くわい(慈姑)の保存方法は?冷凍もできる!

Sponsored Link

今日は、くわいの保存方法をテーマにしていきたいと思います^^

 

くわいはどのように保存すれば良いのでしょうか。
また冷凍はどうすれば良いのでしょうか。

 

くわいについてまとめていきます。



 

くわいの保存はどうする?

くわいという野菜をご存知でしょうか。

 

くわいは、オモダカ科オモダカ属という
あまり聞きなれない部類です。

 

温帯地方から熱帯地方に自生している野菜
ですが、主に中国や日本でしか食べられていません。

 

そして日本ではおもちおせち料理に使われる野菜であり、
12月に出荷が伸びます。

 

埼玉や広島での生産が多いのですが、
スーパーで見かけることはほとんどないといえます。

 

ちなみに私は東京都に住んでいますが、
普段行くようなスーパーでは目にしません。

 

百貨店に入っているような野菜売り場では
販売しているところもあります。

 

いずれにしろ12月上旬~下旬くらいしか販売されていない野菜です。

 

そんなくわいですが、
・青くわい
・吹田くわい


が主に流通しますが、多いのは青くわいです。



 

青くわいは名前の通り青い色をしていて、
一瞬野菜には見えないような形をしています。

 

そんなくわいは、どのように保存すれば良いでしょうか。

 

保存方法は主に2通りです。

 

 

水につけて保存する

くわいは畑ではなく、水田のような環境で栽培されています。

 

ですので、乾燥には弱いために、
水につけて保存した方が持ちが良くなります。

 

ボウルやタッパーなどに水を張って、
そこにくわいをいれて、冷蔵庫の野菜室 、もしくは
冷暗所 (~14℃)の環境において保存するようにします。



 

水はなるべく毎日変えるようにしてください。

 

 

ビニール袋で包む

くわいは乾燥に弱いので、
水にいれない場合は乾燥しないようにして
保存するのが良いです。

 

くわいを購入したら、よく洗い新聞紙やペーパータオルで
包んだ後に、ビニール袋にいれて
保存するようにします。



 

ビニール袋の口は完全に閉じないようにしてください。

 

 

スポンサーリンク



くわいの賞味期限はどれくらい?

くわいは上記のように保存することで
1~2週間程度 は日持ちするようになります。

 

乾燥に弱いので、水につけて保存した方が
日持ちしやすいといえます。

 

くわいをおせち料理に使うという方は、
あまり早く購入しておかず、
なるべく料理する直前に購入した方が良いですね!


スポンサーリンク



くわいの冷凍保存方法は?

くわいは冷凍保存も可能です。

 

そのままの状態で冷凍するのではなく、
一度下処理をして、下茹でをしてからあく抜きをしてから
冷凍して保存するのが良いです。

 

くわいを素揚げにして調理する場合は、
皮を剥いたり、あく抜きをする必要はありません。

 

 

くわいの下ごしらえ~冷凍

1・まずはくわいの皮を剥きます。

 

くわいは綺麗な青い色をしていますが、
煮物にする場合などは、この皮を取り除きます。

 

芽についている皮も綺麗な部分に到達するまで
皮を剥きます。

 

煮物にするときは六方剥きが多いです。







 

煮物にする場合は、芽の部分は1.5~2cmくらいだけ
残してカットするのが一般的です。



こんな感じになります。

 

※ネットで大量買いすると、ふにゃふにゃの
皮がくっついていることがあるので
取り除いてください。

 

2・続いて皮を剥いたらくわいは
水につけておきます。




 

3・鍋にくわいと米のとぎ汁(もしくは米ぬか)
を鍋にいれて、沸騰させます。




沸騰したらこぼれないように火加減を調整し、
そのまま 15~20分 ほど茹でます。

 

4・あとはザルにあげて水気をふき取り、
粗熱をとったあとに
ジップつきの袋にいれて冷凍庫で保存するように
してください。



 

一度下ごしらえしてあるので、
冷凍したくわいは煮物などに、そのまま調理可能です。

 

 

くわいの冷凍保存の賞味期限は?

くわいを冷凍保存した場合の賞味期限は
1か月 程度になります。

 

1か月程度は日持ちしますので、
使い切れない場合は、冷凍保存してしまうと
便利です。

 

ただ冷凍庫の状態によっては、
くわいに臭いがついてしまったりするので、
なるべく早めに使うようにすると
良いかと思います!

 

 

くわいの選び方は?

くわいをスーパーで購入するときは、
以下のような点に注意して購入するように
してください。

 

こういうスーパーに売っていないような野菜は、
ネットで購入する場合は、傷がついていたりしても
選べないのが難点ですね。



 
・青い色が綺麗なもの
・傷のないもの
・皮が乾燥していないもの
・芽がきちんと伸びているもの
・軸のつけ根がしっかりしているもの
 

このようなくわいを選ぶのが良いです。

 

なお、くわいの芽は、芽がでているので
縁起物とされています。

 

下処理する際に、芽はもぎ取らないように・・・

 

なお、くわいには様々なサイズがありますが
一般的に

S:2.1~2.5cm
M:2.7~3.2cm
L:3.3~3.8cm
2L:それ以上


とされています。

 

くわいは素揚げにもして調理しますが、
素揚げにするのは、Sサイズくらいの
小さいサイズのものの方が調理しやすいです。

 

逆に煮物などにする場合は、
大きいサイズのものの方が調理しやすいといえます。

 

年末は余裕をもってご注文を


まとめ

今回は、くわいの保存方法をテーマにして
まとめてみました。

 

くわいという野菜はなかなか聞きなれない
かもしれませんが、おせちに使われるために、
12月に需要が高まります!

 

縁起物とされていますので、
普段おせちにくわいを入れないという方も
挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

★くわいに関してはこちらもどうぞ
くわいの栄養は?どんな効果が期待できるの?

農薬や放射性物質が気になる…
安全な食品を食べたい…
良い野菜の選び方がわからない…
いつも同じ野菜ばかり食べてしまう…
買い物に行っている余裕がない…



そんなあなたはこちらもどうぞ!
↓↓↓
栄養士 の私が勧める安心して食べられる野菜

Sponsored Link



LINE@

LINE@追加で旬な食材の情報をお届けします♪ 友だち追加

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ