豆苗の値段ってどれくらい?スーパーの相場まとめ

Sponsored Link


今日は、豆苗の値段をテーマにしていきたいと思います^^

 

豆苗の値段はどれくらいでしょうか。
スーパーによって異なるのでしょうか。

 

豆苗についてまとめていきます。

17a0a7de8438aa226a4b42fc589a67ab_s

 

豆苗の値段はどれくらい?

豆苗は、えんどう豆の新芽のことです。

 

水耕栽培してつくられており、
1年中流通している野菜であるといえます。

 

そんな豆苗は、もとはえんどう豆の若い芽
摘んだもので、中華料理によく使われています。

 

現在日本では、水耕栽培により、
種から発芽させて、安定的に供給できるように
なっています。

 

そんな豆苗の値段はどれくらいでしょうか。

 

スーパー別にまとめていきます。

※東京都23区内
10月現在

 

 

~SEIYU~
CMも多くだしている、安いイメージのある
大手スーパーです。

 

SEIYUでの豆苗の値段は1パックで
¥97 (税抜き)
です。

 

他のスプラウトもかいわれ大根だったら50円以下、
ブロッコリースプラウトなら100円以下と
安いです。

 

~イオン~
全国展開している大手スーパーです。

 

1パックの値段は
¥98 (税抜き)
でした。

 

~東急ストア~
個人的にちょっと高めだと思っているスーパーです。

 

1パックあたりの値段は
¥98 (税抜き)
でした。

 

~まいばすけっと~
イオンが展開しているコンビニ型の小規模な
スーパーです。

 

1パックあたりの値段は
¥98 (税抜き)
でした。

 

野菜の価格は変動が激しいですが、
豆苗の値段は相変わらずです。

Sponsored Link


~丸正スーパー~
地域密着型のスーパーです。
ご近所スーパーです。

 

1パックあたりの値段は
¥100 (税抜き)
でした。

 

ちなみに、丸正では、若い芽をだけを摘み取ったものも
販売されていましたが、
そちらも100円でした。

 

~もとまちユニオン~
個人的にちょっと高めと思っていましたが、
タイミングを狙えば安い!と気づいたスーパーです。

 

1パックあたりの値段は
¥98 (税抜き)
でした。

 

もとまちユニオンは、毎週数回98円均一が行われて
おり、そのときに行けば野菜も安く購入できます^^

 

このように、私がよく行くスーパーの値段をまとめてみましたが、
豆苗1パックあたりの値段の相場は、
98円 (税抜き)
↓↓↓
106円 (税込み)

という金額です。

0b453ad43d43990db500cb8e29278076_s

 

何が素晴らしいかというと、
野菜は天候によって値段が左右しますよね。

 

特に今年の夏は、8月の日照時間がとても短かったので、
野菜の高騰が心配されました。

 

でも、豆苗の値段はどうかというと、
変わらないんですよね。

 

というわけで家庭の強い味方です。

 

安いし、栄養がないんじゃないか、、
と思う方もいるかもしれませんが、
実は栄養も豊富です。

 

豆苗の栄養について簡単に説明します。

 

 

豆苗の値段は安くて栄養が豊富!

1パック100円程度で購入できてしまう豆苗ですが、
とても栄養価は高いのです。

282adef8a9e6795800345e754c3e2e3f_s

 

野菜に多く含まれているβカロテンの他にも、
ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化作用が強い
成分が含まれています。

 

様々な栄養素が含まれていますが、
その中でも注目して欲しいのは
・βカロテン
・ビタミンC
・ビタミンK
・ビタミンB群
・ビタミンE
・葉酸
です。

 

それぞれの栄養素には大切な役割がありますが、

βカロテン 皮膚や粘膜の健康維持
ビタミンC 美肌効果
ビタミンk 骨を丈夫にする
ビタミンE 老化防止
ビタミンB群 代謝をあげる
葉酸 貧血を予防する
 

などの作用があります。

 

豆苗を100g摂取するだけで、
1日に必要な栄養素のうち、
βカロテン・ビタミンcの摂取目標をカバーしてしまいます。

 

それほど、栄養成分が豊富に含まれているということです。

 

★豆苗の栄養に関して詳しくはこちらをどうぞ
豆苗の栄養はすごい?効果・効能は?加熱するとどうなる?

 

表以外にも、
βカロテン には、動脈硬化を予防する働き
ビタミンC にはストレスを緩和させる、コラーゲン合成に関わる
などの働きがあります。

 

また、豆苗はエンドウ豆の新芽であるために、
豆類に多いビタミンB群も同時に摂取することができるのです。

 

ビタミンB群は、糖質・タンパク質・脂質の代謝に関わる
栄養素なので、摂取することで代謝をあげて、
疲労回復の効果もあるといわれています。

 

特にビタミンB1は糖質の代謝に関わるので、
疲れていると感じたときは摂取した方が良いです。

 

B1は、豆類以外にも豚肉にも多く含まれています。

 

 

豆苗はココもすごい

豆苗は安くて栄養価も高いのですが、
すごいポイントとしては
再生栽培ができるという点が挙げられます。

0c104e0480a65b81a1e598a265b906cb_s

 

豆苗は、豆から数cm離したところで根元の部分を切って、
お皿やタッパーなどの、根が入る容器にいれて、
毎日水やり・水の交換をしていると、
豆苗がまた伸びてきて収穫することができます。

 

ただ、豆にカビが生えたら収穫は中止してください。

 

★豆苗の再生栽培に関して詳しくはこちらをどうぞ
豆苗の栽培方法!再生栽培をしよう!再利用は何回まで?

 

種からの栽培もできます。


まとめ

今回は、豆苗の値段をテーマにしてまとめてみました。

 

豆苗は1パックで100円程度と値段が
安いです。

 

その上、豆苗はβカロテンやビタミンCなど、
ビタミン類も豊富です。

 

野菜高騰の時の強い味方になります。


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ