じゃがいもの収穫時期やタイミングは花でわかる?春や梅雨では?

Sponsored Link


今日は、じゃがいもの収穫時期やタイミングをテーマにしていきたいと思います^^

 

じゃがいもの収穫のタイミングは花の様子でわかるのでしょうか?

 

また雨の多い梅雨や、春の時期では収穫のタイミングは
どうなっているのか…
などじゃがいもについてまとめていきます。

resize

 

じゃがいもの収穫時期のタイミングは花でわかる?

じゃがいもは、 炭水化物 が多く含まれており、
多くの料理に活用できる優れものですよね^^

 

というわけで、多くの消費があり、
農家さんでは結構育てている方が多いと思います★

 

実家でも育てており、
大量のじゃがいもが送られてきますw

 

そんな多くの地域で栽培が盛んなじゃがいもの
収穫時期はどのように判定すれば良いのでしょうか。

 

ちなみに、かぼちゃは、へたの部分を見るということが
知られています。
花が枯れて、かぼちゃとつるをつなぐ部分が
コルク化すると、収穫のタイミングなのです。

 

じゃがいもは、花が枯れたらOK…?
思っている方もいるかもしれませんが、
それでは まだまだ です。

 

じゃがいもの収穫時期としては、
花が咲き、枯れて、そして、 じゃがいもの葉っぱや茎の部分
黄色くなってきたら 収穫が可能な時期です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像引用:http://blog.goo.ne.jp/nonachi2234/e/8c93bedfb286eb85d25713a3b088f8e0

 

この葉っぱや茎の収穫可能という合図を
しっかり見ておきましょう。

 

じゃがいもは、収穫が遅れてしまうと、
腐ってしまったりするので、
タイミングを見極めます。

 

基本的に、じゃがいもの種いもを
植え付けしてから3か月程度
収穫のタイミングとなります。

 

葉や茎のサイン、そして、晴れている日が2日以上続いたときに
収穫しましょう♪

Sponsored Link

梅雨や春、収穫のタイミングは?

じゃがいもの収穫のタイミングとしては、
春植えをして、6月頃、
そして秋植えとして9月前後に植えると12月前後で
収穫でき、2度の時期、収穫することができる作物です。

 

そんなじゃがいもでも
注意すべき時期があります。

 

それは 梅雨の時期 です。

 

梅雨の時期は、雨がじとじと降る、嫌われがちな季節ですが、
じゃがいもの収穫としても適していません。

 

雨が降り続く時期の収穫の場合、
じゃがいもが水分を含みやすくなり、
腐敗の原因 となってしまうのです…。

 

せっかく育てたじゃがいもが収穫できなかったら
残念すぎます。。

 

というわけで、梅雨の時期の収穫はなるべく避けるようにします。

 

じゃがいもは生育するのに3か月程度時間を要するので、
逆算して、梅雨入りの6月前半までには収穫できるような
タイミングで植えるのが良いです。

 

生育が悪くて、葉が枯れていない場合でも、
腐るくらいなら、梅雨の時期の前に
収穫してしまった方が良いかもしれませんね。

jagaimo_hori

また、じゃがいもは収穫したら、
半日ほど日光にあてて表面を乾燥させる ようにします。

 

ただし、半日以上、乾燥させておくと、
じゃがいもに芽がでやすくなったり、
じゃがいもの表面が葉緑体の影響で緑いろに
変色してしまったりします。

 

こちらの記事を参考にどうぞ★
じゃがいもで皮が緑になっているものは食べられる?毒が原因!味は?

 

 

これはじゃがいもの毒である
【ソラニン】を多く含んでいるので、
注意が必要です。

 

ですので、乾燥をさせるのは半日程度にして、
そのあとは適切な保存方法で保管するようにします^^

じゃがいもの保存方法!冷蔵庫・冷凍・常温の期間が長くなる方法とは?

 

 

ただニシユタカなどの品種は、ソラニンができにくいとされているので、
そういった栽培する際は、
そういった品種を選ぶのもの良いですね♪



じゃがいもの簡単レシピです♡

まとめ

今回はじゃがいもの収穫時期やタイミングについて
まとめました。

 

梅雨の時期のじゃがいもの収穫には
気をつけましょう^^

 

また乾燥させる場合も、
日光に当てすぎないように気をつけてください★


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ