焼き芋のカロリーや糖質は高い!?ダイエット効果はあるの?

Sponsored Link


今日は、焼き芋のカロリーや糖質をテーマにしていきたいと思います^^

 

甘くておいしい焼き芋ですが、カロリーや糖質はどれくらい含まれているのでしょうか。
また、ダイエット効果は期待できるか…

 

など、焼き芋についてまとめていきます。

sweets_yakiimo

 

焼き芋のカロリーは高い?

さつまいもにじっくり熱を通してでん粉を糖に分解する焼き芋、
甘いので、男女問わず人気があります。

 

特に、家ではなかなかできない石焼き芋は、
スーパーなどでも販売されていますが、やはり人気ですね。

 

そんな焼き芋ですが、甘いので気になるのはカロリーや
糖質ではないでしょうか。

 

焼き芋の100gあたりの栄養成分は、
食品成分表をもとにすると、

 
エネルギー: 163kcal
水分:58.1g
タンパク質:1.4g
脂質:0.2g
炭水化物:39.0g
食物繊維:3.5g
 

となっています。

 

これを見てわかるように、焼き芋のカロリーは、
100gあたり 163kcal です。

 

ご飯は100gあたり 168kcal なので、
ご飯とカロリーがほとんど変わらないということですねw

 

生の さつまいも でカロリーは、132kcal
そして じゃがいもの76kcal ですので、
決して低いといえる数値ではないです。

 

 

そして、さつまいも1本あたりは、約300gなので、
1本 食べると、 489kcal を摂取したということになります。

 

美味しい焼き芋ですが、1本丸々食べると、カロリーが心配ですね。

Sponsored Link

焼き芋の糖質はどれくらい?

炭水化物が多く、カロリーが高めの焼き芋ですが、
糖質はどれくらいなのでしょうか。

 

ちなみに、
糖質=炭水化物-食物繊維量
という計算式で、計算することができます。

 

ですので、
焼き芋の糖質は、
糖質=39.0-3.5= 35.5g
という計算式が成り立ちます。

 

 

ということで、焼き芋の糖質は、100gあたり、 35.5g です。

 

ちなみに生のさつまいもの糖質は、29.2g
他の炭水化物量が多い野菜として、
かぼちゃをあげますが、かぼちゃの糖質は17.2g という数値です。

 

ですので、焼き芋には結構糖質が含まれていた!というように
認識しておくのが良いですね。

 

 

焼き芋にダイエット効果がある?

そんなカロリーも高めだし、糖質も多く含まれている焼き芋ですが、
ダイエット効果もあります。

pyoko11_takibi

というのは、焼き芋の元の姿、さつまいもには、
多くの栄養が含まれているからなんです。

 

その中には、ダイエットに効果があるといわれている成分も。

 

特にさつまいもには、便秘に効果のある 【ヤラピン】 という成分が
含まれています。

 

この成分は、皮の方に多く含まれているのですが、
さつまいもは昔から緩化剤 として知られていました。

 

つまりさつまいもに含まれているヤラピンという成分を
摂取することで、 便秘の解消の効果 があるのです。

Perfect beautiful body of young girl

そして、食物繊維も含まれているので、
相乗効果により、便秘解消の効果があります。

 

ただ、焼き芋に多く含まれている食物繊維は、
不溶性ですので、水と一緒に摂取しないと、
逆に便秘になります。

 

そして、さつまいもには多くのビタミンやミネラルが含まれています。

 

特に美肌効果のある ビタミンC や、
老化防止に効果のある ビタミンE が多く含まれているので、
食事制限のダイエットだと、肌荒れ・便秘などが起りやすいですが、
さつまいもにはそれらを補う成分が含まれています。

 

ただカロリーは決して低くないです。
ですので、食べるのであれば、ご飯の代わりに置き換えたり、
量を少なくすることをおススメします。

 

1本300gは取りすぎですので、
多くても半量にするなどにしてください。

 

半量で245kcal
ご飯一善分と一緒です。

 

さつまいもは、ご飯などよりも消化が遅いので、
その分腹持ちも良いので、間食しなくてすみます♪

★こちらの記事もどうぞ
焼き芋の栄養効果はすごい?皮ごと食べるべき?

 

まとめ

今回は、焼き芋のカロリーや糖質をテーマにまとめてみました。

 

焼き芋は糖質やカロリーは高いですが、
その分、栄養価も高いので、ダイエットにも効果のある成分も
含まれています。

 

ただ取りすぎには注意が必要といえますね。


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ