さやえんどう(絹さや)の栽培方法!プランターでも!病気や害虫は?

Sponsored Link


今日は、さやえんどう(絹さや)の栽培方法をテーマにしていきたいと思います^^

 

絹さやはさやえんどうの一種ですが、
様々な料理の彩に利用されています。

 

そしてさやえんどうは、プランターでの栽培も可能です!

そして病気や害虫対策はどうすれば良いでしょうか。

 

さやえんどうの栽培方法についてまとめていきます。

cb4ec1d9fa17f639c37f35ca5774a12d_s

 

さやえんどう(絹さや)の栽培方法!

さやえんどうは、秋に種まきを行い、
収穫するのは春の時期になります。

 

なので、冬を越すことになりますが、
寒さに強い野菜といえます。

 

さやえんどうの栽培適温は10~20℃
やや低めです。

 

連作障害は 4~5年 注意するようにします。

 

そんなさやえんどうは、種から栽培して、
畑でもプランターでも栽培可能です。

 

 

さやえんどう(絹さや)の種まき

さやえんどうは秋に種まきを行います。

 

一般的に種まき時期は以下のようになります。

 

関東や東海などの中間地 10月中旬~11月上旬
沖縄や九州などの暖地 10月下旬~11月中旬


 

北海道や東北などの寒冷地の場合は、
秋に種をまくのではなく、春先になってから
種まきを行い、成長させて夏に収穫します。

 

 

さやえんどう(絹さや)の種まき方法

さやえんどうの種はポット播きします。

 

1・まずは、ポット(9cm)程度を用意して、
そこに無肥料の土をいれて、
3~4粒 種をまきます。




2・種をまいたら、1.5cmほど覆土し、
たっぷり水やりをします。


 

3・鳥に食べられないように、
種まきを行ったら、ネットをかけるなどして
対策すると良いです。


 

 

暖かい場所において育てます。

 

 

さやえんどう(絹さや)の間引き

発芽して成長してきたら間引きを行います。

 

【1回目】
本葉 2~3枚 のときに、
間引きを行い、2本立ちにしておきます。


 

【2回目】
植え付け前(本葉 4~5枚 )に生育の良いものを残し
1本立てにします。


 

苗を根元からハサミで切るようにして
間引きを行います。

 

同時に、化学肥料を株元から少し離して施します。

Sponsored Link

さやえんどう(絹さや)の植え付け

根がしっかりとはって、苗が成長したら植え付けを行います。

 

あまり大きくなりすぎると、
冬を越す際、寒さでダメージをうけやすいです。

 

~プランターの場合~

1・やや大型のプランターを用意します。



2・底に鉢底石をしきつめ、さらに野菜用の培養土をいれます。



3・植穴をスコップで掘り、植え付けます。
プランターの場合の株間は20cm程度あれば大丈夫です。


 

4.根元を軽く押さえて、たっぷり水やりをします。

 

敷き藁 をしいておくと、
防寒対策となります。

 

プランターは風があまり当たらないようなところにおいて、
寒さに当てないようにします。

 

栽培管理として、
さやえんどうは乾かしすぎず、湿らせすぎないように注意して
水やりする必要があります。

5261352b6ee4a082ac64982c854f414d_s

 

~畑の場合~

苗の植え付けを行う前に畑の準備をしておきます。

 

1・植え付けの2週間前に 苦土石灰150g/m2 をまき、
よく耕しておきます。


そして1週間前に 堆肥2kg/m2 化学肥料100g/m2 をまき、
よく耕しておきます。


 

2・ 畝幅90cm 、2列とし 株間30cm で根鉢を崩さないようにし、
植え付けを行います。


 

植え付け後は、たっぷり水やりを行います。

 

苗の植え付けは寒くなる11月の中旬くらいには
終わらせるようにします。

 

寒い地域では寒冷紗をかけて防寒対策しておくと良いです。



さやえんどう(絹さや)の支柱たて

春になると暖かくなるために、苗が成長します。

 

その際、支柱をたてるようにします。

 

つるがよく伸びる品種は 1.5m~ ほど、
つるがのびない品種は 1m ほどの支柱を1株に1本ずつ
たて、誘引しヒモで縛ります。

7a420afea2ee8b29c2fe744b2c9caee0_s

 

また畑の場合は、
高さ1.5cmほどの合掌式の支柱をたてます。

 

ネットをはっておくと絡みやすいです。

 

 

さやえんどうの追肥

追肥は
・花が咲いた時
・収穫直前


に株から少し離して追肥を行うようにします。

 

 

さやえんどう(絹さや)の収穫時期

さやえんどうの収穫時期は一般に
関東や東海などの中間地 4月中旬~6月上旬
沖縄や九州などの暖地 4月上旬~5月下旬


となっています。

 

寒冷地の場合、春まきなので収穫時期は少し遅くなります。

 

さやえんどうの花は品種によって、
赤、ピンクなどがありますが、開花から20日 くらい経過すると、
さやが大きくなり、実がふくらんできて、収穫時期となります。

fda750567c257da4da8194f32e92a678_m

 

さやが7cm 程度になったら適期です。

9debe5d79449e5150c04ba9967c89695_s

 

収穫適期をのがすと固くなってしまうので、
収穫時期は逃さないように注意が必要です。

 

 

さやえんどうの病気や害虫の対策は?

さやえんどうは以下の病気や害虫に注意が必要です。

cb4ec1d9fa17f639c37f35ca5774a12d_s

 

立ち枯病

立ち枯病は、地面に近い葉が黄色して枯れて、
茎は細くなり、根が腐敗する病気です。

発病すると、株全体が生育不良となります。

 

【原因】
立ち枯病の原因は、カビです。

風通しの悪い環境、また連作障害によって
被害がおこりやすくなります。

 

 

うどんこ病

うどんこ病は、葉にうどんこ(小麦粉)をまぶしたような症状が
でるのが特徴です。

いずれ黄色し、酷くなると光合成ができきなくなるために、
株が弱ります。

 

sisey1

画像引用:https://www.pref.chiba.lg.jp/ninaite/network/field-h23/sisey1107.html

 

【原因】
原因はカビです。

昼と夜の温度差が多く、曇りの日が多い梅雨の時期などに多発します。

日当たりや風通しが悪くても発生しやすくなります。

薬剤散布で治療可能です。



灰色かび病

灰色かび病は、果実に灰色のカビが生える病気です。

さやえんどうの場合、さやが腐敗し、
褐色の病斑ができます。

高温多湿の環境になると発生しやすくなります。

 

【原因】
原因はカビです。

日当たりや風通しの悪い環境で発生しやすくなります。

敷き藁でマルチングして
加湿にならないよう注意します。

 

 

ハモグリバエ

葉に絵を描いたような白い線ができたら、
ハモグリバエの食害の跡です。

成虫が葉の中に産卵して、
幼虫が葉の硬い部分(表皮・裏)を残して食害するので
このような跡がのこります。

 

【対策】
白いあとがあった場合、
白い線の先端にハモグリバエがいるので、
つぶすようにします。

薬剤散布も可能です。



アブラムシ

アブラムシは体長1~2mm程度で、
植物の汁をすいます。

特にさやえんどうが被害にあうのは
「エンドウヒゲナガアブラムシ」です。

体長は4mm程度で春先に出現し、淡緑色をしています。

ウイルスを媒介したり、すす病を誘発させることもあります。

 

【対処法】
繁殖が旺盛なため放置しておくと、
大量発生していることがあります。

見つけ次第ガムテープなどで捕殺するようにします。

もしくは薬剤散布します。



ヨトウムシ

ヨトウムシは夜盗虫と書き、
夜に活動し、葉に群がって食害する害虫です。

老齢幼虫ともなると体長が4cmほどになることもあり、
一晩で葉をくいつくすこともあります。

そんなヨトウムシは若いときには集団で行動しますが、
大きくなると分散して活動してしまうため、
小さいときに捕殺するのが肝心です。

 

【対処法】
夜に活動するので昼間は土の中にいます。

株元の土を掘り起こして捕殺するか、
成虫に卵を産まれないように、
防虫ネットをかけておきます。

薬剤散布も効果があります。



まとめ

今回は、さやえんどう(絹さや)の栽培方法をテーマにして
まとめてみました。

 

さやえんどうは、プランターでも畑でも栽培可能です。

 

秋に種まきをして冬を越すので、
防寒対策をしっかりする必要があります。

 

かたくならないうちに収穫して、
料理に活かしましょう♪

 

なお、さやえんどうは冷蔵保存・冷凍保存が可能です。

 

★こちらの記事もどうぞ
さやえんどう(絹さや)の保存方法!冷凍も!レンジで茹でるには?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ