ほうれん草は生で食べれるの?サラダやスムージーはどうする?

Sponsored Link


今日は、ほうれん草は生で食べられるかをテーマにしていきたいと思います^^

 

ほうれん草は生のままサラダやスムージーにして摂取するように
表記されていて、食べれるの?
と思った方は意外にも多いのではないでしょうか。

 

そんなほうれん草のゆでない場合についてまとめていきたいと思います^^

hourensou_spinach

 

ほうれん草は生で食べられるの?

ほうれん草というと、何となく、
【生で食べるのは危険】 とされてきたことは
ないでしょうか?

 

どこで習ったのかはわからないけど、
ほうれん草の認識って生で食べちゃダメ。
という感じですよね。

 

この生で食べれないという認識はほうれん草の成分のせいです。

 

ほうれん草には、シュウ酸 という成分が含まれていて、
この成分は摂取しすぎると体内でシュウ酸カルシウムとなり、
結石 の原因にもなるといわれています。

 

結石の中でも尿路結石は、かなりの激痛が体に走り、
救急車を呼ぶほど…
とも言われているほど痛い病気です。

haraita_man

そしてこのシュウ酸はほうれん草をゆでることで
少なくすることができます。

ですので生はダメといわれているのです。

 

ほうれん草には、0.4~1%程度
シュウ酸が含まれているとされています。

 

というわけで実は微量です。

 

シュウ酸の影響が体に現れるのは、
毎日 1kg程度 のほうれん草を食べた場合と
されています。

 

ですので、おかずに1品食べる程度でしたら
そこまでシュウ酸の影響を気にするほどではありません。

 

ですので、
結論でいえば、
ほうれん草は生でも食べることができます

 

 

しかし、野菜といえど、食べるときには
よく水で洗う必要があります。

Sponsored Link

サラダやスムージーではどうする?

ほうれん草をサラダに活用したり、グリーンスムージーに
いれて摂取する人も多いと思います。

 

先ほどもいったように、ほうれん草のシュウ酸は人体に
そこまで影響する量ではないです。

 

ただ、 シュウ酸=えぐみの原因 でもあるので、
生で食べるとそういった食味もあります。

 

ほうれん草のこのえぐみの原因であるシュウ酸は、
茹でる以外でも取り除くことができます。

 

方法としては、 ほうれん草を水に漬けておく のです。

 

ほうれん草をよく洗ったら、
サラダにして食べやすい大きさによく切ります。

 

あとは、水に5~10分程度 漬けておくだけです。

 

ほうれん草を切ることで、残っている土も
とれやすくなります。

 

なぜ水に漬けておくとえぐみが取れるのかというと、
えぐみの原因であるシュウ酸は、水溶性のためです。

 

水溶性なので、水に漬けておくと、
シュウ酸が水に溶けて、
流出します。

 

ですので、茹でずに水に漬けておくだけでも
シュウ酸を減らすことができるのです。

 

そのままでも気にするほどではないですが、
サラダやスムージーにして美味しく食べたい場合には、
ほうれん草を水につけて、水気を切ってから
調理することをおススメします♪

 

 

まとめ

今回は、ほうれん草が生で食べられるかという点に
ついてまとめてみました。

 

ほうれん草は、生でも食べることができますし、
茹でなくてもえぐみの原因であるシュウ酸を減らすことが
できます。

 

生のシャキシャキとした食感を味わいたい場合には、
水に漬けてあく抜きするのも良いですね^^

 

あくが少ないほうれん草もおススメ♪


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ