モロヘイヤの育て方!収穫時期や方法、種まきはどうする?

Sponsored Link


今日は、モロヘイヤの育て方をテーマにしていきたいと思います^^

 

モロヘイヤにはどのように育てれば良いでしょうか。
また種まきや収穫はどうすれば良いでしょうか。

 

モロヘイヤの育て方についてまとめていきます。

41ab378b6bb4c34bc35d4439b9e51a9f_s

 

モロヘイヤの育て方!

モロヘイヤは、6~8月 が旬の野菜です。

 

モロヘイヤは夏野菜ですが、
βカロテン ビタミンE などの抗酸化作用が強い栄養素が
豊富に含まれています。

 

そのβカロテン含有量は人参よりも多く、
他にも様々なビタミンやミネラルが豊富に含まれているため、
非常に栄養価の高い野菜といえます。

 

古代エジプトの王様がモロヘイヤのスープを飲んで病気が治ったといわれる
説があるほどです。

 

そんなモロヘイヤは、家庭菜園での栽培も可能です。

 

野菜の中では、難易度はやや高めですが、
家庭菜園で栽培し、しっかり管理すれば、
モロヘイヤを長く収穫することもできます。

 

モロヘイヤは苗からの栽培の方が失敗がないですが、
もちろん種も販売されていて、
種から育てることも可能です。

 

今回は、種まきからモロヘイヤの栽培方法についてまとめていきます。

ve_7542

 

モロヘイヤの種まき

モロヘイヤは高温多湿の環境を好みます。

 

栽培適温は 30℃ と高く、
日本で栽培に向いている時期は夏といえます。

 

植え付けの時期は、
5月下旬~6月 くらいの暑くなってくる時期が好ましく、
気温が低いと良く育ちません。

 

またその時期に栽培するためには、
4月上旬~5月上旬 くらいで種まきを行います。

 

種まきの方法としては、
ポットと育苗箱、もしくはセルトレーを使用します。

 

まずは、モロヘイヤの種を用意します。



モロヘイヤは1品種です。

 

ポットやセルトレーに用土をいれたのち、数粒の種をまき、
薄く土をかぶせて、軽く鎮圧したのち、
水をたっぷりやります。

 

最終的に本葉5~6枚になるまで
育てますが、
暖かい場所で管理するようにします。

 

もしくは育苗箱に1、2cm間隔ですじ播きをし、
双葉がでたくらいで、
ポットに植え付けます。

 

種は一晩水につけておいた方が発芽しやすくなります。




モロヘイヤの植え付け

モロヘイヤの栽培は、地植えでもプランターでも可能です。

 

モロヘイヤの苗を準備したら
植え付け前にしっかり吸水させておきます。

 

【プランターでの栽培】
1・まずは、標準タイプのプランター、もしくは少し
小さめのプランターを用意します。


45cmプランターで2株です。

 

2・プランターを用意したら、
底に鉢底石をしき、さらに野菜用の
元肥入りの培養土を用意し、
半分程度いれます。




3・そこに植穴をつくり、
根鉢を崩さないようにして、ポットから取り出し、
植えます。


 

4・さらに培養土をかぶせ、軽く押したあと、
たっぷり水を与えておきます。


 

【地植え】
1・苗の植え付け2週間前に苦土石灰100g/m2をまいて
よく耕しておきます。


さらに植え付け1週間前に堆肥2kg/m2、
化学肥料100g/m2をまいてよく耕しておきます。


畝幅1m、高さ10cmとします。

ポリマルチを張っておくと便利です。

 

2・株間を50cmずつとって、
モロヘイヤを一株ずつ定植していきます。


 

3・植え付け後は手で軽く抑えて、
水をたっぷり与えておきます。


Sponsored Link

モロヘイヤの栽培管理

栽培管理も大切です。

ad02a9b906da55cf0af2617c2e1ec967_s

 

水やり
プランターでの栽培の場合、
土の表面が乾いていたら、
たっぷり与えるようにします。

 

地植えの場合は、
かなり乾燥している場合、
水やりを行うようにします。

 

夏の暑い時期は、水やりは朝夕に行うようにします。

 

 

追肥
追肥は、月1回程度株の脇に溝を掘って
化学肥料を施すようにします。

 

プランターでの栽培の場合は、
水やりの代わりに液肥を施すのもありです。

 

 

摘心
モロヘイヤの草丈が40cm を超えるくらいになったら、
葉先7~8cm 程度を摘み取って、
摘心します。

 

摘心を行うことで、わき芽がでて、
収穫量をアップさせることができます。

 

 

モロヘイヤの収穫時期

モロヘイヤの収穫時期は7月~10月 程度です。

 

モロヘイヤは、収穫後も次々とわき芽が伸びてくるので、
管理をして育てれば長く収穫を楽しむことができます。

 

モロヘイヤの収穫のタイミングとしては、
草丈が50cmを超えてきたら、
葉先15~20cm をハサミで切って収穫します。

1e50877b0bb0c9f6d5147f745e4c1753_s

 

モロヘイヤは8月ごろになると
花が咲いてきます。

 

そのころになったら、柔らかい部分だけつみとって
収穫するようにします。

 

このころになると茎がかたくなってきます。

 

花が咲いたあとには、
種子ができるのですが、この種子には毒性があります。

20091107A5E2A5EDA5D8A5A4A5E4A3B2r

引用元:http://kidugawake.seesaa.net/article/132242081.html

 

「ストロファンチジン」 という毒であり、
摂取するとめまいや、動機息切れなどの症状が起こることがあります。

 

心配な方は、念のため、
花が咲き始めたら収穫をやめてしまうといいかもしれません。

 

スーパーで販売されているモロヘイヤは、
こういった毒性のある部分は排除されているので、
安心して食べられます。

 

 

まとめ

今回は、モロヘイヤの育て方をテーマにしてまとめてみました。

 

モロヘイヤは栄養価の高い野菜であり、
家庭菜園で栽培することもできます。

 

モロヘイヤは、丈夫な野菜で、
病害虫もあまり心配いりません。

 

日当たりが良く、水はけの良い土地を選んで
栽培するようにしましょう^^

 

★こちらの記事もどうぞ
モロヘイヤの栽培方法!プランターでもできる!病気は?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ