じゃがいもの栽培方法!水やりや芽かき・盛り土の方法やタイミングは?

Sponsored Link


今日はじゃがいもの栽培方法における、水やりや芽かき、盛り土などの
じゃがいもの苗の管理方法をテーマにしていきたいと思います^^

 

じゃがいもの栽培においては、これらの方法も
ポイントになってきます。

 

水やりなど、タイミングをチェックして、
美味しいじゃがいもを栽培しましょう♪

jagaimo_poteto

 

じゃがいもの栽培方法・水やりのタイミングは?

じゃがいもの栽培においては、
水はほとんどあげなくて良い というのを聞いたことは
ありませんか。

 

実は、これは本当なんです。

 

野菜の栽培方法には様々なやり方があり、
たっぷりと水を与えるものが多いと思います。

 

特にキュウリなどの野菜は、夏に収穫を迎える野菜で、
朝と夕方にも水をたっぷりと与えるのが理想なくらいです^^

 

なので、水分が90%を超える作物が育つのかと思います。

 

しかし、じゃがいもの場合は、そういった育て方はしません。

 

じゃがいもは、畑などの露地栽培と、プランターでの栽培があると
思いますが、
基本的に、露地栽培 の場合は、
水は、自然に降る雨の水で、 いちいち水を与える必要
はありません


 

ただし、種いもを植えたあとは、たっぷりと水を
与えるようにしてください。

 

 

一方、プランター の場合は、畑の土のように、
水を蓄えておくことができないので、
自然に降る雨だけというわけにはいきません。

 

プランターでの栽培の場合は、
じゃがいもの土を少し、指で堀り、 中の用土まで渇いていたら、
水やりを行う
ようにします。

 

 

じゃがいもの原産は、
アンデス山脈といわれていて高原なので、
そこまで水の心配をする必要はありません^^

 

水やりの頻度が多いと、
じゃがいもが腐ってしまう 原因となります。

 

じゃがいもは、梅雨の時期に収穫できないと言われているほど、
水には実はデリケートな作物なのです。

Sponsored Link

じゃがいもの栽培方法・芽かきや盛り土とは?

芽かき

茄子やトマトに芽かきは必要ですが、
じゃがいもの栽培においても芽かきが必要です。

 

じゃがいもは放置するとどんどん芽がでてきて、
栄養がいたるところに行ってしまい、
実が大きく育たなくなってしまいます。

 

それを防ぐために芽を刈り取る作業を行います。

 

タイミングや方法

30日 ほどたって、丈が10cm程度になったら行います。

 

方法としては、元気の良い芽を1~2本だけ残して、
他の芽はすべて引き抜きます。

 

地面を押さえて上ではなく、横方面に引き抜くと、抜きやすいです^^

 

sub_img041

画像引用:http://shop.takii.co.jp/shop/selection/potato1201_01.html

 

 

盛り土

株の方に、土を寄せて、土の量を増やすことで、
じゃがいもを育てるうえで、
水はけ・通気性が良くなり、じゃがいもの腐敗、そして
病気を防ぐとされています。

 

★じゃがいもの病気に関してはコチラから
じゃがいもの栽培で病気のそうか病や疫病・葉の黒い斑点に注意!

 

盛り土をしないと、じゃがいもに日光が届き、
じゃがいもが緑化することで、【ソラニン】と呼ばれる毒が
生成されてしまうとされています。

 

 

タイミングや方法

タイミングとしては、2回行います。

 

1回目 は植え付けをして 30日 ほどたった後に。

 

2回目 は、蕾が付き始めたら行うようにします^^

 

方法としては、1回目は、新しい土を10cmほど
足して、軽く押さえるようにします。

 

2回目は1回目よりも増やし、
じゃがいもが土から見えないよう、
たっぷりと与えてあげるようにします^^

 

こうすると、じゃがいもの生育がよくなり、
なおかつ病気も防げるようになります♪

 

必ず行うようにしましょう。

 

収穫したら調理も♡


 

まとめ

今回はじゃがいもの水やりや芽かき、そして盛り土について
まとめました。

 

ちなみに、盛り土と同じタイミングで追肥も
行うようにします♪

 

管理をしてあげて美味しいじゃがいもを
栽培しましょう^^

 

希少なじゃがいもも♪


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ