白いかぼちゃ【雪化粧かぼちゃ】の特徴は?皮が白い種類は他にも!

Sponsored Link


今日は、皮が白いのが特徴の雪化粧かぼちゃをテーマにしていきたいと思います^^

 

雪化粧かぼちゃの他にも、皮が白いのが特徴的なかぼちゃの品種があったりします。

 

今日は、そんな雪化粧かぼちゃについてまとめていきます★

yuki400-3

 

皮が白いかぼちゃの種類や名前は?

そももも皮が白いかぼちゃ全てを雪化粧かぼちゃという
のではなく、あくまで雪化粧かぼちゃというのは
品種の名前です。

 

雪化粧かぼちゃは、西洋かぼちゃの一種である
【白皮栗かぼちゃ】に分類されています。

 

白皮栗かぼちゃに分類されている品種としては、
「伯爵」「夢味」といった品種があります。

 

これら白皮栗かぼちゃの特徴としては、
名前の通り、皮が白いという点があげられます。

 

また粉質が強く、加熱するとホクホク感もあるのが
特徴といえます。

 

 

雪化粧かぼちゃの特徴は?

それでは、皮が白い雪化粧かぼちゃの特徴を簡単に
説明していきます^^

 

★味

雪化粧かぼちゃは、粉質であり、ホクホク感がすぐれていて、
甘味 も強い品種です。
なので、調理の際は、雪化粧かぼちゃの素材の美味しさを
引き出すようなシンプルな調理法がむいているといえます。

 

皮も硬くて肉厚です。

収穫後はすぐに食べずに保存しておくことで
甘味が増します。

Sponsored Link

★貯蔵性

白い皮が特徴的な雪化粧かぼちゃですが、
主な産地は、北海道や新潟などの涼しい地域です。

 

雪化粧かぼちゃの特徴は、その貯蔵性で、
かなり貯蔵性がよく、 3か月 ほど日持ちするとも
いわれています。

 

ですので、寒冷地である北海道での収穫は、
8~9月くらいですが、
貯蔵性が良いために、冬の冬至の時期に、
夏場に収穫された国産のかぼちゃがなくなる頃にも
重宝されています。

 

貯蔵することで、でんぷんが分解されて
糖度が増し、より甘味のあるかぼちゃになります。

 

 

★色

雪化粧かぼちゃの特徴といえる皮の白さですが、
この白い色の正体は、 でんぷん です。

 

また、果肉は、通常のかぼちゃと比較すると
少し黄色っぽい感じがします。

 

加熱すると、表面の皮の色が少し
緑っぽくなります。

2f8b94e5d38e59b8a3f6548b9c054f82

画像引用:http://cookpad.com/recipe/950438

 

 

雪化粧かぼちゃは栽培もできる?

雪化粧かぼちゃは、種や苗から、
育てることができます^^
種まきは4~5月です。

 

ポットに2・3粒をうえて、間引きを行い、
そのあと、畑やプランターで栽培を行います。

 

本葉4~5枚程度が定植の目安です。

 

成長してきたら、
親づるは摘芯せず、親づると2~3本の子づるを伸ばします。
 
摘芯して栽培する方法もあります。
外部サイトですが参考までに→かぼちゃの栽培
 
あとは、雌花が咲いたら雄花と人工授粉
させます。

 

雌花が咲いたら、その日咲いた新鮮な雄花を選んでつみとり、
雌花の柱頭に花粉をつけるようにします。

 

無事に授粉が成功したら、実がなります。

 

雪化粧かぼちゃは、開花してから40日程度で収穫
できますが、50日程度で完熟するので、
そのころのタイミングが良いです。

 

また、雪化粧かぼちゃの収穫のタイミングとしては、
果実とつるの間のへたの部分に注目し、
このへたの部分にひびが入って、コルク化すると、
収穫の目安といえます。

 

参考までにどうぞ★
かぼちゃの収穫時期やタイミングとは?へたの様子を写真で紹介

まとめ

今回は、雪化粧かぼちゃの特徴や育て方についてまとめました。

 

皮が白くて甘い雪化粧かぼちゃは、
貯蔵性も優れているから良いですね^^

 

冬至の時期に美味しく召し上がってください★


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ