さつまいもの収穫時期やタイミングとは?家庭菜園ではココをチェック

Sponsored Link


今日は、さつまいもの収穫時期をテーマにしていきたいと思います^^

 

さつまいもは秋に収穫するというイメージがありますが、具体的にどのようなタイミングで
さつまいもを収穫するのが良いのでしょうか。

 

家庭菜園で育てられるさつまいもですが、
なかなか難しいところ…

 

というわけで、さつまいもの収穫時期についてまとめていきます。

illust2729

 

さつまいもの収穫時期のタイミングとは?

さつまいもは、品種や地域にもよりますが、
だいたい5~6月 に植え付け、そして9~11月 くらいに
収穫されます。

 

植え付けの時期や気候によって左右されるため、
いつが適当というのは、ありません。

 

さつまいもによって確認する必要があります。

 

同じ芋類でも、じゃがいものように
葉や茎が枯れてきたら収穫のタイミングというわけではないです。

 

ただ農家さんの知恵としては、
だいたい植え付け後の 4か月 が目安とされています。

 

そして、天候にも左右されてきますが、
葉っぱがの一部が枯れてきたら収穫の目安と
されています。

 

このあたりのあたりの現象がさつまいもに見られないか
確認してください。

 

 

さつまいものチェックポイント

・植え付けから4か月くらいか
・さつまいもの葉の一部が枯れていないか
 

これらの条件が当てはまったら、
試し掘り を行います。

 

試し掘りとは、完全に土を掘らずに、
蔓に気をつけて、土を丁寧にどかし、
一部の芋の生育状態を確かめるようにします。

 

これで、芋が大きく成長していれば、
収穫のタイミングと考えましょう。

 

よく家庭菜園で栽培されている、
ベニアズマの場合だと、直径は7~8cm くらいで、
長さが30cm ほどあれば、収穫のタイミングとされています。

015-300x225

画像引用:http://ryokan-ishi.com/wp/?attachment_id=3649

 

試し掘りをしてみて、芋が小さくても2週間ほどで成長し、
収穫時期が訪れます。

Sponsored Link


さつまいもの葉っぱの色が黄色くても、
気温や光の当たり具合によって変わってくるので、
必ずしも、葉っぱが黄色くなったから収穫できるというわけでは
ないようです。

 

試し掘りを忘れずに。

 

 

さつまいもの収穫方法

試し掘りでチェックし、収穫時期のタイミングがきたら実際にさつまいものを
収穫してみましょう!

illust2492

まずは、根元から15~20cm 程度離れたところの蔓を
ハサミで刈り取ります。

 

そして、株のまわりの土を柔らかくしてから
つるの根元をもって、土から引き抜いて、さつまいもをほりあげます。

 

さつまいもの収穫は、 晴れの日 に行うようにしてください。

 

また、霜がおりてしまうと、さつまいもが腐ってしまうので、
霜が降る前に行ってください。

 

さつまいもの収穫が遅すぎると、
甘味が少なく、美味しくないさつまいもになってしまうので、
要注意です。

 

そして収穫したさつまいもは、
2~3週間 、風通しのよい日陰で干してください。

 

こうすることで、さつまいも内のでんぷんが糖に変わり、
さつまいもの甘味が増します♪

 

また、さつまいもは、低温に弱いので、
冷蔵庫にいれて保存するのは避けるようにしてください。

 

条件があえば、常温の方が長持ちします。

 

 

★こちらの記事を参考にどうぞ
さつまいもの冷凍保存方法や賞味期限は?長持する保存はコレ!

まとめ

今回は、さつまいもの収穫時期についてまとめました。

 

さつまいもの収穫は、他の野菜と比べると、
少し判断しにくいかもしれません。

 

植え付けから4か月ほどたったら、
試し掘りをしてチェックするようにしてください^^

 

美味しいさつまいもが収穫できると良いですね^^

 

収穫したさつまいもは、焼き芋などにも★


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ