ピーマンの栄養がすごい!体への効果や効能とは?パプリカとも比較してみた

Sponsored Link

今日は、ピーマンの栄養をテーマにしていきたいと思います^^

 

ピーマンは緑の色で栄養がたくさんありそうというイメージがありますよね★
ビタミンも豊富で体への効果や効能も期待できます!

 

また、パプリカと比較するとどうなんでしょうか。

 

ピーマンについてまとめていきます。

piman_greenpepper

 

ピーマンの栄養は?

そもそもピーマンにはどれくらいの栄養が含まれているの
でしょうか。

 

食品成分表をもとにすると、100gあたりで

 
ピーマン(100gあたり)
カロリー :22kcal
水分   :93.4g
タンパク質:0.9g
脂質   :0.2g
食物繊維 :2.3g
炭水化物 :5.1g
カロテン :400μg
ビタミンC :76mg
 

ビタミンCやカロテンが多く含まれています。
栄養がないと言われているキュウリと比較すると、

 
きゅうり(100gあたり)
カロリー   :14kcal
水分     :95.4g
タンパク質  :1.0g
脂質     :0.1g
食物繊維   :1.1g
炭水化物   :3.0g
カロテン      :330μg
ビタミンC   :14mg
なので、きゅうりよりもカロテンやビタミンCが
多く含まれていることがわかります。

 

ビタミンc含量は、きゅうりの 約5倍 ほど含まれています。

 

意外と水分含量も多いことがわかりますね。

 

 

スポンサーリンク



ピーマンの栄養・効果や効能は?

ピーマンは、ビタミンC含量が高いということを
話しましたが、
その含量は、100ccのレモンの果汁よりも
含量が多いのです。

 

レモンの果汁、100ccあたりのビタミンC含量は、
50mgなので、軽くピーマンの方が
含有量が多いですね。

 

またピーマンはビタミンCだけではなく カロテン ビタミンP
というフラボノイド系のビタミンを含んでいます。

 

ビタミンCは、美容効果アンチエイジング効果があります。
また、シミやそばかすの抑制、美白効果もあります。

biyou_tsurutsuru

女性にとってはうれしい成分ですね。

 

また、ビタミンCは、抗酸化作用があるので
成人病の予防にも役立ちます。

 

また聞きなれない成分の ビタミンP ですが、
ビタミンPは、ビタミンCの吸収を助けてくれる
ビタミン様成分です。

 

このビタミンPの働きとしては、ビタミンCを安定させて、
吸収を高める補酵素的な役割をしてくれます。

 

また、毛細血管を丈夫にする効果もあります。

 

またカロテン=ビタミンAも多く含んでいます。

 

ビタミンAは、油と一緒に摂取すると
吸収が良いので、
なるべくピーマンは野菜炒めや肉詰めなど、
油と一緒に炒めて摂取することを
おススメします♪



また、ピーマンの種やわたに含まれている成分の
ピラジンも血行促進効果があるとされています。

 

通常捨ててしまう方が多いと思いますが、
料理に活用してみても良いですね^^

ピーマンの種は食べられる!栄養もあって育毛効果も!?発芽もするほどすごい

 

 

スポンサーリンク



ピーマンとパプリカの栄養の違いは?

ピーマンとパプリカ、かなり見た目は似ていますが、
栄養素は異なります。

paprika

ピーマンにはビタミンCがかなり多く含まれていますが、
実は、パプリカの方がピーマンよりも断然多くの
ビタミンCが含まれています。

 

赤パプリカ 170mg
黄パプリカ 150mg
ほどのビタミンCが含まれています。

 

しかも赤パプリカはビタミンEもかなり豊富に
含まれていて、なおかつ抗酸化物質であるカプサイシンも
多く含まれています。

 

黄パプリカは、ビタミンEに加えて、葉酸やビタミンB6などの
成分も含まれています。
黄パプリカは彩にも使えますね♪

 

なのでピーマンより栄養価は高いのですが、
値段も高い…
というのがネック。

 

お値段を気にしない方は、
ピーマンだけではなくパプリカも調理に加えてみてください^^

 

 

まとめ

今回はピーマンやパプリカの栄養についてまとめてみました。

 

ピーマンも栄養価が高いですが、
パプリカもすごいですね★

 

どちらもぜひ料理に活用してみてください^^


農薬や放射性物質が気になる…
安全な食品を食べたい…
良い野菜の選び方がわからない…
いつも同じ野菜ばかり食べてしまう…
買い物に行っている余裕がない…



そんなあなたはこちらもどうぞ!
↓↓↓
栄養士 の私が勧める安心して食べられる野菜

Sponsored Link



LINE@

LINE@追加で旬な食材の情報をお届けします♪ 友だち追加

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ