くわいの栽培方法とは?プランター栽培もできる?

Sponsored Link

今日は、くわいの栽培方法をテーマにしていきたいと思います^^

 

くわいはどのように栽培されているのでしょうか。
またプランターでの栽培は可能でしょうか。

 

くわいについてまとめていきます。



 

くわいとはどんな野菜?

くわいは、おせち料理に使われるので、
年末の需要がのびる野菜です。

 

丸い実の部分に、長い芽が伸びているのが特徴的ですが、
芽の部分が伸びていることから
縁起物とされています。

 

「芽(目)がでる」 ということから
出世祈願も意味します。



 

そんなくわいは、独特な形をしているので、
木の実にも見えますが、
野菜に分類されています。

 

「オモダカ科オモダカ属」 に分類されており、
水生植物の仲間です。

 

というわけで、くわいは畑に育つような野菜ではなく、
れんこんと同じく、水気のある場所で栽培される
野菜です。

 

主に水田のような場所を利用していますが、
家庭で食べる用ではなく出荷を目的として
栽培しているところが多いです。

 

主な生産地は、広島と埼玉県ですが、
他の野菜と比較すると、作付面積は狭いです。

 

なので、流通量も少なく、値段も割と高い野菜です。

 

今回は、どのようにくわいが栽培されているのかを
まとめていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク



くわいの栽培方法とは?

くわいは、水気があるところで育つ水生植物
ですので、くわいを栽培する際は、
水田でつくられます。

 

これは同じ水生植物であるれんこんも同じです。

 

一般的なくわいの栽培スケジュールは
植え付け: 6月下旬~7月
追肥: 7~8月
葉かき・根回し: 9月
収穫: 11~12月中旬


 

春4~5月ごろからくわいの栽培は可能ですが、
くわいの需要が高まるのが12月下旬の
おせちを作る時期ですので、
この時期に合わせて収穫するように調整されることが多いです。

 

 

くわいの植え付け

1・まずは、くわいを植え付ける前に
土づくりを行います。


 

植え付け2~3週間前に堆肥20kg、化学肥料0.5kg/10m2あたり
施し、代かきをしておきます。

 

つまり、水田に水をいれて、
土を柔らかくしておきます。

 

通常トラクターなどで耕してしまいます。

 

2・続いて種球を植え付けていきます。

株間30cm、深さ5cmで植え付けを行い、
水の深さは5cmくらいに調整しておきます。



2週間くらいで葉が生えるようになります。

 


くわいの栽培管理

水管理
くわいは、水生植物ですので、
水を切らさないように管理します。

 

水の深さは5cm程度にしておきますが、
どんどん成長してくるに従って
水量を多くしていきます。

 

追肥
くわいでも追肥が必要です。

 

7月下旬、8月下旬の葉が急速に
生い茂る時期に追肥を行います。

 

化学肥料0.5kg/10m2を施します。

 

 

葉かき
葉かきというのは、くわいの葉を間引くことです。

 

葉の量が多すぎると、
生育が悪くなるので、葉は6~7枚ほど残して
他は、間引いてしまいます。

 

 

根回し
根回しというのは、地下茎を一部切断してしまう
ことです。

 

株の周り半径30cmのところで
余分な茎を切断します。

 

鎌を使って、深さ15cmのところで
切ってしまいます。



 

くわいの収穫時期

くわいは、気温が下がって霜が降りる時期に
なると葉が枯れて、成長がストップします。

 

この時期になると、
くわいの収穫適期となります。

 

目安は11~12月中旬です。

 

くわいが肥大したら、水田の水を落として、
くわいを掘りあげます。

 

その際、傷をつけないように注意します。

 

このとき収穫した小さめのくわいは、
冷蔵保存しておけば、来期の栽培の種球として
使えます。

 

収穫の1か月前に地上部を刈り取ると、
渋皮がとれます。

 

 

くわいの病気・害虫

くわいは連作しなければ病気にかかりにくい
野菜です。

 

害虫として発生しやすいのは
アブラムシです。

 

葉の裏に発生し、
集団で植物の汁を吸います。

 

被害にあった株は、生育が悪くなります。

 

少量であればガムテープでとるなどの
方法がありますが、
数が多い場合は、薬剤散布も。


スポンサーリンク



くわいのプランター栽培の仕方

くわいは、水があるところで育ちますので、
水をためられるような、
プラスチック容器や発砲スチロールを利用すれば、
家庭での栽培も可能です!

 

大きな土地はないけど、
くわいを栽培してみたいという場合は、
挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

くわいの植え付け

水田などと同じような環境をつくるために、
プラスチックの容器を用意します。

 

高さは40cm程度あると良いです。

 

そこに土を半分程度いれ、
深さ5cmに植え付けます。

 

土は野菜用の培養土で育ちます。

 

水の深さは3~5cm程度になるように調整します。

 

 

くわいの栽培管理

水やり
夏場は特に乾燥しやすいので、
水切れを起こさないように、
水やりを行います。

 

プランターの場合は、特に管理に
注意してください。

 

茎葉が伸びてきたら、
水の深さを多くします。

 

6~9cm程度が目安です。

 

 

追肥
水田の栽培と同じように、
7月下旬、8月下旬くらいに
追肥を行うようにします。

 

日当たり
プランターの場合は、日当たりの良い場所に
移動させ、栽培を行います。

 

 

くわいの収穫

水田での栽培と同じように栽培中は、
水切れに注意しますが、
収穫する際は、水を抜いて土を掘りあげて
収穫します。

 

収穫時期は11~12月中旬が目安となります。



画像引用:http://60453134.at.webry.info/201205/article_4.html

 

くわいの種類は?

くわいには主に
・青くわい
・吹田くわい(姫くわい)
・白くわい

の3種類があります。

 

日本で主に流通しているのは
青くわいです。



 

皮が青い色をしているのが特徴であると
いえます。

 

姫くわいは、サイズが小さいのですが、
苦味が少なく味が良いとされている品種です。

 

吹田くわいの種芋も販売していますので、
どちらの栽培も可能です。

 

 

まとめ

今回は、くわいの栽培方法をテーマにして
まとめてみました。

 

くわいは、畑ではなく、水田のように水がある
環境で育ちます。

 

水田植物ですので、れんこんと同じです。

 

また水田のような土地がなくても、
水をためられる場所があれば
くわいを育てることもできます。

 

★くわいの栄養効果に関してはこちらをどうぞ
くわいの栄養は?どんな効果が期待できるの?

農薬や放射性物質が気になる…
安全な食品を食べたい…
良い野菜の選び方がわからない…
いつも同じ野菜ばかり食べてしまう…
買い物に行っている余裕がない…



そんなあなたはこちらもどうぞ!
↓↓↓
栄養士 の私が勧める安心して食べられる野菜

Sponsored Link



LINE@

LINE@追加で旬な食材の情報をお届けします♪ 友だち追加

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ