しいたけは生では食べられない!?毒性があるの?

Sponsored Link


今日は、しいたけの生食をテーマにしていきたいと思います^^

 

しいたけは食べられないのでしょうか。
またしいたけには毒性があるのでしょうか。

 

しいたけについてまとめていきます。

d12e82c39f5b7ae5463a1cf708883460_s

 

しいたけは生で食べられる?

しいたけの旬の時期は3~5月、9~11月の
時期とされています。

 

しいたけには原木栽培、菌床栽培のものが
流通していますが、
菌床栽培のものの方が多く出回っています。

 

1年を通して食べられているしいたけですが、
おせちにいれられたり、
夏場はバーベキューの食材になったりと、
様々な場面で食べられ人気のある食材といえます。

 

さて、そんなしいたけですが、生食はできるのでしょうか。

 

結論からいって
しいたけは生では食べられません!

 

しいたけを生で食べると食中毒のリスクがあります。

 

夏場はしいたけの食中毒のリスクが増えるのですが、
というのも夏の時期はバーベキューなど、
しいたけをそのまま焼いて食べることがあり、
結果しいたけを生で食べてしまうことがあるためです。

8fdd651df1858a84b842f963898c72c2_s

 

しいたけを生で食べたときに起こるリスクがあるのが
「しいたけ皮膚炎」 です。

 

しいたけを誤って生食、もしくは生焼けで食べてしまった時におこる
皮膚疾患であり、
しいたけを食べた数日後に体に赤い線のようなものができ、
強いかゆみに襲われます。

 

自然治癒することもあるようですが、
このような症状が発生した場合は、
病院で診てもらうようにしましょう。

 

処方された薬をきちんと使えば、
症状は治まります。

 

基本的に
きのこは生食できません

 

きのこ類を購入すると、
袋の裏に、【加熱してからお召し上がりください】
と表記しているものもあります。

 

なので、しいたけ以外にも
エリンギやまいたけなど、、
多くのしいたけが販売していますが基本的にしっかり
加熱してから食べます。

 

例外として、 マッシュルーム は生食もでき、
サラダやマリネにして食べることもできます。

ve_3090

 

たまにネットのレシピで、
生エリンギのサラダなど様々なレシピがありますが、
食中毒のリスクがあるので、
加熱してから調理してください。

 

また、新鮮なきのこ類であれば生食できるものもあるようですが、
基本的にスーパーなどで販売されているものは
収穫してから時間がたっています。

 

加熱してから食べることを忘れずに。

Sponsored Link

しいたけに毒性はあるの?

秋になるときのこ狩りをする方もいると思いますが、
毎年のように毒きのこの食中毒というニュースを見ますよね。

0128b01b1145ef4533d669790541584f_s

 

きのこ好きの方にとって、
自分で収穫したきのこを食べられるのはとても嬉しいことだと
思いますが、毒キノコと食べられるきのこの違いというのは、
素人目では判断できません。

 

なので、しいたけだと思って食べたら
毒キノコで食中毒になった!
ということもあり得ます。

 

しいたけに毒性は特にありませんが、
生食の場合、先ほどお伝えしたように、
しいたけ皮膚炎をおこす可能性もあります。

 

しいたけ皮膚炎の原因物質はわかっていませんが、
しいたけに含まれる多糖類が原因ではないか、
と言われています。

 

しいたけ皮膚炎は、しいたけをよく焼いて食べれば
問題ありません。

ve_7007

 

なので、 しいたけを食べる際はしっかり焼いて食べましょう!

 

また、高級食材として知られる松茸では稀に
アレルギー症状が起こることがあります。

 

松茸を選ぶ際も、なるべく新鮮なものを
選ぶようにしましょう。

 

 

毒きのこに注意

毒キノコを食べて食中毒を起こす方は毎年のようにいるので、
自分は大丈夫と思わずに注意してください。

 

日本には数千種類のきのこが自生しているといわれていますが、
そのうち食べられるきのこは何と100~200種類程度なのです。

 

多くのきのこがある中で、
食べられるのはごくわずかなんですね。

 

原因となるきのこは主に
・クサウラベニタケ
・ツキヨタケ
・カキシメジ


という毒きのこの食中毒の割合が高いです。

 

なお、これらのきのこを食べておこる食中毒は
腹痛、下痢、嘔吐 の症状が多く、
有毒成分は「イルージンS」という成分であるとされています。

 

割と、毒キノコによる症状としてはまだ軽い方で、
重いものだと、
毒キノコを食べたあと、激しい胃痛のあと、痙攣、昏睡状態に
陥るきのこもあります。

 

・ドクツルタケ
・シロタマゴテングタケ
・コレラタケ


などがこれにあたります。

 

きのこ狩りなどをする場合は、
十分注意してください。

 

なお、毒キノコに関して
縦にさけるものは食用
虫がついているものは食用
地味な色のものは食用

などというのは迷信です。

 

毒キノコでも、食用と同じような特徴をしているものもあるので、
食べられると確実に判断できるもの以外
食べないというのが大切です。

 

判断に迷ったら専門書を読むなどして知識を得ることも大切です。


まとめ

今回は、しいたけの生食をテーマにして
まとめてみました。

 

しいたけは生食できません。

 

またしいたけを始めとするきのこ類は、基本的に
生食はできません。

 

しいたけに似たきのこでも、毒性がある可能性があるので
キノコ狩りの際は注意が必要です。

 

★こちらの記事もどうぞ
しいたけは腐るとどうなる?黒いものや白いカビのようなものは?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ