ネギを水耕栽培で再生させよう!プランターでも可能?

Sponsored Link


今日は、ネギの水耕栽培をテーマにしていきたいと思います^^

 

ネギは水耕栽培で再生も可能でしょうか。
また、プランターでの栽培も可能でしょうか。

 

ネギの再生栽培についてまとめていきます。

aac6dccc3d1a24a35e1130de89643ec0_s

 

ネギを水耕栽培で再生させよう!

ネギには様々な種類があります。

 

関東では根深ねぎ、
そして関西では葉ネギがネギとして
親しまれています。

 

ねぎの旬の時期は、12~2月 の時期ですが、
1年中スーパーで購入することができます。

 

また、ねぎは家庭菜園でも栽培しやすく、
特に葉ネギは水耕栽培でも育てやすいとされています。

 

そして、成長のスピードも速く、
収穫までも早いです。

 

家庭菜園として栽培を楽しむため、
また節約としても野菜を家庭で栽培するのはおススメです。

 

野菜は、再生栽培が可能なものが多く、
水もしくは、土に植えておくだけで芽がでて、
再度収穫できるものもあります。

 

ネギの他には
・大根
・人参
・キャベツ
・小松菜
などの野菜があります。

5aa26214a43c5811fc2c1d621337004f_s

 

今回は、葉ネギの水耕栽培での再生方法を
紹介します。

 

~用意するもの~
・容器
・葉ネギの根っこ
・水
・輪ゴム


 

これだけです。

 

容器は何でも大丈夫で、
ペットボトルを切ったものでも栽培可能です。

 

 

~再生栽培方法~
1・まずは葉ネギの根元を5cm程度、
切って用意します。

 

2・葉ネギの根元は、バラバラにならないように
輪ゴムで縛っておきます。

 

3・ペットボトルなどの容器の底に根元が
半分くらいは浸かるように水をいれます。

 

水は毎日交換して、
なるべく太陽に当てるようにして栽培します。

 

 

~1日目~

IMG_3199

根元は完全に水にいれず、
半分程度の根が浸かる程度にします。

 

~2日目~

IMG_3201

数mm程度伸びました。

 

 

~3日目~

 

IMG_3209

日がよく当たる窓際に移しました。

早いものは1cm程度は伸びています。

 

 

~4日目~

IMG_3210

日がでて暖かい日が続いているので、
成長も早いです。

 

 

 

~5日目~

IMG_3212

前日が暑く、最高気温が30℃になった地域もあったようで、
ぐんぐん成長しました。

水だけでここまで成長するとはすごいです。

 

 

~6日目~

IMG_3213

この日の前日も暑かったので、
かなり伸びました!

 

1週間で、根元のサイズの3~4倍くらいに
成長しています。

 

 

~7日目~

IMG_3214

 

~8日目~

IMG_3216

もう収穫しても良いくらいのサイズですが、
まだ伸びるので栽培を続けます。

 

 

~9日目~

IMG_3232

 

~10日目~

IMG_3241

 

~11日目~

IMG_3249

11日で、20cmほど成長しました。

 

栽培したのが5月の暖かい時期だったということもありますが、
1~2週間で、水だけでここまで成長しました。

 

水耕栽培で収穫できるので、
1~2回 程度です。

 

野菜用の培養土を使用して栽培すれば、
もっと多く収穫することも可能です。

Sponsored Link

プランターでの再生栽培方法!

葉ネギ、根深ネギともに、
プランターでの栽培が可能です。

845d6268ddfb5bd050440d7bbc29bc7a_s

 

畑で地植え、もしくは、プランターで培養土を使用して
栽培することができます。

 

プランター栽培で用意するものは、
・プランター
・野菜用の培養土


・ねぎの根元

です。

 

方法は水耕栽培の際とほぼ一緒です。

 

1・直径24cm程度の鉢を用意し、
底に鉢底石をいれ、
野菜用の培養土をいれます。

 

2・ねぎの根元5cm程度を植えます。
さらに上から培養土をかけます。

植え付けを行ったらたっぷり水やりを行います。

 

3・日当たりの良い場所で栽培し、
霧吹き等を利用して水やりを行います。

 

葉ネギも、根深ネギもどちらも栽培可能です。
収穫まで2週間程度です。
97243674a39bb8f50f44c3785cb537d9_s

 

水やりは土の表面がかわいたら与えるようにします。

 

根元の部分だけを残して、
必要な量だけ収穫すれば、
植えっぱなしで長く収穫を楽しむことができます。

 

成長具合をみて、追肥も行うようにしましょう♪

 

育てておくと、薬味に使用できて
便利です。

 

葉ネギの栽培セットも


まとめ

今回は、ねぎの水耕栽培、再生栽培をテーマにして
まとめてみました。

 

野菜によっては、
再生栽培が可能なものがあり、
ネギは水だけでも再生栽培が可能です。

 

しっかり育てたいのであれば、
野菜用の培養土を利用するようにします。

 

★こちらの記事もどうぞ
かいわれ大根の育て方!再生栽培も可能?自由研究の強い味方に!


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ