松茸のシーズン!旬の時期はいつごろ?味は?

Sponsored Link


今日は、松茸のシーズンをテーマにしていきたいと思います^^

 

松茸のシーズンはいつなのでしょうか。
また松茸の旬の時期はいつごろなのでしょうか。

 

松茸についてまとめていきます。

946f9c084e139073627536ae96306648_s

 

松茸のシーズン!旬の時期はいつごろ?

松茸といえば、秋の味覚を堪能できる高級食材であると
いえます。

 

松茸は、アカマツやクロマツに自生するきのこですが、
しめじやしいたけなど、様々なきのこが販売されている中、
松茸だけは限られた時期にしか販売されていません。

 

というのも、松茸は人工栽培が難しいので、
天然ものしか流通していないからなんですね。

 

国産のものの流通も少ない松茸ですが、
旬の時期はいつぐらいでしょうか。

 

基本的に旬の時期は、9~11月 です。

 

出回るのは9月からですが、9月の出始めの時期は
かなり高いですね。

 

東京中央卸売市場のデータをもとにすると、
1年間の流通量は以下のようになります。

 

取扱量(kg)
5月 3
6月 133
7月 11313
8月 21378
9月 28257
10月 63807
11月 16573
12月 1652
平成28年度
東京卸売市場の産地別取扱実績(まつたけ)
引用元:http://www.shijou.metro.tokyo.jp/

 

このようになっています。

 

なので、5月ごろから少しは流通している松茸ですが、
ピークは9~10月です。

 

取扱量でみると、
8月の方が11月のものよりも流通量は多いといえます。

 

なお、最も流通量が多いのは、
中国 です。

 

東京卸売市場のデータでは、県別では岩手県が最も
流通量が多くなっています。

 

生産量は長野県がトップですが、
収穫時期はそれぞれ異なります。

 

主な都道府県の生産量は以下のようになっています。

都道府県 生産量(t)
1位 長野 42.5
2位 岩手 20.7
3位 岡山県 1.9
4位 石川 0.8
和歌山 0.8
6位 宮城 0.6
山形 0.6
8位 奈良 0.4
9位 京都 0.2
兵庫 0.2
鳥取 0.2
※平成28年度生産量データ
林野庁
引用元:http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001191364

 

このように長野県がトップです。

 

トップ3の収穫時期の目安は以下のようになります。

ve_2027

 

長野:9月下旬~10月中旬
岩手:9月中旬~10月上旬
岡山:10月上旬~11月上旬


このように収穫時期にはズレがあります。

 

野菜は暖かい地域から寒い地域に向かって、
収穫時期が推移していくという特徴があります。

 

ですが、きのこの場合は収穫の目安は
北上ではなく、南下していくイメージになります。

 

というのも、松茸ができる環境は、
湿度も重要ですが、温度も重要です。

 

温度帯は 19℃以下 とされており、
寒い環境ですよね。

 

なので、東北の方の山の方は松茸ができる時期が早く、
長野や岡山は、寒くなる時期が遅いので、
それゆえ収穫時期も遅くなっていくというわけです。

Sponsored Link

海外の松茸の旬の時期はいつ頃?

松茸は日本のものも流通してはいますが、
やはり海外のものの方が流通量は多いといえます。

c8b717e39640ae8f703c653e9bd71565_s

 

日本は9~11月ごろからスーパーで松茸を目にする
機会が増えるかと思いますが、
そのほとんどが海外ものです。

 

特に出初めは中国産、アメリカ産、カナダ産などのものが
多く流通します。

 

海外のものも、国産のもの同様、
出回る時期が変わってきます。

 

なお、海外のものの輸入量のランキングは以下のように
なっています。

都道府県・国 輸入量(t)
1位 中国 646
2位 カナダ 184
3位 アメリカ 126
4位 韓国 9
5位 メキシコ 8.6
6位 トルコ 3.2
7位 ブータン 2.7
平成28年度松茸の輸入量
農林水産省統計データ 農林水産物輸出入統計
引用元:http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do

 

このようになっています。

 

この表をみると、いかに中国からの輸入量が多いかというのが
よくわかるかと思います。

 

日本の松茸の流通量は約98%が海外のものですが、
そのうちの約65%は中国産のものになります。

 

海外のものでも、様々な国から輸入していますが、
出回る旬の時期は、国によっても異なります。

 

中国: 9月
アメリカ・カナダ産: 10月
韓国産: 10月
トルコ・モロッコ: 11月


 

国産のものと同じように国によって旬の時期は
変わってきます。

 

その他、稀にフィンランドやスウェーデンなどの産地のものも
出回ることがありますが、
北欧のものは早い時期から出回ります。

 

ものによっては8月下旬から出回るものも。

 

中国は旬のピークが9月となっていますが、
それでも8~11月の時期は、日本への輸出量はかなり多いといえます。

 

 

松茸の味は?

松茸といえば、有名なことわざ
「匂いまつたけ、味しめじ」
というものがありますよね。

 

幼少期は、味がしめじってことは対して価値のないものだと
勝手に思い込んでいましたが、
このしめじは
ぶなしめじではなく、天然の 本しめじ ですので、
十分美味しいのです。

ve_1165

 

きのこの中で匂いが格別なのが松茸で、
味が格別なのは、本しめじという意味です。

 

とはいえ、松茸の味に関しては賛否両論であるといえます。

 

松茸は香りがとても良く、
深い旨みが特徴的です。

 

旨味成分といえばグルタミン酸 ですが、
松茸にももちろんこの成分が含まれています。

 

きのこ類のグルタミン酸の成分を比較すると
このようになります。

 

グルタミン酸(mg)
しいたけ 440
ぶなしめじ 340
マッシュルーム 330
エリンギ 270
えのき 260
松茸 260
まいたけ 210
なめこ 180
 

このようにきのこ類には多くの旨味成分である
グルタミン酸が含まれているのですが、
きのこ類の中でも「しいたけ」の含有量がダントツである
といえます。

d12e82c39f5b7ae5463a1cf708883460_s

 

またしいたけには旨味成分である「グアニル酸」 も多く含まれており、
相乗効果により、より強い旨みを感じることになります。

 

そして生のしいたけよりも、干ししいたけの方が
旨みが強いです。

 

なので一概には言えませんが、
マツタケの味よりも、しいたけやしめじの味の方が
美味しいと感じる方もいるようです。

 

松茸は鮮度が命ですので、
流通する上で、時間がたってしまうと、
どんどん香りや風味が逃げていってしまいます。

 

海外ものは安く手に入りますが、
日本に輸入されるまでにかなりの時間を要するので、
やはり国産と比較すると落ちてしまうといえます。

 

とはいえ、国産は3~4本で1万円程度。

 

個人的には海外のもので十分かなーと思います。

 

ネットの方が安いです。


まとめ

今回は、松茸の旬の時期をテーマにしてまとめてみました。

 

マツタケの旬の時期は9~11月ですが、
産地によって微妙に旬というものは違います。

 

主に、長野・岩手・岡山県のものが多く流通していますが、
東北の方から収穫されて、南下していきます。

 

また海外のものが多く流通してはいますが、
海外のものにも旬の時期はあり、
主に9月がピークなもの、10月がピークなもの、
と国によっても違います。

 

★こちらの記事もどうぞ
松茸の産地はどこが有名?ランキング!生産量日本一は?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ