たけのこのあく抜き方法!重曹・米ぬかどっちを使う?時間は?

Sponsored Link

今日は、たけのこのあく抜き方法をテーマにしていきたいと思います^^

 

たけのこのあく抜き方法はどうすれば良いでしょうか。
重曹、米ぬかどちらが良いのか、
またあく抜きの時間はどれくらいでしょうか。

 

たけのこについてまとめていきます。

86f303ceb64d7d05aad61ff4ea0ff32a_s

 

たけのこのあく抜き方法!米ぬか・重曹?

たけのこの旬は4~5月 の時期です。

 

たけのこは旬の時期が限られており、
新鮮なたけのこを食べることができる期間は短いです。

 

たけのこの水煮でしたら、
1年中食べることができますが、
採れたてのたけのこは、えぐみが少なく美味しいです。

 

煮物やたきこみご飯など、
様々な食べ方のあるたけのこですが、
たけのこには「えぐみ」 があるので、
あく抜きをする必要があります。

 

なので、たけのこを調理する際には、
ただ茹でるのではなく、「あく抜き」 をして調理する必要があります。

 

たけのこのあく抜き方法は家庭によって様々ですので、
一例として参考になればと思います。

 

私は、重曹ではなく 米ぬか を使用します。

 

米ぬかはスーパーでも気軽に購入できます。


重曹での方法も下記で紹介します。

 

1・まずは、たけのこを用意し、
土の汚れをよく落とします。


 

2・よくたけのこを洗ったら、
たけのこの穂先の上部を斜めに切り落とします。


IMG_3219

 

そして火の通りをよくするために、
たけのこの皮の部分に縦に1~2cm程度の
切込みをいれます。


IMG_3220

 

3・たけのこが入るくらいの鍋を用意します。

 

鍋にたけのこが浸かるくらいの水をいれ、
さらに米ぬか1/2カップ、唐辛子1~2本程度をいれて
火にかけます。


IMG_3221

 

写真の鍋は6ℓ程度の水が入る鍋です。
これでたけのこ3本程度まで茹でられます。


 

沸騰するまで中火~強火で煮ます。

 

4・沸騰したら、火加減を調整します。

そのままたけのこサイズによりますが、
40分~1時間程度 茹でます。


皮つき500g程度のたけのこであれば、
茹で時間は1時間程度で大丈夫です。


大きいたけのこは、時間を長めにとるようにします。

 

5・たけのこの根元にすーっと竹串が通るくらい
やわらかくなったらOKです。


IMG_3222

 

火をとめて、
そのままゆで汁で冷まします。


 

たけのこが冷めたら鍋からたけのこを取り出し、
ぬかを洗い流します。

82304c00a36e01513e12f16b87bebb7f_s

 

切込みの部分から皮をむくと、
簡単に皮が外れます。

 

たけのこの皮の柔らかい部分も食べられますので、
捨てずにとっておきます。

 

たけのこは、ゆでてから水につけて保存することで、
冷蔵庫でも1週間ほど日持ちします^^

 

★たけのこの保存方法に関してはこちらの記事をどうぞ
たけのこの保存方法!冷凍もできる?賞味期限・保存期間!日持ちしない?

 

ゆでたたけのこは、若竹煮などの煮物にしても美味しいです^^

 

また皮をむいてから茹でるという方もいますが、
皮をむいて茹でることで、
皮の成分である亜硫酸塩がたけのこを柔らかくするという
働きをするので、皮ごと茹でる方がよいです。


スポンサーリンク



重曹を使用したあく抜き方法

たけのこは、重曹でもあく抜きすることができます。

 

米ぬかを使用することが多いですが、
重曹の場合は、排水溝につまることもないので、
後片付けが楽 です。

 

方法は基本的に上記のように、
米ぬかでのパターンと一緒です。

 

重曹の使用量は1ℓに対して、
重曹小さじ1杯程度の量とします。

4b522b6ac0ab745eff1963df5502f2cc_s

 

米ぬかの時と同じように茹で時間は、
40分~1時間 程度です。

 

竹串がすーっとささるまで茹でたら、
そのまま料理に使えます^^

 

冷ます場合は、そのままゆで汁で冷ますようにします。

 

たけのこのあく抜きは、とぎ汁、米ぬか水、重曹水、でん粉溶液、
などでできるので、
手元に米ぬかがないときでも、
あく抜きは可能です♪

 

 

スポンサーリンク



たけのこのあく抜きをする意味

たけのこには、えぐみの成分として
「ホモゲンチジン酸」「シュウ酸」 などの
物質が含まれています。

337fd635bb8d2d5471de2d9eca089650_s

 

これらの成分があると食味が悪いために、
あく抜きをする必要があります。

 

あく抜きの方法として、米ぬかや重曹を用いることで
えぐみの成分をでん粉コロイドに溶出、そして吸着することができ、
その結果、食味が良くなります。

 

たけのこのあく抜きとは違い、
ごぼうやさつまいもなどを水につけておくのは、
酵素の働きにより、食材の色が悪くなるのを防ぐという
働きがあります。

 

たけのこは、新鮮なものはえぐみが少ないので、
あく抜きをしなくても食べることができます。

 

ただ、収穫してから時間がたつと、
たけのこがかたく、そしてえぐみも強くなってくるので、
あく抜きして調理するほうが良いです。


まとめ

今回は、たけのこのあく抜き方法をテーマにして
まとめてみました。

 

たけのこのあく抜きは、米ぬかを使用してすることが多いですが、
重曹でも可能です。

 

時間は大きさにもよりますが、
1時間程度が目安となります。

 

ゆでたたけのこは煮物などにどうぞ^^

 

★こちらの記事もどうぞ
たけのこの栄養!栄養成分や栄養価は高い?効果・効能には何がある?

農薬や放射性物質が気になる…
安全な食品を食べたい…
良い野菜の選び方がわからない…
いつも同じ野菜ばかり食べてしまう…
買い物に行っている余裕がない…



そんなあなたはこちらもどうぞ!
↓↓↓
栄養士 の私が勧める安心して食べられる野菜

Sponsored Link



LINE@

LINE@追加で旬な食材の情報をお届けします♪ 友だち追加

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ