たけのこの下処理・下ごしらえ!下茹では?レンジでもあく抜き?

Sponsored Link


今日は、たけのこの下処理や下ごしらえをテーマにしてきたいと思います^^

 

たけのこの下処理・下ごしらえはどのようにすれば良いでしょうか。
また電子レンジであく抜きすることも可能なのでしょうか。

 

たけのこの下処理についてまとめていきます。

86f303ceb64d7d05aad61ff4ea0ff32a_s

 

たけのこの下処理・下ごしらえ!

たけのこの旬は4~5月 の時期です。

 

その時期になると、
店頭に多くのたけのこが並び、
たけのこを購入する人も多いかと思います。

 

たけのこは水煮でしたら1年中購入できますが、
生たけのこが出回る時期は限られています。

 

そんなたけのこを調理する際、
下処理はどのようにすれば良いでしょうか。

 

生のたけのこを調理する際、
そのまま切って煮物などに使用すると、えぐみが強いので、
必ず下処理をしてから調理するようにします。

 

下処理としてえぐみの強いたけのこはあく抜きをします。

 

 

【下処理】
1・まずは、たけのこについている泥を落とすために、
たけのこをよく洗います。


皮が多い場合は、
2~3枚たけのこの皮をはがしておきます。


 

2・たけのこの穂先を上から斜めに
切り落とします。


 

3・たけのこの芯の部分は傷つけないようにし、
皮の部分に縦に1~2cm程度の切込みを
いれます。


IMG_3220

 

たけのこの皮に切込みをいれることで、
火の通りがよくなるだけでなく、
皮が剥きやすくなります。

 

皮ごと茹でることで、
たけのこが柔らかくなるので、
皮は完全にはがさず、皮ごと茹でるようにします。

Sponsored Link


【あく抜き・下茹で】
煮物の前の下茹でとして、
あく抜きを行います。

02795d01c63ef772f5578d1f1a20c574_s

 

たけのこのあく抜きでは
「米ぬか」 を利用します。

 

米ぬかを使用することで、
あくの成分を溶出させて、たけのこのえぐみを
取り除くことができます。

 

また米ぬかが手元にない場合は、
生米、米のとぎ汁で代用可能です。

bfd5c12cf4cd9a4d757ebd251a33584a_s

 

生米はたけのこ500gに対して 大さじ3杯 程度、
米のとぎ汁はたけのこがかぶるくらい用意します。

 

なお、とぎ汁は、なるべく最初の頃に米を研いだ
濃いめのとぎ汁の方が良いです。

 

1・まずは、たけのこがすっぽり入るくらいの鍋を用意して、
そこにたけのこ、たけのこがかぶるくらいの水、
米ぬか1/2~1カップ、唐辛子1~2本程度をいれ、
火にかけます。


 

最初は中火~強火で沸騰するまで加熱します。

 

2・沸騰したら、火加減を調整し、
弱火でさらに1時間程度茹でます。


IMG_3221

 

500g程度の普通サイズのたけのこでも、
1時間 茹でればOKです。


 

それ以上大きい場合や数が多い場合は、
たけのこを茹でる時間は長くします。


 

3・かたい部分に竹串をさし、
すっと通れば火をとめます。


 

ゆで汁の中で、たけのこの粗熱がとれるまで
冷まします。


 

粗熱がとれたたけのこは、
ぬかを水でよくすすぎ、皮をむきます。

 

あとは、たけのこを好みの大きさに切って
調理するようにします。

 

米ぬかの成分のおかげで、
たけのこのえぐみの成分である「シュウ酸」「ホモゲンチジン酸」 が溶出し、
えぐみを感じにくくなります。

 

たけのこの下処理には、
茹でる前で 10分
茹でる段階で 1時間
冷ます工程で 2~3時間
程度の時間を要します。

 

なかなかたけのこの粗熱がとれない場合、
一晩時間を要することもあるので、
たけのこの下処理は他の野菜よりも
かなり時間がかかるといえます。

 

また圧力鍋がご家庭にある方は、
圧力鍋を使用したほうが、
茹で時間は短縮されます。

 

ただ冷めるまでゆで汁につけて
待つのは一緒です。

 

 

電子レンジでたけのこのあく抜きもできる?

野菜によっては、電子レンジであく抜きすることができます。

337fd635bb8d2d5471de2d9eca089650_s

 

たけのこは無理だろう…
と思っていたのですが、
たけのこも電子レンジであく抜きすることができました!

 

通常、たけのこは上記のように、
鍋で米ぬかと一緒にゆでてあく抜きをするのが
一般的です。

 

たけのこのあく抜きはできないだろう、
と思っていたのですが、
レシピを見つけて実践してみたところ、
実際あくがとれました!

 

★参考レシピ
レンジで簡単!筍の下処理(アク抜き)

 

なお、参考レシピでは、
小麦粉を使用していますが、
あく抜きなので、小麦粉はなくても大丈夫だろうと思い、
お米のみであく抜きしました。

 

小麦粉をいれる目的がたけのこを白くするためだとしたら、
米の成分でも、酸化を防ぎ、
色が白く仕上がります。

 

1・まずはたけのこの皮むきをします。

ゆでたときと違って、生のたけのこの皮は
剥きにくいです。


 

2・続いて、たけのこをカットします。

たけのこ1本を縦に2分割してから、
5cm程度の幅にカットします。


 

3・耐熱ボールもしくは耐熱皿にいれて、
たけのこがかぶるくらいの水をいれ、
さらに生米大さじ1~2杯をいれます。


IMG_3347

今回は淡竹を利用して、
サイズは小さめですが、
大さじ2杯を使用しています。


 

4・ラップをかけて、500wで 15分 ほど
加熱します。


IMG_3348

 

加熱後はかなりお皿が熱くなっているので注意が必要です。

 

電子レンジで加熱したら、
水で洗ったら完成です。

 

時期が時期だったので、孟宗竹はもう出回っておらず、
淡竹での調理となりましたが、
あくは取れていました

 

鍋を使用するより、
とても簡単です。

 

すぐに茹でて煮物にしたいときにとても便利かと思います。

 

今回は淡竹を利用しました。


まとめ

今回は、たけのこの下処理や電子レンジでのあく抜き方法を
テーマにして
まとめてみました。

 

たけのこは下処理を行うことで、
煮物や炒め物などに調理可能です^^

 

また茹で時間が長いから時短で調理したい
という場合は、電子レンジもおススメです。

 

★こちらの記事もどうぞ
たけのこの保存方法!冷凍もできる?賞味期限・保存期間!日持ちしない?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ