ほうれん草のゆで時間はどれくらい?茹で方はどうする?

Sponsored Link


今日は、ほうれん草の茹で方やゆで時間をテーマにしていきたいと思います^^

 

ほうれん草といえば、茹でて食べる調理法が多いですが、
どれくらい茹でるのが良いのでしょうか。

 

そんなほうれん草を茹でる場合についてまとめていきます。

hourensou_spinach

 

ほうれん草の茹で方やゆで時間は?

ほうれん草といえば、茹でることが多い野菜ですよね。

 

しかし茹ですぎると、ほうれん草の葉っぱは
柔らかくなってしまいますし、
長時間茹でることによって、
大切なビタミンやミネラル類が流出してしまいます…。

 

というわけで、茹ですぎるのもNGなのです。

 

ではそんなほうれん草の茹で方について説明していきます。

 

1・まずはほうれん草をよく洗います。

ほうれん草の根元には土がついているので、
よく洗う 必要があります。

 

根元を1~2cm切り取って、
水をためたボウルの中でよく洗います。

 

根元には栄養分も残されているので、
切り取らないで調理をするという方法もありますが、
ごしごしとよく洗う必要があります。

 

また、ここでほうれん草の茎の部分に、 十字の切れ目
をつけておくと、加熱しやすくなります。

 

 

2・続いて、ほうれん草を茹でていきます。

ポイントとしては、茎と葉の部分の茹で時間を変えることです。

 

鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩を小さじ2杯 程度いれます。
※ゆで湯1リットルに対し、小さじ2杯程度です。

 

鍋のお湯の量によって調整してください。

 

そのあと、実際にほうれん草をいれていきます。

p_img_11

引用:http://park.ajinomoto.co.jp/recipe/corner/basic/vege_handling

 

ほうれん草は、まず茎の部分から茹でます。
葉の部分をもち、根元の部分をお湯に浸して、
そのまま茎を30秒 ほど茹でます。

 

そして、30秒ほど茹でたら、
葉の部分も落として、10秒 ほどゆでます。

 

3・ゆでたらすぐに冷水にいれます。

すぐにぬるくなるので2回ほど水を交換しても
良いくらいです。

 

 

4・ほうれん草の粗熱がとれたら、
水気をしぼります。


料理によっては水っぽいと食感が悪いので
よくしぼりましょう。

 

 

5・料理にあわせて、ほうれん草の幅を
カットします。


ほうれん草のお浸しであれば、3~4cm程度で
良いでしょう。

そして切ったほうれん草は、再度、水気を絞ります。

 

これでほうれん草がゆであがります。

 

ここに、醤油+かつお節をかけるだけで、
ほうれん草のお浸しが完成します。

 

茹でて絞るだけなので簡単ですね。

Sponsored Link

ほうれん草のゆで時間

ほうれん草のゆで時間は、時間差で茹でた方が、
柔らかさが均等となり美味しくなります。

 
ゆで時間は、
合計 40秒 茎をいれて 30秒
葉っぱもいれて 10秒

 

と覚えておくと良いですね♪

 

赤ちゃんの離乳食の場合は、
少し多めに1分程度茹でてあげた
方が柔らかくて食べやすくなります^^

まとめ

今回は、ほうれん草の茹で方やゆで時間についてまとめてみました。

 

ポイントは、茎と葉のゆでる時間をずらすということです。

 

一気に茹でるのではなく、
茎だけ→全部
という順番でゆでた方が、シャキシャキとした
食感が味わえます♪

 

★こちらの記事もどうぞ
ほうれん草の栄養成分の効果や効能は?冬では栄養価が違う?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ