もやし一袋は何グラム?1本だと重さは?

Sponsored Link

今日は、もやしの重さをテーマにしていきたいと思います^^

 

もやし1袋は何グラムでしょうか。
また1本あたりだと重さはどれくらいでしょうか。

 

もやしについてまとめていきます。



 

もやし一袋は何グラム?

もやしは、スーパーで手軽に購入することができる
野菜の一種です。

 

一袋あたりの値段は20~40円程度で購入しやすく、
様々な料理にも利用されています。

 

そんなもやしですが、
一袋あたりは何グラムで販売されているのでしょうか。

 

もやしの1袋あたりの平均は、
200~250g
です。

 

多いものは、300gのものも販売されていますが、
だいたいは200~250gずつ
袋に入っているというのが一般的です。

 

多く流通しているもやしの値段は以下のようになります。

 

成田もやし



通常サイズ: 250g
小分けサイズ:150g
ベストもやし:300g


画像引用元:http://www.naritasyokuhin.co.jp/product/greenmoyashi.html

 

成田食品株式会社で製造されているもやしは、
割と多くのスーパーで販売されているかと思います。

 

コンビニなどでも販売していますが、
基本サイズは 250g です。

 

私がよく行く小型スーパーも成田もやしですが、
そこで販売しているのは200gサイズです。

 

27円と安く販売されていました。

 

 

Vマーク



緑豆もやし: 200g

引用元:https://www.v-mark.jp/lineup/item/2203

 

Vマーク商品は、私がよく行くスーパーで販売していますが、
関東圏の京急ストア、東急ストアなどで販売されている
商品です。

 

Vマークのもやしは200gです。

 

 

分福もやし



画像引用:http://www.fujifoods.co.jp/catalog/catalog01.html

 

緑豆もやし 250g

 

よく行くスーパーで販売されている分福もやしは、
1袋あたり250gです。

 

 

セブンイレブン緑豆もやし
250g

ローソン緑豆もやし
250g

ファミリーマート緑豆もやし
250g

 

大手コンビニも250gで30~40円程度で
もやしが販売されています。

 

まとめると、
もやしは 250g で販売しているところが
多かったです。

 

大袋は稀に300gで販売しています。


大豆もやし・黒豆もやしのグラムは?

大豆もやしや黒豆もやしの場合は、
緑豆もやしよりも多く生産されていません。



 

スーパーでも緑豆もやしはあっても
大豆・黒豆もやしは販売していないというところが多いです。

 

大豆もやしや黒豆もやしの場合は、
200g で販売しているものがほとんどです。

 

最近多く見かける
サラダコスモの子大豆もやしも200gです。




一般的に多く流通しているのは1袋あたり
緑豆もやし: 250g
大豆・黒豆もやし: 200g


であるといえます。

 

 

スポンサーリンク



もやし1袋・1本あたりの重さはどれくらい?

もやしを購入して、実際に重さを量ってみました。

 

もやし1袋



226g
(32kcal)


 

200gと表記のあるもやしを購入しましたが、
実際の数値は226gでした。

 

袋に記載してある量よりも多く
入っています。

 

また、私が今回購入したものは、
根切りもやしですが、
ひげ根つきで販売しているもやしも多く流通しています。

 

その場合、廃棄率は3% ですので、
200gのもやしを購入して、
実際の可食部は194gとなります。

 

もやし1本



1g
(0.1kcal)


 

もやし1本あたりの重量は~1g程度です。

 

場合によっては1gに満たないものも
あります。

 

平均で1gとすると、
1袋には200本を超えるもやしが入っている
ということになります。

 

もやし10本



9g
(1kcal)


10本だと9g程度です。

 

大きいもやしでは10本で10g程度になると
考えられます。

 

 

スポンサーリンク



茹でたもやしの重さ

もやしは加熱食材ですので、
生のままではなく、加熱して食べる必要があります。

 

ですので、サラダにする際も茹でます。

 

今回は、沸騰したお湯にいれて4分茹でて、
ザルで水気を切ったもやしを計測しました。

 

226g




170g
(20kcal)

 

226gあったもやしは170gに重量が変化しました。

 

茹でることで、 0.75倍 になりました。

 

茹でることで、
水分が流出し、体積が小さくなったといえます。

 

茹でたもやし100gあたりは12kcalであり、
計算上、茹でたことにより
カロリーが落ちています。

 

茹でたもやし1本



0g

 

g単位での計測しかできないので、
計測できませんでした。

 

茹でたもやし10本



6g
(0.7kcal)


 

茹でたもやし20本



12g
(1.4kcal)


 

茹でたもやし20本で、
12gですので、
1.4kcal程度です。

 

20本くらいは、トッピングにものっているもやしの
量です。

 

これくらいの量でしたら、2kcal未満ですし、
かなりカロリーは低いといえます。

 

 

まとめ

今回は、もやし1袋の重さをテーマにしてまとめてみました。

 

緑豆もやし1袋は200~250グラムであり、
大豆・黒豆もやしは1袋200gのものが多いです。

 

またもやしを茹でることにより、
体積が0.75倍、つまり3/4量にまで体積が
減りました。

 

★こちらの記事もどうぞ
もやし一袋の値段は?スーパーの価格相場は?

農薬や放射性物質が気になる…
安全な食品を食べたい…
良い野菜の選び方がわからない…
いつも同じ野菜ばかり食べてしまう…
買い物に行っている余裕がない…



そんなあなたはこちらもどうぞ!
↓↓↓
栄養士 の私が勧める安心して食べられる野菜

Sponsored Link



LINE@

LINE@追加で旬な食材の情報をお届けします♪ 友だち追加

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ