みょうがの植え方・植え付け方法!植え替え時期は?

Sponsored Link


今日は、みょうがの植え方や植え付け方法をテーマにしていきたいと思います^^

 

みょうがの植え方はどうすれば良いでしょうか。
またみょうがの植え替え時期のタイミングはいつごろでしょうか。

 

みょうがについてまとめていきます。

8f79220c84ba8ee5b225d7d9d5261a2b_s

 

みょうがの植え方・植え付け方法とは?

みょうがは、特有の香りと辛味が特徴的な野菜です。

 

その香りを活かし、薬味として
利用されることが多いのではないでしょうか。

 

みょうがを食べるのは、土から顔をだした若い芽(花芽)です。

 

私の実家でも栽培していますし、
庭先のちょっとしたスペースでも栽培することができるので、
家庭菜園でもおススメの野菜です。

 

そんなみょうがはどのように育てれば良いのか、
みょうがについてまとめていきます。

 

【栽培適温】 15~20℃
【連作障害】無し
【日照】明るい日陰


 

まず、みょうがを栽培するにあたって、
植え付ける場所は、あまり日当たりが強くない
ようなところを選びます。

 

日当たりが強いと、みょうの生育には向きません。

 

畑の隅っこや、木の陰がみょうがの栽培に適した環境です。

 

実家では、畑のすみっこを利用しています。

 

 

みょうがの植え付け

みょうがを栽培するにあたって、
根株を用意します。

 

みょうがは種から育てません。

 

ネットでも販売されており、
芽が2.3個ついたものを入手するようにします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像引用元:http://www.tane4u.com/item_myouga.html

 

植え付け時期は、3月が一般的です。

 

プランターでの栽培も可能ですが、
今回は、地植えの方法を説明していきます。

 

★プランターでの栽培に関してはこちらをどうぞ
みょうがをプランターで!肥料のタイミングや生え方は?

 

1・まずは、みょうがを植え付ける前に土づくりを
行います。


植え付けの2週間前に苦土石灰150g/m2をまき、
よく耕しておきます。


 

2・さらに植え付けの1週間前に堆肥4kg/m2、
化学肥料をよくまいて、
耕しておきます。


畑は畝幅60cm、高さ5~10cmとします。

水はけが悪い場合は、さらに高めにしておきます。

 

3・みょうがを植え付けていきます。

みょうがを植え付ける際は、畝に溝を掘って(7~8cm)
そこに株間30cmでみょうがを植え付けていきます。


手がきですが、下のイラストがイメージです。

みょうが1

 

そして溝にみょうがの根株を30cm間隔で置いたら、
上から覆土して、少し鎮圧します。

 

これで植え付けはOKです。

 

植え付け後はたっぷり水を与えるようにしてください。

Sponsored Link

栽培管理

みょうがは放任でも育ちます。

 

ですので、そんなに細かな栽培管理は必要ないですが、
みょうがを枯れさせないためにも
ある程度管理が必要です。

 

【水やり】
みょうがは乾燥に注意するようにします。

 

畑で栽培する場合は、
土自体が水を含んでいますが、
土の表面が乾いていたら、たっぷり水やりを
行うようにしてください。

 

プランターの場合は、
特に水やりに注意が必要です。

 

 

【追肥】
畑で栽培する場合も、
定期的に追肥を行うようにします。

 

植え付け後、みょうがの草丈が20cm程度に
なったら10日に1回程度、
株元に追肥するようにします。

 

特に夏に向けて、みょうががどんどん成長します。

IMG_5059

 

みょうがの収穫時期

夏ミョウガ(早生種)は 6~8月
秋ミョウガ(晩成種)は 9~10月

が収穫のタイミングとなります。

 

みょうがは株の周りに、次々に
花芽がでてくるので、
それを手で折って収穫するようにします。

44d85794754d623df906d1296bf73ee8_s

IMG_5057

 

無理な場合は、ナイフ等で。

 

実家のみょうが

IMG_5060

9月下旬収穫のために、
花が咲いてしまっています…。

 

花が咲いてしまうと、
風味が落ちてしまうので、
なるべく地上にでた状態で早めに
収穫するようにしてください。

 

なお、みょうがは植え付け1年目は、
成長により収穫できないこともあります。

 

1年目・2年目は収穫量が望めないこともありますが、
3~4年もたつと、収穫量が望めるようになります。

 

冬になると、みょうがの地上部が枯れてしまいますが、
春になると、また芽がでるようになります。

 

 

みょうがの植え替え

みょうがの植え替えのタイミングは、
植え付け後4~5年たってから です。

 

みょうがを植え付けてから
4~5年たったら、植え替えをすると
みょうがの 生育が良くなります

IMG_5061

 

それくらい時間がたつと、
株が混み合ってくるので生育しにくくなるという
わけです。

 

みょうがの植え替え方法としては、
春のみょうがから芽がでてくる前に、
みょうがを掘りあげて、3芽ずつ (15cm程度)
くらいにハサミなどで切って切り分けます。

 

そして、切り分けたものを新しい場所で
育てるようにしてください。

 

みょうがを植え替える場合も、
同様に土を耕して用意しておき、
株間をとって植え付けるようにしてください。

 

みょうがは野菜の中でも、
比較的栽培しやすいです。

 

収穫したみょうがは、薬味の他、
味噌汁や天ぷらの具材にしても美味しくいただけます。

 

また、多く収穫した場合は、
冷凍保存も可能です。

 

★冷凍保存に関してはこちらをどうぞ
みょうがの賞味期限や冷凍方法は?保存方法まとめ

 

また、みょうがは野菜の中でも、
病気・害虫の心配はほとんどありません。

 

実家のみょうがは特に病気の心配はありませんでした。

 

稀に
「紋枯病」…花蕾に小さい斑点ができ、次第に拡大していく。
斑点は次第に腐敗していき、褐変する。

 

「葉枯病」…葉に白い病斑ができ、次第に広がっていく。
病斑が拡大すると、葉が枯死し、成長の妨げとなる。
降雨によって感染する。

 

「根茎腐敗病」…株元に近い葉が黄化して、萎縮し、
次第に株全体が委縮するようになる。
症状が酷い場合は、枯死する。

 

これらの病気は、連作や過湿によって起こりやすくなります。

 

みょうがは、野菜の中でも連作障害は起こりにくいのですが、
こういった病気が起こることもあるので、
あらかじめ、植え替える時などは別の場所で栽培するのが
良いかと思います。

 

また、高温多湿にならないよう、
水はけの良い環境で栽培します。


まとめ

今回は、みょうがの植え方・植え替え方法をテーマにして
まとめてみました。

 

みょうがは種ではなく、根株(地下茎)から
栽培する野菜です。

 

野菜の中では栽培しやすく、放任でも育ちますが、
植え替えをした方が、株が混み合うのを避け、
生育が良くなるので、収穫量が望めるようになります。

 

また栽培する際は、乾燥に注意が必要ですが、
水はけの悪い環境で栽培すると、
病気の被害にあうこともあるので、
畝を高くして水はけの良い土地で栽培するのが良いです。


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ