かぼちゃの栄養の効果や効能がすごい!夏バテの予防にもビタミンを!

Sponsored Link


今日は、かぼちゃの栄養の効果や効能をテーマにしていきたいと思います^^

 

かぼちゃは、実は夏野菜に含まれていて、かなり栄養バランスが良いことでも
知られているのです。

 

なので、夏バテにも効果あり!
今日は、そんなかぼちゃの効果や効能についてまとめていきます。

tamanegi_onion (2)

 

かぼちゃの栄養・効果や効能とは?

まず、かぼちゃにはどんな栄養素が含まれているのかというと、
緑黄色野菜ということで、多くのビタミンが含まれているのです。

 

なので、風邪予防に冬至の時にも、
かぼちゃを食べる風習ができたようですね^^

 

かぼちゃ料理では、主に、西洋かぼちゃと日本かぼちゃが
使用されていますが、
広く日本のスーパーで流通しているのは、
【西洋かぼちゃ】の方なので、
今回は、西洋かぼちゃの栄養についてみていきます♪

 

まず、西洋かぼちゃ100gあたりの栄養成分は、
(食品成分表より)

 

★西洋かぼちゃ★

エネルギー  : 91kcal
水分             :76.2g
タンパク質  :1.9g
脂質             :0.3g
炭水化物     :20.6g
食物繊維     :3.5g
カロテン     :4000μg
ビタミンc    :43mg
ビタミンE :5.1mg
ビタミンk   :25μg
カリウム     :450mg
となっています。

 

日本かぼちゃのデータが知りたい人はコチラです★
かぼちゃのカロリーや糖質はどれくらい?

 

 

カロテン がかなり多く含まれていることがわかります。

 

100g中 4000 という数値は、すべての食品の中で、
ベスト15以内にランクインするほどです。

 

他にも、ビタミンCや、ビタミンE、ビタミンKなどの
ビタミンが多く含まれえています。

Sponsored Link

かぼちゃの効果・効能

では、これらのビタミン類はどのように体に作用するのでしょう。

pumpkin01

まずかぼちゃに多く含まれている カロテン ですが、
これは、人体の免疫機能を高める働きや、
成長の促進の効果があります。

 

なので、風邪に効果があるとされているのです。
他には、抗酸化作用があるため、癌や老化などの
病気の抑制にも効果があるとされています。

 

また髪の毛の健康維持などに役立ちます。

 

ビタミンC も多く含まれていますが、
これは、美肌効果やアンチエイジング効果が
期待できます。

 

特に女性は摂取したいビタミンですが、
男性も免疫を高める効果があるので
期待したいところです。

 

また ビタミンE は、血行をよくする働きがあります。
なので、動脈硬化や冷え性、肩こりの改善にも効果が
あるとされているビタミンです。

 

また、 ビタミンK には、カルシウムを骨に定着させる働きが
あるので、骨粗鬆症の予防、
また、血液凝固に影響します。

 

かぼちゃを摂取することでこんなに良い効果があります♪

 

 

かぼちゃを食べて夏バテ予防!

かぼちゃは実は夏野菜なので、夏バテにも効果があります。
先ほど説明したとおり、かぼちゃには多くのビタミン類が含まれているので、
夏の暑さでバテテいるときでも
かぼちゃを摂取することで、夏バテ解消に効果があります。

 

また、カリウムも豊富に含んでいるので、
カリウム不足による体のバテ、利尿作用などにも
期待できます。
 

 

まとめ

今回は、かぼちゃの栄養の効果や効能について
まとめました^^

 

かぼちゃには多くのビタミンが含まれているので、
日頃から摂取したい野菜のうちの一つですね♪

 

昔から風邪の予防になるといわれていますが、
他にも、良い効果を与えてくれます^^

 

かぼちゃを食べて暑い夏、そして寒い冬も
乗り切りましょう。


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ