玉ねぎの栄養がすごい!体への効果も期待できる

Sponsored Link


今日は、玉ねぎの栄養をテーマにしていきたいと思います^^

 

野菜の中でも万能である玉ねぎ、
スープや野菜炒め、カレーなど、なんでも
玉ねぎが有効活用されています♪

 

そんな玉ねぎですが、栄養価も高いんですよね。

 

体への効果も期待できます!

 

今日は、そんな玉ねぎの栄養についてまとめていきます。

E3819FE381BEE381ADE3818E

 

玉ねぎの栄養

では、玉ねぎは白っぽい色をしているので、
緑黄色野菜のように、栄養がなさそうですが、
玉ねぎにも栄養成分が含まれています。

 

100gあたり
玉ねぎのリンは30mg含まれており、
カリウムは160mgも含まれています。

 

そしてなんと、食物繊維は、
1.6gも含まれているんです。

 

結構量が多いですよね!

 

そんな玉ねぎですが、
他にも体に良い成分が含まれています。

 

 

まずは、
硫化アリル という成分です。

 

この硫化アリルという成分は、
玉ねぎを切ったときにでる、あの目が痛くなる
原因の成分です。

 

目が痛くなって、厄介ですが、
食べると体には良い成分です。

 

玉ねぎには、ビタミンB1が含まれていますが、
この硫化アリルという成分は、ビタミンB1の吸収をよく
してくれます。

 

というのも、ビタミンB1と結合しやすい成分なので、
ビタミンB1と結合すると、
アリチアミンという成分になり、
ビタミンB1を体内に長く留めるため、
ビタミンB1の吸収を促進してくれます。

 

ビタミンB1は、豚肉にも多く含まれている成分です。

Sponsored Link


豚の野菜炒めにすると、より吸収が促進されますね。

 

ちなみに、ビタミンB1が不足してしまうと、
食欲不振や、不眠、疲労などの症状が起きます。

 

 

体には、なくてはならない存在なのです。

 

また硫化アリルは、吸収を促進してくれるだけでなく、
新陳代謝を活発にする働きや、
血液をサラサラにする効果があります。

blood

なので、高血圧や、糖尿病の人は、
積極的に摂取したい食べ物ですね。

 

玉ねぎを食べると血がサラサラになる
というのは、この硫化アリルという成分から
やってきているのです。

 

 

他にも、玉ねぎには、 ケルセチン という成分が
含まれていて、この成分は、悪玉コレステロールを減らす効果や、
脂肪を燃焼させてくれる効果があります。

 

肥満防止にも効果があるとは、すごいです。

 

 

玉ねぎの体への効果

では、具体的にどのような効果があるのか
みていきましょう。

 

1・ダイエット効果

玉ねぎには、発汗作用や、体温をあげる
作用があります。

 

また、ケルセチンの効果により、脂肪燃焼の効果も。

 

よって、肥満防止やダイエットに効果があります。

 

 

2・高血圧や動脈硬化の予防

玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分には、
血栓を溶かす効果があります。

 

血栓を溶かし、血行が良くなるだけではなく、
ケルセチンの、悪玉コレステロールを減らす効果
もあるので、
血管系の病気の予防につながります。

 

 

3・美容

玉ねぎには、女性が嬉しいアンチエイジング効果があります。

 

玉ねぎは抗酸化作用があるため、
しみやしわができるのを防いでくれる効果、
そして、お肌の細胞の調子を整えてくれる効果があります。

 

そんな体への効果も高い玉ねぎ、
ぜひ食べたいところですね。

無農薬の玉ねぎも♪
 

まとめ

今日は、玉ねぎの栄養価や健康への効果をまとめました。

 

玉ねぎって栄養がないよう見えて実はすごいんです★

 

しかもサラダや野菜炒めにもつかえて万能ですよね^^
これは積極的に摂取するしかないですね(・∀・)



★こちらの記事もどうぞ
玉ねぎの皮の効能がすごい!皮茶の作り方とは?コレステロールを下げてくれる!?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ