かぶの栽培方法!季節はいつごろ?種まき~収穫まで!害虫にも注意!

Sponsored Link


今日は、かぶの栽培方法をテーマにしていきたいと思います^^

 

かぶの栽培はどのようにすればよいでしょうか。
種まき~収穫までタイミングはどれくらいでしょうか。

 

かぶの栽培についてまとめていきます。

c3455e811137e057bcfe362b77c6febd_s

 

かぶの栽培方法!季節はいつごろ?

かぶは、煮物や漬物など、様々な料理に利用されている
野菜です。

 

そんなかぶの旬の時期は
3~5月 (春)
10~11月 (秋)

 

と出回る時期が2パターンあります。

 

というのも、かぶは春まき、秋まきがあるので、
収穫時期が2つあり、
旬の時期も2通りあります。

 

かぶは春まきもありますが、
寒い時期の方が甘味が強くなるとされています。

 

そんなかぶの栽培適温は15~25℃ とされており、
連作障害は1~2年間 です。

 

比較的野菜の中では栽培しやすいとされています。

 

 

かぶの種まき

かぶは、プランターでの栽培、畑での栽培どちらも可能です。

 

そしてポット播きではなく、直播きで栽培できます。

 

種まき適期は3~5月8~9月です。

 

~プランターの場合~
小かぶ(5~6cmサイズ)の栽培は、
プランターでも可能です。

 

中~大サイズのかぶは、畑が良いですが、
小かぶであればプランターで簡単に栽培可能です。

 

1・まずは標準サイズのプランターを用意します。


底に鉢底石をしきウォータースペースをとって、
野菜用の培養土をいれます。


 

2.そこに5cm間隔で穴をあけて、
種を3~4粒ずつまいていきます。



3・種をまいたら軽く土をかぶせ、
土を押さえたあとに水やりを行います。


 

そのまま発芽して芽がそろうまで、
乾燥に注意するようにします。

 

 

~畑の場合~
畑での種まきも直播です。

まずは、種まきを行う前には畑の準備を行います。

 

1・まずは種まきの2週間前に
苦土石灰 150g/m2を散布し、
よく耕しておきます。


さらに1週間前に 堆肥 5kg、 化学肥料 100g/m2を散布し、
耕します。


そして幅 70cm の畝をつくり、株間 10cm くらいになるようにして、
植穴をつくり、
1箇所5~6粒ほど種をまいていきます。


 

2・種まきをしたら上から軽く覆土し、
軽く押さえたあと、
たっぷり水やりをします。


 

乾燥に注意し、マルチング、もしくは不織布などを
かけておきます。

Sponsored Link

かぶの間引き・追肥・栽培管理

【間引き】
プランター・畑での栽培同様に、間引きを行います。

 

かぶがそろって発芽したら間引きを行います。

 

間引きは計3回ほど行います。

ebd2e675e48f21db3a7bc3e2b6d61579_s

 

~1回目~
本葉が 2枚 でてきたタイミングです。

生育の悪いものから間引き、
良いものを残すようにします。

間引くときはピンセットを使うようにします。

 

~2回目~
本葉が3~4枚 でてきたタイミングです。

 

~3回目~
本葉が6~7枚 のタイミングです。

 

このころには、1か所1本になるように調整します。

 

間引きと同時に土寄せもしておきます。

 

 

【追肥】
追肥は2回目の間引き後に生育の様子をみて行うようにします。

 

株元の土を軽く耕したあと、
ひとつまみ10g程度の化学肥料を施し、
同時に増し土します。

 

もしくは週に1回程度、液肥をうすめて施します。

 

 

【水やり】
発芽するまでは乾燥に注意します。

 

そのあとは、土の表面が乾いたらたっぷりとあげるようにします。

 

プランター栽培の場合は特に注意しますが、
畑の場合は、極端に乾燥しない限り水やりはしなくて大丈夫です。

omatsuri_food_56

 

かぶの収穫

小かぶの場合、種まきから45~60日程度で
収穫を迎えます。

 

大かぶの場合は60~100日程度です。

 

収穫は株元を持って、
そっと引っ張るようにします。

d04d28988f4d3d3c71d3cadfb83f37b9_s

 

小かぶ:直径5cm 程度
大かぶ:直径8~10cm 程度

が目安です。

 

収穫時期を逃すと、
スが入ってしまうので注意が必要です。

 

 

かぶの害虫

どの野菜でも、栽培する上では、害虫に
注意する必要があります。

 

かぶも他の野菜同様、害虫の対策をしっかり行う
必要があります。

fb2a14a0a7512159c19019401bcf1ed5_s

 

ニセダイコンアブラムシ
アブラムシは、様々な野菜に被害をもたらします。

 

野菜の葉や茎につき、植物の汁を
吸います。

 

汁を吸われた野菜は、生育を阻害されるだけでなく、
ウイルスを媒介されて、
モザイク病を引き起こすことがあります。

 

またすす病を発生させます。

 

かぶが注意すべき害虫は、アブラムシの中でも、
ダイコンアブラムシという
体が白い粉でおおわれた体長2mm程度のアブラムシです。

 

【対処法】
アブラムシは見つけ次第、
ガムテープなどで捕殺します。

 

もしくはアルミなどでマルチングすると予防となります。

 

薬剤散布も可能です。


ハスモンヨトウ(ヨトウムシ)
ヨトウムシは、夜盗虫と漢字で表記するように、
夜の間に食害をもたらす害虫です。

 

食欲が旺盛で、夜の間に野菜の葉を
食べてしまいます。

 

ふかした直後は集団で行動しますが、
成長すると、孤立して行動するので、
捕殺しにくくなります。

 

【対処法】
孵化したばかりの幼虫を見つけて捕殺するようにします。

 

葉がかすり状になっているものがあったら、
株元にいる可能性があるので、
昼間の間に見つけて捕殺します。

 

薬剤散布も可能です。


ハモグリバエ
幼虫が葉の中に潜って、
葉を食害するので、葉に曲がった白い線が現れます。

 

体長2mmほどの幼虫です。

 

【対処法】
白線の中に潜んでいるので、
葉ごと取り除いて捕殺するようにします。

 

 

カブラヤガ
ネキリムシの仲間です。

 

夜間に地際の植物の茎をかみ切ってしまうので、
株が倒れてしまいます。

 

昼間ではなく、夜間に活動します。

 

【対処法】
苗が倒れているものがあったら、
株元を浅く掘ると、でてくるので、
見つけて捕殺します。

 

薬剤散布も可能です。


アオムシ
モンシロチョウの幼虫です。

497c961fa8c8142c323e5f0415be76ed_s

 

蝶は綺麗ですが、幼虫は葉を食害します。

 

春の時期がピークとなり、
モンシロチョウが飛んでいると、
産卵された可能性があります。

 

【対処法】
日頃から葉の裏をチェックし、
卵がないか確認します。

 

見つけたら捕殺するようにします。

 

キャベツなどアブラナ科の野菜が被害にあいやすいです。

 

 

二ホンカブラハバチ
ハチの仲間で、黒くて小さな芋虫が
葉を食害します。

 

成長するにつれて、被害が大きくなります。

 

春の時期に被害が多いです。

 

【対処法】
見つけたら捕殺するようにします。

 

幼虫は触ると、葉から落ちやすく、そして黒色で紛れやすいので、
あらかじめ白い紙などを下にしいてから
捕まえるようにするとよいです。

 

薬剤散布も可能です。


キスジノミハムシ
黒い背中に黄色い斑点がついている
3mm程度の成虫の害虫です。

 

アブラナ科の野菜を食害します。

 

外から飛来してきます。

 

食害跡は、多くの小斑点となります。

 

【対処法】
不織布で飛来しないようにします。

 

連作すると発生しやすくなります。

 

 

ナガメ
黒い背中にオレンジ色の模様がついた虫で、
カメムシの一種です。

646fc9851529a427eaea774ca6443e19_s

 

アブラムシと同じように植物の汁を吸い、
食害されると白っぽい跡ができます。

 

白い跡が多くなると、
葉が枯れてしまうことがあります。

 

【対処法】
あとが残っていたら食害されている証拠です。

 

見つけて捕殺するようにします。

 

またかぶの病気では、モザイク病・白さび病・軟腐病などの
病気に注意するようにします。

 

 

まとめ

今回は、かぶの栽培方法や害虫対策をテーマにして
まとめてみました。

 

かぶは種から栽培できますし、
プランターでの栽培も可能です。

 

どの野菜でも害虫被害にあうことがあるので
注意が必要です。

 

★こちらの記事もどうぞ
かぶの保存方法!冷凍もできる!葉の保存はどうする?賞味期限は?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ