

冬に栽培されたほうれん草は、
夏のものよりもビタミンCの含量が多いのが特徴です^^

Sponsored Link

ちぢみほうれん草【寒締めほうれん草】の食べ方は?

ちぢみほうれん草は、甘味や旨みが多く含まれているのが
特徴の種類です。

 

ですので、食べ方としては、 お浸し がおススメです♪

 

そしてこのちぢみほうれん草は、冬に栽培されている
種類です。
冬の時期のほうれん草は、アク、えぐみの原因でもある
シュウ酸が少ないとされています。

 

ですので、茹でて調理するのも良いですが、
普通のほうれん草に比べるとアクも少ないので、
あまり火を通さずに、味噌汁やスープなどにも
使えます♪

 

また、炒めものにも使えます♪

 

ちぢみほうれん草の様々なレシピを集めてみましたので、
参考までに!

 

 

ちぢみほうれん草の胡麻和え

ea2a69ca6e1548d61dbd60fbfc9e83d1

引用元:http://cookpad.com/recipe/1747654

 

ちぢみほうれん草とベーコンのオムレツ

引用元:http://tochigipower.com/staticpages/index.php?page=c-019tijimihouren

 

ちぢみほうれん草のさっぱり塩麹ナムル

8b156e00cf4946b7e6a295d067d82d4c39dc5136.33.2.3.2

引用元:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1270002493/

 

 

ちぢみほうれん草【寒締めほうれん草】の茹で方は?

先ほど説明しましたが、
ちぢみほうれん草は旨み、甘味があるので、
あまり手を加えずに、シンプルに調理をするのが
おススメです。

 

茹で方としては、

 

1・まずは、ちぢみほうれん草をよく洗います。

特に、根元に土がついていることが多いです。

 

2・鍋にたっぷりのお湯を沸かし、
塩を小さじ1杯程度いれます。

 

3・根元→全体で
ちぢみほうれん草を茹でます。

 

5~10秒程度根元を茹でたら
葉もいれてサッと茹でます。

 

葉がしんなりしたらすぐに引き上げましょう。

 

4・流水にちぢみほうれん草をいれて、
粗熱をとります。

かるく水気を絞ったら完成です。

ほうれん草の茹で方に関しては、こちらの記事もどうぞ
ほうれん草のゆで時間はどれくらい?茹で方はどうする?

 

ちぢみほうれん草を茹でたら
そのままお浸しにするのも良いですね♪


まとめ

今回はちぢみほうれん草の食べ方や茹で方について
まとめてみました。

 

冬限定で出回るちぢみほうれん草は、
甘味や旨みもあるので、
お浸し、炒めものなんでも良いですね^^

 

冬限定なので、見つけたらゲットしてみてください★


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ