モロヘイヤの栽培方法!プランターでもできる!病気は?

Sponsored Link


今日は、モロヘイヤの栽培方法をテーマにしていきたいと思います^^

 

モロヘイヤの栽培方法はどうすれば良いでしょうか。
またプランターでの栽培はどうすれば良いでしょうか。

 

モロヘイヤの栽培についてまとめていきます。

41ab378b6bb4c34bc35d4439b9e51a9f_s

 

モロヘイヤの栽培方法!

モロヘイヤは6~8月 が旬です。

 

モロヘイヤはネバネバとした食感が特徴ですが、
βカロテン ビタミンE といった抗酸化作用の強い
ビタミンも豊富に含まれています。

 

独特のネバネバが人気で、
和え物としてもよく食べられています。

 

そんなモロヘイヤは家庭菜園でも栽培が可能です。

 

野菜の中では、
やや栽培が難しいですが環境に注意し、
管理をしっかりすれば収穫もできます。

 

モロヘイヤの生育適温は 30℃ と高いです。

 

また連作障害は1年程度あります。

 

モロヘイヤの原産はエジプトやインドなど中近東とされており、
高温多湿の環境を好みます。

 

なので、モロヘイヤを日本で栽培する場合は、
かなり暖かくなってからが栽培適期といえます。

 

 

モロヘイヤの植え付け

モロヘイヤは種から育てることも可能ですが、
苗も販売されており、
苗から育てた方が失敗は少ないといえます。

 

種から育てることも可能なので、
種まき関して詳しくはこちらの記事をどうぞ
モロヘイヤの育て方!収穫時期や方法、種まきはどうする?

 

苗の植え付け時期は
5月下旬~6月 ごろです。

 

お住まいの地域によって多少変わってきますので、
暖かい環境になってから植え付けしましょう。

 

関東目安で気温が 25℃ を超える日がでてくるように
なってからです。

 

~プランター栽培~
1・まずは、標準タイプのプランター、もしくは少し
小さめのプランターを用意します。


45cmプランターで2株です。

 

2・プランターを用意したら、
底に鉢底石をしき、さらに野菜用の
元肥入りの培養土を用意し、
半分程度いれます。




3・そこに植穴をつくり、
根鉢を崩さないようにして、ポットから取り出し、
植えます。


 

4・さらに培養土をかぶせ、軽く押したあと、
たっぷり水を与えておきます。




モロヘイヤの苗は、
本葉が5.6枚程度に育っているものが良いです。

 

 

~地植え~
畑で地植えにして栽培することも可能です。

 

その場合は、モロヘイヤの苗を植えつける前に、
畑の準備をしておきます。

 

1・苗の植え付け2週間前に苦土石灰100g/m2をまいて
よく耕しておきます。


さらに植え付け1週間前に堆肥2kg/m2、
化学肥料100g/m2をまいてよく耕しておきます。


幅1m、高さ10cmの畝とします。

ポリマルチを張っておくと便利です。

 

2・株間を50cmずつとって、
モロヘイヤを一株ずつ定植していきます。


 

3・植え付け後は手で軽く抑えて、
水をたっぷり与えておきます。


Sponsored Link

モロヘイヤの栽培管理

水やり

モロヘイヤの水やりは土の表面が乾いたら
与えるようにします。

 

特にプランター栽培の場合は、
きちんと管理しましょう。

 

地植えの場合は、そこまで心配いりません。

omatsuri_food_56

 

追肥

植え付け後月1回は、追肥を行うようにします。

 

プランターの場合、両脇に溝を掘って、
そこに化学肥料を施します。

 

地植えの場合は、畝間に肥料をまきます。

 

 

モロヘイヤの収穫

モロヘイヤの収穫時期は、植え付け時期にもよりますが、
7月から楽しめます。

 

収穫方法としては、
摘心をかねて、上の葉を摘み取って収穫します。

 

目安は草丈 40cm です。

 

7.8cmのところを摘み取ると、
わき芽がたくさんでてくるようになります。

草丈 50cm 程度になったら、
葉先15cm程度のところをつみとって
収穫するようにします。

1e50877b0bb0c9f6d5147f745e4c1753_s

 

モロヘイヤには毒性もあるので、注意が必要です。

 

種子は食べないようにしましょう。

 

★毒性に関してはこちらをどうぞ
モロヘイヤには毒性が?花・実・茎にも毒がある?症状は?


モロヘイヤの病気には何がある?

モロヘイヤは丈夫な野菜であり、
あまり病害虫は心配いりません。

 

ただ、日当たりが悪かったり、水はけが悪いなど、
栽培に適した環境でないと、
病気になったり、害虫被害をうけることがあります。

 

注意すべき病気は
「黒星病」 という葉に病斑ができる病気です。

 

始め葉に小斑点ができ、
それが拡大した病斑となります。

 

症状がひどくなると、
葉が枯れてしまい、収穫量が減ってしまいます。

 

【原因】
原因は、黒星病菌、病原菌です。

 

種子伝染、もしくは被害株の残渣から感染します。

 

発病した葉や、被害株は早めに処理するようにします。

 

雨が長続きすると、
被害が大きくなります。

 

また、モロヘイヤでは、
ハダニ の被害が発生することもあります。

 

ハダニは、とても小さい害虫ですが、
群がって植物の汁を吸います。

 

被害にあった葉は黄変することも。

 

ハダニの対策としては、
ときどき葉水すると良いです。

 

 

まとめ

今回は、モロヘイヤの栽培方法をテーマにして
まとめてみました。

 

モロヘイヤは、家庭菜園での栽培も可能です。

 

種からの栽培も可能ですが、
苗から育てる方が失敗が少ないといえます。

 

うまく育てられれば長期間の収穫も可能です。


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ