松茸の産地はどこが有名?ランキング!生産量日本一は?

Sponsored Link


今日は、松茸の産地をテーマにしていきたいと思います^^

 

松茸の産地としては、どこが有名なのでしょうか。
また生産量が多いのはどこなのでしょうか。

 

松茸の産地についてまとめていきます。

946f9c084e139073627536ae96306648_s

 

松茸の産地はどこが有名?生産量日本一とは

松茸は9~10月が旬の時期といえます。

 

9月から出回り始める松茸ですが、
産地を確認すると、
外国産のものが多く目にとまるかと思います。

 

現在9月ですが、アメリカ産・カナダ産・中国産
ものが特に多く流通しています。

 

国産のものはまだ高価で流通量も少ないといえます。

 

国産の中で、最も生産量が多いのは
「長野県」 です!

 

実は、長野県が最も松茸の集荷量が多いんです。

 

他のきのこ類も、結構長野産を見かけますよね。

 

各県の松茸の収穫量ベストは以下のようになっています。

 

都道府県 生産量(t)
1位 長野 42.5
2位 岩手 20.7
3位 岡山県 1.9
4位 石川 0.8
和歌山 0.8
6位 宮城 0.6
山形 0.6
8位 奈良 0.4
9位 京都 0.2
兵庫 0.2
鳥取 0.2
※平成28年度生産量データ
林野庁
引用元:http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001191364

 

グラフをみてわかるように、
長野県の生産量がダントツです。

 

28年度の総生産量は、69.4トンでしたので、
長野県は、日本の生産量の 65% を占めていることになります。

 

2位は岩手県
3位は岡山県ですが、
長野県がダントツであるといえますね。

 

表には記載していませが、
福島
鳥取
広島
香川
高知


も多少生産量がありますが、
0.1トン程度の量です。

 

かつては広島 の生産量がトップでしたが、
今では長野県での生産量がトップになっています。

 

またまつたけは、アカマツなどに自生しますが、
栄養がたっぷりあるようなところでは育ちません。

 

また虫食いの被害にあったりと、
松茸を収穫するのはなかなか難しいので、
まつたけの収穫量は年によってもバラツキがあります。

 

しめじやまいたけのように、人工栽培ができれば
生産量も安定してくるのですが、
天然ものなので、なかなか難しいです。

 

 

広島県世羅町「まつたけ村」は取扱量が日本一

まつたけで有名な世羅町ですが、
ここは生産量ではなく、集荷量 がトップクラスです。

c8b717e39640ae8f703c653e9bd71565_s

 

広島県は、2000年頃までは生産量がトップ
だったのですが、
やはり、松茸にも不作があり、
現在は長野県が1位になっています。

 

平成17年度の時点では、広島県がトップでしたが、
その数年後には長野県がトップに。

 

まつたけ村では、年間の扱い量は数トンにもなり、
国産の松茸を扱うところとしてはトップです。

 

まつたけの種類には
「ころ」「つぼみ」「中つぼみ」「ひらき」といって、
かさや長さによって選別されクラス分けが
されています。

 

なお、つぼみ が最も高価で、ひらき という呼び名になると
安価になります。

 

かさが開いてしまっているので、
その名前で呼ばれますが、香りは抜群です。

 

国産の松茸は1本数千円で取引されるほど高価ですが、
それだけ香りが良いのです。

 

なお高価なつぼみクラスですと、
3~4本のかごで1万円くらいするものも
あります。

 

食材の中でもかなり高級品といえますね!

 

長野県の中では上田が有名です^^

Sponsored Link

松茸の流通量はどれくらい?

東京中央卸売市場のデータを参考に、去年1年間の
産地別取扱量をまとめてみました。

 

東京中央卸売市場における、全国、および各国の流通量は
以下のようになっています。

 

都道府県・国 取扱量(kg)
1位 中国 70188
2位 カナダ 27217
3位 アメリカ 25275
4位 岩手 10451
5位 北海道 2564
6位 長野 2177
7位 メキシコ 1492
※平成28年度産地別取扱実績(まつたけ)
東京都中央卸売市場・市場取扱情報
引用元:http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/geppo/

 

この表をみてもらえるとわかるのですが、
やはり国産の流通量はかなり少ないといえます。

 

長野県の生産量は多いですが、
東京の市場では流通量が少なく、
岩手のものの方が多く取り扱いされている印象です。

 

国産のものの中では岩手の取扱量がダントツですが、
岩手県の取扱量は、中国産のものと比較すると
約1/7となります。

 

アメリカ産やカナダ産のものの方が流通量は多いですし、
本当に国産の流通量が少ないということがよくわかります。

 

希少価値があるので高値がつくのも納得。

 

 

松茸の輸入量はどれくらいなの?

では、実際松茸はどれくらい日本に輸入されているのでしょうか。

ve_2027

 

東京都での流通量は中国産のものだけで7トン
という量です。

 

アメリカ、カナダも2トンと、
東京だけでもすごい量の取り扱いですね。

 

国別にみた、まつたけの輸入量は以下のようになります。

 

都道府県・国 輸入量(t)
1位 中国 646
2位 カナダ 184
3位 アメリカ 126
4位 韓国 9
5位 メキシコ 8.6
6位 トルコ 3.2
7位 ブータン 2.7
平成28年度松茸の輸入量
農林水産省統計データ 農林水産物輸出入統計
引用元:http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do

 

このようになっています。

 

ですので、日本の輸入量は中国がダントツであることが
わかります。

 

なお、日本の総輸入量は 980トン です。

 

中国からのまつたけの輸入量は646トンですので、
65% は中国からの輸入に頼っています。

 

松茸はきのこ類ですが、
人工栽培が難しいので、貴重なものとされており、
国内産のものの値段も高いといえます。

 

まつたけの流通量のうち約98%は輸入物であると
いわれています。

 

それほど日本には海外の松茸が多く流通している
ということです。

 

中国や韓国産のものだけでなく、
遠く離れたアメリカやカナダからも松茸は輸入されているのです。

 

 

国産のものと輸入のものとの違いとは?

国産ものは高く、輸入ものは安いという印象の松茸ですが、
国産のものと輸入のものでは、
どういった違いがあるのでしょうか。

 

ちなみに安いといっても、
中国産のものでも1箱1000円は超えますし、
やはりきのこ類の中でも明らかに高いといえます。

86b54d967701998848b97d3bcd5ace1b_s

 

産地によって松茸の種類が実は違う

実は松茸には種類があります。

 

見た目は本当にどれも一緒、
という感じですが、実は違うんですよね。

 

そしてやはり香りは国産が一番なのですが、
輸送している段階で香りや風味が落ちてしまいます

 

なので、国産の松茸は香りが格別なのですが、
輸入品でもきちんと香りがあります。

 

種類別に分けると、
★日本・中国・韓国
★アメリカ・カナダ
★トルコ

と分けられます。

 

なので、よく出回っている中国産も、日本の松茸と
同じ部類に入るというわけです。

 

では、それぞれの松茸の特徴を簡単に説明していきます。

 

 

中国産マツタケ

市場の65%程度を占めている中国産の松茸は、
雲南省、四川省、吉林省のものが多くなっています。

 

国産の松茸と同じ種類なので、
見た目がほぼ一緒です。

 

あまり違いがないといえます。

 

ただ輸入されているので
国産のものより香りが劣ります。

 

 

韓国産マツタケ

輸入量は、アメリカに次ぎ、第4位です。

 

中国産の松茸同様、日本の松茸と
同じ種類なので、見た目がほぼ一緒です。

 

韓国産のものは10月が多くなっています。

 

それまでは中国産やカナダ産のものが
多いですね。

 

輸入されてくる段階で時間がたち、
国産のものと比較すると香りは劣りますが、
食感は近いといえます。

 

 

アメリカ・カナダ産マツタケ

アメリカ・カナダ産のものを合わせると、
市場の20%を占めます。

 

アメリカ、カナダ産のものは9月から出回るので、
中国産同様、松茸が出始めたら
目にする機会が増えるかと思います。

 

特徴としては、色が白くて大きく、
日本の松茸とは見た目が違います。

2015-08-11_22-33-29-e1439510908441

引用元:http://lifevancouver.jp/2015/08/food/65313.html

 

ただ、新鮮なものは香りも強いです。

 

日本料理というよりは、
パスタなどの炒め物との相性が良いといえます。

 

このように松茸は国によって
ちょっと見た目が違います。

 

松茸を見つけたら、産地をチェックしてみてください^^

 

中国産はネットでも安く手に入ります!


まとめ

今回は、松茸の生産量や産地をテーマにして
まとめてみました。

 

松茸は日本では長野県での生産がもっとも多くなっています。

 

そもそも日本での生産量が少ないのですが、
約65%ほどのシェアです^^

 

また取扱量が1番なのは広島県です。

 

かつては広島県の生産量が1位でした。

 

松茸生産量が少ない日本は海外からの輸入に頼っており、
中国からの輸入量が特に多くなっています。

 

国によって松茸の種類はちょっと違います。

 

★松茸の栄養に関してはこちらをどうぞ
松茸の栄養はすごいの?香り成分とは?効果効能まとめ


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ