みょうがは生で食べられる?味が苦手な場合はどうする?

Sponsored Link


今日は、みょうがの生食をテーマにしていきたいと思います^^

 

みょうがの生食はできるのでしょうか。
またみょうがの味が苦手な場合はどうすれば良いでしょうか。

 

みょうがについてまとめていきます。

8f79220c84ba8ee5b225d7d9d5261a2b_s

 

みょうがは生で食べられる?

みょうがは主に夏が旬の野菜です。

 

みょうがには6~8月 が旬の夏みょうが、
8~9月 が旬の秋みょうががあります。

 

様々な料理に調理されます。

 

そんなみょうがですが、生で食べることはできるのでしょうか。

 

結論からいうと、
みょうがは生で食べられます

1886fd9b239238192d119b9bf21ac222_s

 

むしろ生で食べることの方が多いのでは
ないかと思います。

 

みょうがの調理法としては、
酢の物や揚げ物などにして食べる食べ方がありますが、
「薬味」 として食べるのがダントツで
多いかと思います。

 

みょうがを薬味として使う場合は、
生で食べます。

 

みょうがには独特の苦味がありますが、
あく抜きをしてから食べれば、ある程度苦味も
和らぎます。

 

薬味として使う場合は、
以下のような料理に使います。

 

・冷奴
・そうめん(うどんなどの麺類)
・かつおのたたき


などの料理にするのが一般的です。

27e85d6d70cd7a05a3029183ed8d2466_s

 

千切り、もしくは小口切りにしたみょうがを
そのままのせて、一緒に食べてください。

 

その他、みょうがの生の食感を味わいたいという場合は、
・生ハム巻き
・生春巻き


の具材として使います。

 

みょうがは、そのままだと食べにくいので、
1/4もしくは細切りに切ってからあく抜きした方が
食べやすくなります。

 

 

みょうがの薬味としての食べ方

みょうがを薬味として食べる場合は、
以下のような下処理をします。

 

1・まずは、みょうがをよく洗います。

2・続いてみょうがの根元を数mm程度
切ります。


 

3・小口切りの場合は、
そのまま根元の方からみょうがを薄く切っていきます。


IMG_4964

IMG_4969

千切りにする場合は、
みょうがを半分に切ってから、
切り口を下にして、薄切りしていきます。


 

4・ボウル等に水をはり、
切ったみょうがを1分ほど漬けておきます。


IMG_4970

5・そのままペーパータオルの上にのせるなどして、
水気を切ります。


 

あとはそのまま麺や豆腐の上にのせる、
サラダに混ぜるなどしてどうぞ!

 

なお、みょうがの有効成分であるαピネンは、
揮発性のため、切った直後に食べた方が良いとされています。

 

なので、なるべく薬味として使う場合は、
食べる直前に刻みましょう。

Sponsored Link

みょうがの味が苦手な場合はどうする?

みょうがの味は独特ですよね。

b8b91504ba55059f7d57941c7bac3b3f_s

 

歯触りはシャキシャキしているのですが、
苦味のような辛味のようなクセのある味わいです。

 

そして結構口の中に残りますよね。

 

これが好きという方は多いのですが、
ちょっと苦手という方も実際いますよね。

 

というわけで、みょうがの味が苦手という方に、
少しでも食べやすくなる方法を
紹介します。

 

主な方法としては
①あく抜きをしっかりする
②加熱調理をする


という方法です。

 

①あく抜き

みょうがは千切りや小口切りといった切り方を
した後に、水につけてあく抜きをします。

 

みょうがの有効成分が流出してしまうので、
あく抜きの時間は1分くらいにとどめておくのが
理想です。

 

そうすると、みょうがの苦味はしっかり残ります。

 

でも、みょうがの苦味が残るのが嫌という方は、
あく抜きの時間を長くします。

 

具体的な時間ですが、
私は5分でも結構強く残ると思っています。

 

なので、 5~10分 くらいが目安です。

IMG_4966

 

この時間は人によりますが、、
なるべく長くつけておいた方が苦味は
マシになります。

 

玉ねぎと同じで、玉ねぎの辛味が苦手な方は
長時間水につけておくと、辛味がとれますよね。

 

同じ原理です。

 

 

②加熱調理

続いて加熱調理するという方法ですが、
天ぷらにして調理する方法というのもありますが、
私は肉と一緒に調理するのがおススメです。

 

みょうがの肉巻きや肉炒めにすると、
ある程度食べやすくなりますよ!

 

みょうがの肉巻きレシピ
~必要なもの~
みょうが:好きなだけ
豚肩ロース:みょうがの数に合わせる
※豚ももでもできますが、少し巻きにくいです
醤油:大さじ1
酒:大さじ1/2
砂糖:小さじ1
油:少量


 

~作り方~
1・まずは、みょうがの下処理をします。

みょうがは、よく洗い、そして根元を
少し切り落とすようにします。

 

2・みょうがが大きい場合は、
半分、もしくは1/4カットにしておきます。

 

3・続いて、みょうがを豚肉で
まきます。

 

4・フライパンを熱し、油をひいて焼き色が
つくまで炒めます。

IMG_5019

 

5・全体に焼き色がついたら、
醤油・酒・砂糖を合わせた調味料を
フライパンにいれ、絡ませます。

 

6・よく絡んだら完成です。

IMG_5020

 

よく焼いた方がみょうがの苦味が緩和されます。

 

また薄切りにした方が、
加熱により、苦味が緩和されやすいです。

 

肉巻きの他は、
細切りにして、お肉と一緒に炒めるなどすると、
苦味が適度に抜けて美味しくいただけますよ。

 

そもそもみょうがの苦味成分はいい成分!
みょうがの独特の辛さは、苦手な方もいますが、
「ミョウガジアール」 という成分で、
抗菌作用があるとされています。

 

なので、風邪予防やのどの痛みの緩和にも
役立つとされているんです。

 

またみょうがは夏野菜ですが、
実は体を温める作用もあります。

 

様々な料理にしてみょうがを摂取してみてください♪


まとめ

今回は、みょうがをテーマにしてまとめてみました。

 

みょうがは生でも食べられることができますし、
αピネンを摂取するには生食が良いとされています。

 

ですが、みょうがの苦味が苦手という方は、
炒めて加熱調理すると、食べやすくなりますよ!

 

★こちらの記事もどうぞ
みょうがは日持ちする?保存食にする方法とは?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ