松茸の栄養はすごいの?香り成分とは?効果効能まとめ

Sponsored Link


今日は、松茸の栄養をテーマにしていきたいと思います^^

 

松茸にはどのような栄養があるのでしょうか。
また松茸の香り成分はどのようなものでしょうか。

 

松茸についてまとめていきます。

946f9c084e139073627536ae96306648_s

 

松茸の栄養はすごい?

松茸といえば、秋の味覚の代表です。

 

アカマツなどの木に自生するのが特徴ですが、
人工栽培が難しいため、
他のきのこと比較して、かなり高価です。

 

また他のきのこと違い、出回る時期が限られており、
9~10月 が旬の目安です。

 

そのころになると、スーパーで
松茸が多く出回るようになります。

 

中国産は比較的安く手に入りますが、
国産はかなり高いといえます。

 

そんな松茸にはどのような栄養があるでしょうか。

 

 

松茸の栄養100gあたり

食品成分表をもとにすると、
松茸100gあたりの栄養成分は以下のようになります。

 
松茸(生)
エネルギー(kcal) 23
タンパク質(g) 2
脂質(g) 0.6
炭水化物(g) 8.2
食物繊維 (g) 4.7
カリウム (mg) 410
カルシウム(mg) 6
鉄分(mg) 1.3
βカロテン(µg) 0
ビタミンB1(mg) 0.1
ビタミンB2(mg) 0.1
ビタミンB6(mg) 0.15
ビタミンB12(µg) 0
ナイアシン (mg) 8
パントテン酸(mg) 1.91
ビタミンK(µg) 0
ビタミンC(mg) 0
葉酸(mg) 63
ビタミンE(mg) 0
 

このようになっています。

 

松茸で注目すべき成分は
・食物繊維
・カリウム
・ナイアシン


などの栄養成分です。

 

その他、旨味成分である
グルタミン酸 やきのこに多いβグルカン も含まれています。

 

では、松茸の効果・効能に関して次から詳しくみていきましょう。

Sponsored Link

松茸の効果・効能

では、松茸にはどのような効果・効能があるでしょうか。

c8b717e39640ae8f703c653e9bd71565_s

 

1・便秘解消(食物繊維量)
松茸には食物繊維が豊富に含まれています。

 

きのこ類は、食物繊維が豊富に含まれていますが、
きのこ類の中でも松茸の食物繊維含有量は多いといえます。

 

通常きのこは、生の状態ではなく加熱して食べるのですが、
松茸の成分値は生のものしかないので、
きのこ生100gあたりで比較すると、
含有量は以下のようになります。

 

まつたけ 4.7g
エリンギ 3.4g
えのき 3.9g
しめじ 3.7g
しいたけ 4.2g
マッシュルーム 2.0g
まいたけ 3.5g
なめこ 3.3g
 

このように、
松茸はきのこ類の中でも食物繊維の含有量は多いほうであると
いえます。

86b54d967701998848b97d3bcd5ace1b_s

 

なお、松茸に含まれている食物繊維の割合は、
水溶性食物繊維: 0.3g
不溶性食物繊維: 4.4g


このようになっており、
不溶性食物繊維の方が含有量が多いといえます。

 

それぞれ体内での働きは異なり、
水溶性食物繊維であれば
・血糖値の急激な上昇を防ぐ
・糖尿病を予防する


などの効果が期待されています。

 

一方の不溶性食物繊維には
・腸の蠕動運動を刺激して、便通を良くする
・便のかさを増やす
・有害物質を排泄する
などの働きがあります。

110611

 

食物繊維を摂取することは、
大腸がんの予防にもつながるとされており、
大切な栄養素であるといえます。

 

現代の日本人は、食物繊維の摂取量が少ないとされており、
1日の摂取目標は
成人男性:20g /1日
成人女性:18g /1日


とされています。

 

実際、これだけの食物繊維を摂取するには、
海藻や野菜果物などに多い水溶性食物繊維
芋類やきのこ類などに多い不溶性食物繊維
多く摂取する必要があります。

 

松茸は高級食材であり、
一度に多く摂取するというのはなかなか難しいですが、
松茸1本50gで2.4gもの食物繊維を摂取することができます。

 

水溶性食物繊維:不溶性食物繊維=1:2 のバランス
で摂取することが望ましいとされています。

 

様々な食材から繊維を摂取したいですね♪

 

 

2・カリウム(むくみ予防)
松茸はカリウムも豊富に含まれています。

 

食物繊維同様、カリウムの含有量もきのこ類の中では
多いです。

 

カリウムは、体内の塩分濃度を調整するので、
余分な塩分を排泄し、むくみの予防に効果があると
されています。

 

その他、高血圧予防にも効果があると期待されています。

 

 

3・代謝UP(ビタミンB群)
松茸には、比較的ビタミンB群である、
ナイアシン、パントテン酸といった成分がきのこ類の中では
多く含まれています。

ve_2027

 

ナイアシン、パントテン酸ともに、
糖質・脂質・タンパク質の代謝に関わります。

 

ナイアシンが欠乏すると、
ペラグラ という欠乏症が起こります。

 

ペラグラは日光にあたることで肌がかゆくなる、
炎症ができるなどの症状が起こります。

 

ナイアシン、パントテン酸同様、
皮膚や粘膜の健康維持に関わります。

 

 

4・免疫力UP(βグルカン)
きのこ類には、免疫力を高めるβグルカンという
成分があります。

 

食物繊維の一種です。

 

この成分は、腸内細菌を活性化させたり、
免疫力を高めて風邪・インフルエンザなどの予防にも効果があると
されています。

 

このように松茸には様々な効果・効能が期待されています。

 

高級食材の松茸ではありますが、
きのことしてしっかり栄養成分も持ち合わせています。

 

また100gあたりは 23kcal と低カロリー、
炭火焼きなどにして楽しむのも良いですね★

 

 

松茸の香り成分は何?

松茸といえば、香りも特徴の一つといえます。

 

【香り松茸、味しめじ】などとも呼ばれており、
この香りが好きな方も多いのではないでしょうか。

312288438faefca703dcf8e482c96dc3_s

 

松茸の香り成分は
・マツタケオール(1-オクテン-3-オール)
・桂皮酸メチル


という成分です。

 

これらの成分には、
消化酵素の分泌を促し、食欲増進効果、
そして リラックス効果 も期待されています。

 

たしかに、きのこ類のにおいって独特で
落ち着く感じがありますよね。

 

これらの成分を科学的に合成し、
松茸風味をつくりだし、
製品化もされています。

 

マツタケのあの香りは化学の力により、
身近な存在となりました。

 

松茸以外にも、枝豆にも含まれており、
枝豆を利用することで、
松茸のあの香りを再現して料理することもできます。

 

また、マツタケオールは、がん予防にも効果が期待され
研究されてきていましたが、
マツタケオールががん治療に使われているというのは
あまり聞きません。

 

最近では、まいたけに含まれているMDフラクションという成分が
がん治療で注目を集めています。

ve_5366

 

また松茸は様々な産地のものが販売されていますが、
アメリカ・カナダ、モロッコなどのものは
日本とは種類が違うようです。

 

香りは劣りますが…中国産は国産と同じ種類です。


まとめ

今回は、松茸の栄養や香り成分をテーマにして
まとめてみました。

 

松茸はきのこ類の中でも、
食物繊維やカリウムが豊富です。

 

高級食材である松茸ですが、
栄養がないわけではないですし、
香り成分も注目されています。

 

★こちらの記事もどうぞ
松茸の産地はどこが有名?ランキング!生産量日本一は?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ