ねぎの栄養成分は種類によって変わります!効果・効能には殺菌も!

Sponsored Link


今日は、ねぎの栄養成分や効果・効能をテーマにしていきたいと思います^^

 

ネギにはどのような栄養があるのでしょうか。
ネギは種類によって多少栄養成分が変わってきます。

 

また、ネギの効果・効能にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ネギについてまとめていきます。

73b86e591dba21090402753decf7b265_s

 

ネギの栄養成分には何がある?

ネギは、1年中スーパーで購入することができますが、
旬の時期は11~2月 の冬の時期とされています。

 

冬の時期に旬を迎えるネギは、
鍋の食材としても多く使用されます。

 

そんなねぎは風邪をひいたときにもよく食べられている食材
です。

 

では、ネギにはどのような栄養成分が含まれているのでしょうか。

 

 

ネギ100gあたりの栄養成分

食品成分表をもとにすると、
根深ねぎ(長ネギ・白ネギ)、葉ねぎ、こねぎ100gあたりの
栄養成分は以下のようになっています。

 

※食品成分表5訂

 
根深ねぎ 葉ねぎ こねぎ
エネルギー(kcal) 28 31 27
タンパク質(g) 0.5 1.5 2
脂質(g) 0.1 0.3 0.3
炭水化物(g) 7.2 7 5.4
食物繊維(g) 2.2 2.9 2.5
カリウム (mg) 180 220 320
カルシウム (mg) 31 54 100
βカロテン (µg) 14 1900 2200
ビタミンB1(mg) 0.04 0.05 0.08
ビタミンB2(mg) 0.04 0.09 0.14
ビタミンB6(mg) 0.11 0.12 0.13
ビタミンB12(µg) 0 0 0
ビタミンK(µg) 7 94 120
ビタミンC (mg) 11 31 44
葉酸(mg) 56 110 120
ビタミンE(mg) 0.1 0.9 1.3
 

表をみると、同じネギという種類ですが、
種類によって、栄養成分が異なるというのがわかるかと思います^^

 

ちなみに、根深ねぎ というのは「白ねぎ・長ネギ」を指し、
おもに関東から北の地域で栽培、そして食べられています。

ve_7973

この根深ねぎでは、主に緑色の部分を廃棄して食べることが多いので、
食品成分表では、緑部は廃棄すべき場所とされているため、
緑黄色野菜には含まれていません。

 

ですので、他のネギと比較するとβカロテン含有量が少ないのが
わかるかと思います。

 

 

また、葉ねぎ というのは、根深ねぎとは異なり、
主に西日本で栽培、そして食べられているネギの種類になります。

c2838d6690c943f09ed51adf6e2aba0a_s

この葉ねぎは、根深ねぎとは違い、
緑の部分が多く、この部分を食べます。

 

ですので、葉ねぎは根深ねぎよりも豊富な
βカロテン を含みます。

 

βカロテン含有量は、ピーマンやブロッコリーを超えるほどです。

 

また根深ねぎと比較すると、
カルシウムやカリウムなどのミネラル、
ビタミン類よりも多く含まれているといえます。

 

 

またこねぎ というのは、葉ネギ、一本ねぎを若採りしたものです。

857856923d22ce4c15c8f014b72d045e_s

「万能ねぎ」などの名前で販売されています。

 

このこねぎは、若採りしているだけあって、
葉ネギよりも栄養が豊富に含まれており、
ビタミンやミネラルも豊富です。

 

丼ものや麺類など、ちょっと上にのせる薬味感覚で
使われていますが、
実は栄養価の高い野菜であるといえます。

 

このように栄養成分でみてみると、
根深ねぎよりも、葉ネギやこねぎの方が栄養価は高いのですが、
一度に食べる量は、根深ねぎの方が多いといえます。

Sponsored Link

ねぎの効果・効能には何がある?

ではそんなネギにはどのような効果・効能があるのでしょうか。

 

冬の時期が旬のねぎには様々な嬉しい効果や効能があります^^

7aeefb5baa9579258f16a027e5c0e5f5_s

 

根深ネギ効果・効能

1・疲労回復
根深ねぎには、 硫化アリル の一種である催涙成分
アリルスルフィドが葉ネギよりも多く含まれていると
されています。

 

ですので、こちらの硫化アリルの効果を得たい場合は、
葉ネギではなく、根深ねぎの方を食べる方が良いといえます。

 

この硫化アリルの成分は、
ビタミンB1 の吸収を高め、糖質を効率よくエネルギーに変えるのを助ける効果があるため、
疲労回復にも効果があるとされています。

 

またこの硫化アリルは、にんにくにも多く含まれており、
豚肉などのビタミンB1と混ざりあい、
脂溶性に変わるので、
体内で長くとどまらせ、疲労回復の効果を持続させます。

 

なので、ねぎ類は疲労回復に効果があるとされています。

 

 

2・殺菌作用・風邪予防
ねぎは薬味にも使用されていますが、
昔から殺菌作用があることで知られています。

 

ねぎの白い部分には「ネギオール」という殺菌成分が
含まれているため、
風邪予防にもなるとされています。

 

風邪のときは、【ねぎ湯】にすれば、体を
芯から温めることもできます。

 

また薬味として、肉や魚の臭み取りにも使えます。

 

 

3・生活習慣病の予防
硫化アリルの成分には、血液をサラサラにし、
血行をよくする作用があります。

kekkan_sarasara

その他、血糖値を下げる効果もあるので、
動脈硬化を予防する作用もあります。

 

血糖値を下げるということで、
同時に糖尿病の予防にも期待できます。

 

これら、硫化アリルには様々な効果が期待できますが、
揮発性が高いため、
硫化アリルの効果を得たいのであれば、
食べる直前に調理した方が良いといえます。

 

 

葉ネギ、こねぎ効果・効能

葉ネギやこねぎは、根深ねぎと比較すると、
硫化アリルの成分は少ないのですが、
βカロテンやビタミンC、カルシウム、カリウムなど、
根深ネギと比較して多くのビタミンやミネラルを
含んでいるといえます。

857856923d22ce4c15c8f014b72d045e_s

 

1・風邪予防
葉ネギ、小葱には多くのβカロテンが含まれており、
この成分は、強い抗酸化作用をもちます。

 

βカロテンは、皮膚や粘膜を丈夫にする効果もあるので、
βカロテン含有量の多い、ねぎ類を摂取することで、
風邪予防の効果も期待できます。

 

またβカロテンは生活習慣病の予防にも関与している
とされている他、
抗酸化作用が強い、ビタミンCも根深ねぎよりも
多く含まれています。

 

 

2・美肌効果
抗酸化作用の強い、
βカロテンやビタミンCを含むので、
アンチエイジング効果として
しみ、そばかすの予防など、
美肌効果も期待できます。

 

 

3・骨形成
葉ネギ、小葱には、ビタミンKカルシウム
多く含まれています。

 

ビタミンKは、血液凝固や骨形成に関与していると
されています。

 

また、骨形成や神経伝達に関与する
カルシウムも多く含まれています。

 

このように、含まれている成分が違うので、
多少、効果や効能には違いがみられます。

 

目的に合わせて、
根深ねぎ、葉ネギの使用を変えるのも良いといえます^^

 

いまが旬!なネギ♪


まとめ

今回は、ねぎの栄養成分や効果、効能をテーマにして
まとめてみました。

 

ねぎの種類によって、多少栄養成分が異なるので、
同時に効果や効能も変わってきます。

 

根深ネギ、葉ネギの使い分けをすることでも、
様々な効果や効能を得ることができます。

 

★こちらの記事もどうぞ
ネギの種類を写真で紹介!品種には何がある?わけぎとの違いとは?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ