そら豆の食べ過ぎで腹痛にも?アレルギー症状はあるの?

Sponsored Link


今日は、そら豆の食べ過ぎやアレルギー症状をテーマにしていきたいと思います^^

 

そら豆の食べ過ぎにはどのような恐れがあるでしょうか。
また、そら豆にはアレルギー症状はあるのでしょうか。

 

そら豆についてまとめていきます。

0be919f647227a63892e98f929d9fb9e_s

 

そら豆の食べ過ぎは腹痛に注意?

そら豆の旬は4~6月 の時期とされています。

 

そんなそら豆は、野菜の中でもタンパク質含有量が多く、
また、糖質も豊富に含まれています。

 

「そら豆がおいしいのは3日間」
と言われるほど、
そら豆は鮮度が落ちるのが早く、
つめの黒い部分(お歯黒)が黒いほど、
熟している証拠になります。

 

そんなそら豆は、おつまみとしても良く食べられていますが、
食べ過ぎると、どのような症状が起こるのでしょうか。

 

 

腹痛・下痢

そら豆には、食物繊維量が豊富に含まれています。

 

生のそら豆で
2.6g/100g

 

そして茹でたそら豆で
4.0g/100g

 

もの食物繊維量が含まれます。

 

食物繊維量には
・水溶性食物繊維
・不溶性食物繊維


 

が含まれており、
そら豆の場合は水溶性食物繊維よりも
不溶性食物繊維が多く含まれています。

 

不溶性食物繊維 は、
・体内の水分を吸収して便のかさを増やす
・体内の有害物質を外へ排泄する


などの嬉しい効果があります。

 

ですが、不溶性食物繊維は、
腸内を刺激し、便を排泄する働きがあるために、
摂取しすぎることで「下痢」
の症状を招くことがあります。

43aa749007d62d9928213e2e5c5738b9_s

 

また、そら豆をはじめとする豆類には「サポニン」 という
成分が含まれており、
抗ガン作用や老化防止などの作用が期待できるのですが、
下痢を引き起こす可能性があります。

 

同じく「レクチン」 という物質が含まれており、
こちらも下痢を引き起こす可能性があります。

 

白いんげん豆が流行したときに、食中毒の被害が多く出ました。
参考:http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/05/h0522-4.html

 

また海外では遺伝子疾患により、 G6PD (グルコース-6-リン酸化脱水素酵素)という
酵素が遺伝的に欠乏していると、
そら豆を食べることで、 溶血性貧血 を起こすことがあります。

 

日本人ではなく、地中海沿岸、アフリカ、東南アジアなどで
起こる疾患ですが、遺伝的に関連がある場合は、
一度検査してみると安心してそら豆を食べることができるかと
思います。

 

なので、直接的に、食べ過ぎで起こる可能性があるのは
下痢や腹痛です。

 

いずれにしろ、何百gというのは食べ過ぎです。

 

茹でたものでも100gで4gほど食物繊維量が含まれているので、
心配な方は、数粒程度に抑えておいた方が良いです。

Sponsored Link

そら豆でアレルギー症状も?

アレルギー症状をもつ方が多く、
表示義務がある食品、推奨されている食品があります。

 

表示義務のある食品は7品目あり
乳・卵・小麦・そば・落花生・えび・かに
 

は必ず食品に表示しなくてはなりません。

d388b71e77c7ac1dc9dc649c3ca0ab65_s

 

また、大豆・鶏肉・豚肉・果物(オレンジや桃、キウイ)
魚介類・ナッツ類

表示が推奨されています。

 

そら豆には表示義務がありませんので、
アレルギーが起こる人は少ないですが、
稀にアレルギーのような症状がおこる方がいます。

 

アレルギーは食品に含まれる「タンパク質」に反応して
おこります。

 

食品中に含まれるタンパク質を異物とし、
抗体がつくられると、
・皮膚が赤くなる、湿疹ができる
・嘔吐や腹痛
・くしゃみ、せき


 

など様々な症状が起こります。

 

そら豆は一般にアレルギー症状が起こりにくい食品 という
位置づけをされています。

8c7bf02faa797d39ba4dc800c39112f6_s

 

また大豆アレルギーをもつ人がそら豆でもアレルギー症状がおこるというのは
明確にされていません。

 

ですが、そら豆を食べて湿疹などの症状がでる人も
いるようです。

 

赤ちゃんの離乳食でも食材として使用されるそら豆ですが、
稀に顔に湿疹などがでる場合もあるようです。

 

ですが、離乳食の場合、
様々な野菜と一緒に混ぜて食べることが多いので、
そら豆が原因とは明確に断定できません。

 

食物アレルギーであった場合、
その原因食材を食べなければ改善します。

 

なので、食べ物を摂取して何らかの反応があった場合、
早めに病院で検査してもらった方が、
良いです。

 

子供のアレルギーは、適切に治療すれば
大人になるころには治っていることが多いです。


まとめ

今回は、そら豆の食べ過ぎやアレルギー症状をテーマにして
まとめてみました。

 

そら豆は食べ過ぎることで、
下痢や腹痛などの症状が起こることがあります。

 

食べ過ぎには注意が必要です。

 

また原因がそら豆とは一概には言えないものの、
アレルギーのような症状が起こることがあります。

 

★こちらの記事もどうぞ
そら豆の栄養がすごい!成分や効果・効能は?黒い部分は食べれる?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ