チンゲン菜の栽培方法!プランターでも!種まき~収穫時期まで

Sponsored Link


今日は、チンゲン菜の栽培方法をテーマにしていきたいと思います^^

 

チンゲン菜はプランターでも栽培可能です!
種まき~収穫までどのように栽培すれば良いでしょうか。

 

チンゲン菜の栽培方法についてまとめていきます。

1bbdd17cd4797ea2d78d19fb125631ca_s

 

チンゲン菜の栽培方法!プランターでも!

チンゲン菜は、1年中スーパーなどで購入することができますが、
チンゲン菜は、家庭菜園でも栽培することができます。

 

春まき、秋まきができて、
なおかつ種まきから40日程度で収穫できるので、
育てやすいです。

 

また栽培適温は15~25℃
そして
病気にも強いといえます。

 

 

プランターでの栽培方法・種まき

プランター、畑での栽培が可能ですが、
プランターでの栽培方法から説明していきます。

 

1・環境によって多少変わってきますが、
チンゲンサイの種まき時期は
春まき: 4~5月
秋まき: 9~10月
となります。


北海道や東北などの寒冷地では、
5~9月上旬まで種まきが可能です。


まずは、標準タイプのプランターを用意します。



 

2・プランターの底に鉢底石をしき、
そのうえに野菜栽培用の培養土を8割程度いれます。


 

3・種まきはすじまき、もしくは点まきをし、
種まき後は軽く覆土して、土の表面を軽く押さえた後、
たっぷり水やりを行います。




 

4・3~4日程度で発芽するので、
それまで乾燥に注意します。


 

基本的にチンゲン菜の水やりは、
表面の土が乾いたら与える ようにします。

 

 

プランターでの栽培方法・間引き追肥

発芽したら間引きを行います。

 

【1回目】
1週間~10日程度で、発芽がそろうので、
その際に混み合っているところや、
生育の悪いものを間引き、株間 1~3cm 程度にします。


 

【2回目】
本葉が3~4枚になったら2回目の間引きを行います。


株間 5cm 程度になるように調整します。

2回目の間引き時に化学肥料、もしくは液肥を水やり代わりに施します。

 

【3回目】
2回目の間引きの約2週間後、
草丈が8cm程度になったら3回目の間引きを行います。


ここで株間を10cm以上になるように調整します。

 

3回目の間引きの頃は、他の苗を傷めないように、
根元からハサミで切って間引きします。

 

同時に追肥を行って、増し土します。

Sponsored Link

チンゲン菜の収穫時期

チンゲン菜の収穫のタイミングは
春まき:5~7月
秋まき:10~12月


 

種まき後40~50日 程度で収穫となります。
夏の時期は40日程度で収穫可能です。

 

草丈が 20cm 程度になったら収穫します。

a6edf47cfefbfa5a9c1488ae1898e57d_s

 

株元から切り取るから、
株ごと抜き取って収穫するようにします。

 

 

畑での栽培方法・種まき

畑で栽培する際は、
連作障害に気をつけます。

 

1~2年は同じ場所での栽培を避けるようにします。

 

1・種まきの前の畑の準備をします。

種まき2週間前に 苦土石灰100g/m2 を散布して、
よく耕し、
1週間前に 堆肥2kg/m2
化学肥料 100g/m2 を散布してよく耕しておきます。


 

2・幅60cm、高さ5~10cmの平畝をつくり、
条間30cm、株間30cmとって、
すじまきにし軽く覆土して手で押さえた後、
たっぷり水やりを行います。


 

3・不織布でトンネル状に覆うと、
害虫対策になります。





畑での栽培管理・間引き追肥

【1回目】
1週間~10日程度で、発芽がそろうので、
その際に混み合っているところや、
生育の悪いものを間引き、株間 3~4cm 程度にし、軽く土寄せします。


 

【2回目】
本葉が3~4枚になったら2回目の間引きを行います。


株間 5~6cm 程度になるように調整します。

化学肥料もしくは水やりがわりに液肥を薄めて施します。



【3回目】
2回目の間引きの約2週間後、
本葉が5~6枚程度になったら3回目の間引きを行います。


ここで株間を 12cm 以上になるように調整します。

3回目の間引きの頃は、他の苗を傷めないように、
根元からハサミで切って間引きします。


 

同時に追肥を行って、増し土します。

追肥は様子をみて行うようにします。

 

畑での収穫方法もプランターと同じです。

 

 

まとめ

今回は、チンゲン菜の栽培方法をテーマにして
まとめてみました。

 

チンゲン菜はプランターでの栽培も可能ですし、
春まき、秋まきができます。

 

寒さにも強く、冬の霜に1.2回程度あたると
美味しくなるともいわれています。

 

★こちらの記事もどうぞ
チンゲン菜の栄養がすごい!効果効能は?生でも食べれるの?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ