さつまいもの下ごしらえや洗い方は?乱切り・スティックの切り方は?

Sponsored Link


今日は、さつまいもの下ごしらえや洗い方・切り方をテーマにしていきたいと思います^^

 

さつまいもの下ごしらえはどのようにすれば良いでしょうか。

また、さつまいもの切り方として、乱切りやスティックの切り方は
どのようにすれば良いのでしょうか。

 

さつまいもについてまとめていきます。

a1973f5c979bb3e0bf5150e1fc03bb8e_s

 

さつまいもの下ごしらえや洗い方は?

さつまいもは、秋が旬ですね。

 

さつまいもには、たくさん種類があり、
秋~冬の間は、多くの種類のさつまいもが店頭で
販売されるようになりますし、
家庭菜園でさつまいもを栽培する方も多いと思います。

 

そんなさつまいもですが、
下ごしらえ・洗い方はどうすれば良いでしょうか。

 

基本的にさつまいもはよく洗い、
そして水につけてあく抜きをします


 

まず、さつまいもの特徴として、
あくの成分が多いという点があげられます。

 

さつまいもの皮を剥いて調理するとわかるのですが、
手がべとべとするような感じもあります。

 

このあくの正体は、 ポリフェノール で、
さつまいもに含まれている酵素( ポリフェノールオキシターゼ )の影響で、
皮を剥いたり、切ったりするとすぐに黒く変色するので、
黒く変色しないよう、 切ったらすぐに水につける ようにしましょう^^

 

下ごしらえの方法としては、

1・まずがさつまいもの皮の汚れをよく取り除きます。

img_1354

さつまいもは皮に泥の汚れが付着していることも多く、
汚れがなかなか取れない場合は、
たわしを使って泥を落とします。


 

2・次にさつまいもの皮を剥く場合は、
厚めに皮の部分を取り除きます。


 

皮の部分にも栄養が含まれているので、
皮の部分を取り除かなくてもOKです。


さつまいもの皮には栄養がある皮ごと食べよう!最適な皮むき方法は?

 

ただし、皮が黒色している部分は苦味もありますし、
取り除くようにしてください。


 

皮を剥く場合は、
流水にさらしながら切ると、変色防止になります。


 

3・切ったさつまいもは、すぐに水につけるようにします。

img_1357

水に5~15分 つけておくことで、
あく抜きができます。


 

すぐに水が濁ってしまうので、
2~3回水を取り替えるようにします。


 

これがさつまいもの基本的な下ごしらえの方法です。

 

さつまいもは切ってから調理することが多いと思いますが、
切ったあとは、すぐに変色してしまうので、
水をためたボウルを用意して、
切ったらすぐに水につけると良いです♪

Sponsored Link

さつまいもの切り方

さつまいもは、様々な料理に利用されているので、
それだけ多くの切り方があります。

 

簡単に切り方を紹介します♪

 

輪切り

輪切りは最もスタンダードともいえる切り方です。

 
1・下処理したさつまいもの端を切って、
1cm程度の幅に切っていきます。
 

煮物だと1cm
天ぷらだと5mmくらいの厚さが向いています。


 

2・そのままあく抜きをします。

img_1356

輪切りは、天ぷら、煮物そして
スープなどにも向いています。

 

 

半月切り

半月切りは、輪切りを半分にしただけでもOKです。

 
1・まずは、下処理したさつまいもの端を切って、
縦2つに切ります。
 

2・半分に切ったものは端から0.5~1cm程度の
幅で切っていきます。


img_1362

切ったものはあく抜きします。

 

半月切りは、煮物や炒め物などにも使えます。

 

 

拍子木切り

1・下処理したさつまいもの端を切り落とし、
そして5cmの幅に切ります。
img_1358

2・今度は縦に1cmの幅で切っていきます。

img_1359

3・切ったものは端から1cm程度の厚みで
切っていきます。


img_1360

切ったものは、あく抜きもします。

 

拍子木切りしたものは、
味噌汁、揚げ物、芋けんぴなどに。

 

 

さいの目切り(角切り)

1・下処理したさつまいもを上記のように
拍子木切りにします。
 

2・続いて3本程度並べて、
端から1cmの立方体ができるように
切っていきます。


img_1361

3・最後にあく抜きをします。

 

角切りしたものは、
サラダやお菓子のアクセント、パンの具材
などに使えます。

 

 

乱切り

細長い乱切りは、さつまいもでも多くされる切り方です。

 

1・下処理したさつまいもの端を切り落とします。

 

2・そして斜めに包丁をいれて、
切り、さつまいもを回しながら切っていきます。


img_1366

3・切ったものはあく抜きをします。

 

乱切りは、素揚げしたあと大学芋にしたり、
煮物にも使えます。

 

 

スティック


1・まずはさつまいもの端を切り落とします。

 

2・そしてさつまいもを1cm程度の斜め切りに
します。


img_1367

斜め切りの方が面積が広くなります。

 

3・あとは拍子木切りと同じように、
端から1cm程度に切っていきます。


img_1368

スティック状に切ったものは、
芋けんぴや炒め物、
かき揚げなどにも利用できます。

 

 

松葉切り(棒切り)

1・まずは下処理したさつまいもの端を
切ります。
 

2・そして、さつまいもを端から1~2mm程度の
輪切りにします。


img_1363

3・輪切りにしたものを数枚重ねて、
端から切っていきます。


img_1364

最後にあく抜きをします。

 

棒状に切ったものは、
きんぴら、サラダ、炒め物などの
料理にも使えます。

 

安納芋もおススメです♪
 

まとめ

今回は、さつまいもの下ごしらえ・洗い方、
そして切り方をテーマにしてまとめてみました。

 

さつまいもは、きちんと下ごしらえとして
あく抜きをしないと、
黒色してしまうので注意が必要です。

 

また、さつまいもにはたくさん切り方があるので、
料理によっていろいろな切り方を試してみるのも
良いかと思います^^

 

★こちらの記事もどうぞ
さつまいもの茹で方やゆで時間はどれくらい?あく抜きはするべき?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ