さつまいもの日持ちする方法はコレ!保存期間はどれくらい?

Sponsored Link


今日は、さつまいもの日持ちする方法をテーマにしていきたいと思います^^

 

さつまいもの日持ちする方法は何でしょうか。
またさつまいもの保存期間はどれくらいでしょう。

 

そんなさつまいもについてまとめていきます。

a1973f5c979bb3e0bf5150e1fc03bb8e_s

 

さつまいもの日持ちする保存方法は?

さつまいもといえば、秋の味覚です。

 

さつまいもの旬の時期は9~11月 とされており、
スイートポテトや大学芋など、
様々なお菓子料理にも使用されています。

 

そんなさつまいもですが、
保存適温は 13℃ 程度とされており、
冷蔵庫での保存は不向きとされています。

 

ですので、さつまいもは寒い環境での
保存は向いていません。

 

 

さつまいもの日持ちする保存方法・冷蔵

さつまいもで最も日持ちする保存方法は、
冷蔵庫での野菜室での保存です。

 

一般に冷蔵庫の温度は2~5℃くらいで、
さつまいもを保存するには寒すぎる環境ですので、
冷蔵庫ではなく、野菜室 を使用して、
保存するようにします。

 

方法としては、
さつまいもを1本ずつ新聞紙に包んで、
さらにポリ袋に包むようにします。


img_1353

口は、密閉せずに軽く閉じる程度にします。

 

そのまま冷蔵庫の野菜室に保存することで、
冷気からさつまいもを守り、
冷えすぎるのを防ぎます。

 

 

冷蔵保存・保存期間

冷蔵庫の野菜室でさつまいもを保存した場合であれば、
2か月程度 日持ちします。

 

野菜室であれば保存もできるので、
困ったときは、冷蔵庫の野菜室を利用しましょう^^

Sponsored Link

さつまいもの日持ちする保存方法・常温

さつまいもは、常温保存も可能です。

 

常温保存に適した環境は、
冬場で温度が13℃程度、
また冷暗所です。

 

夏場の暑い場所の場合は、常温保存は適しません。

 

方法としては、
さつまいもを1本ずつ新聞紙で包み、
そのまま常温で保存します。


img_1352

土がついたままでも大丈夫ですし、
段ボールでの保存もOKです。

 

 

常温保存・保存期間

常温で保存した場合、
さつまいもの保存期間は、
1か月 が目安となります。

 

常温といっても旬の9~11月は室温も高いので、
保存しておくと、腐ってしまうこともあります

 

ですので、そういった場合は、
野菜室での保存をおススメします。

 

 

さつまいもの日持ちする保存方法・冷凍

さつまいもは冷凍保存も可能です。

 

ですが、さつまいもを保存する場合、
生の状態では冷凍保存には向いていません。

 

必ず加熱してから冷凍保存するようにします。

 

方法としては、
1・まずはさつまいもをよく洗い、
さつまいもをお湯で茹でます。


 

もしくは電子レンジで加熱します。

 

2・そしてさつまいもが柔らかくなったら
そのまま潰してマッシュ状にします。


 

3・あとは使いやすいように小分けにして
ラップで包み、ジップつきの袋にいれて
冷凍庫で保存するようにします。

 

マッシュ状にしなくても、
焼き芋・ふかし芋の状態で、
ジップ付きの袋にいれて冷凍保存も可能です。

 

 

冷凍保存・保存期間

さつまいもを冷凍で保存した場合、
保存期間は、 1か月程度 になります。

 

1度皮をむいたり、
切ったさつまいもはあまり日持ちしませんので、
そのまま冷蔵庫で保存するのではなく、
冷凍庫にいれて保存してしまった方が良いです。

 

また冷凍したさつまいもは、自然解凍、もしくは
電子レンジでの解凍で使えるようになります。

 

マッシュしたさつまいもは、そのままさつまいもを
使用した料理として
・コロッケ
・スイートポテト
・サラダ


などに利用できます。

 

 

さつまいもの日持ちする保存・干す

さつまいもの代表的な保存食として干しイモ
がありますが、
干しいもにすることで、さつまいもは長持ちします♪

4781a75104c32ee7a69ed6df223b30cc_s

 

1・まずはさつまいもをよく洗い、
蒸し器で加熱します。


蒸す方法はコチラをどうぞ
さつまいもを蒸す時の蒸し時間はレンジや圧力鍋ではどうなる?

2・続いて、蒸したらさつまいもの皮をむきます。

 

皮つきのままでも美味しいですが、
綺麗に仕上げたいのであれば、皮を取り除きます。


 

3・皮をむいたさつまいもは、
包丁で 1cm 幅程度にカットして、
そのままザルなどにおいて、
天気の良い日に天日干しします。

 

1週間程度で完成です。

 

 

干す・保存期間

さつまいもを干して、
干し芋を作った場合、保存期間は、
3か月 程度になります。

 

干し芋は市販でも販売されていますが、
かなり長持ちするという特徴があります。

 

干し芋はおやつにもなるので、
大量にある場合は、干して保存食にするのもおススメです。

 

甘い安納芋の干しイモも
 

まとめ

今回は、さつまいもの日持ちする保存方法をテーマにして
まとめてみました。

 

さつまいもは、適温が13℃くらいなので、
寒すぎる環境では保存しないように注意しましょう。

 

野菜室で保存すれば長持ちしますし、
冷凍保存もできます^^


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ