みょうが栽培方法!プランターでも!収穫時期や方法は?

Sponsored Link


今日は、みょうがの栽培方法をテーマにしていきたいと思います^^

 

みょうがの収穫時期や収穫方法はどうすれば良いでしょうか。

またプランターでも栽培可能でしょうか。

 

みょうがの栽培についてまとめていきます。

890c92bed9ace96b40a219b5b520888d_s

 

みょうがの栽培方法!プランターでも!

夏の薬味として食卓にかかせないみょうがですが、
みょうがは家庭菜園でも栽培が可能な野菜です。

 

みょうがの旬の時期は主に 6~10月 とされています。

 

主にみょうがを食べるのは、
みょうがの開花前の花序です。

 

若い茎はみょうがたけとも呼ばれており、
この部分も食べられます。

 

1年中食べることができるのは、
高知のハウス栽培ものがあり、
1年中流通しているためです。

 

家庭菜園の場合ですと、
収穫時期は限られてきます。

 

そんなみょうがはプランターでの栽培も可能です。

 

 

みょうがの栽培・植え付け(3~4月)

みょうがの栽培適温 15~20℃ となっています。

 

夏場の栽培が盛んですが、冷涼な環境を好みます。

 

日陰でもじゅうぶん育つので、
栽培しやすいといえますが、
乾燥に弱いので、水を切らさないように
注意が必要です。

 

みょうがは種ではなく、
地下茎」から育てます。

 

ネットでも販売されていますが、
棒のようなものです。

 

20cm 2~3個 芽のついたものを選ぶようにします。



 

そして、プランターは深さ20cm以上のものを用意します。



プランターの底に針底石をいれて、
培養土をいれます。

 

そこに株間 15~20cm ほどあけて植え、
さらに土を5~8cm程度の暑さにかぶせます。

 

つまり5~8cm程度の深さに植え付けを行います。

 

そのあとは、たっぷりと水を与えるようにします。

 

秋植えの場合は、10~11月の時期です。

Sponsored Link

みょうがの栽培・追肥

地下茎から芽がでてきたら、
追肥を行います。

 

10日に1回程度 、液肥を施しながら
追肥を行うようにします。

 

栽培管理としては、
みょうがは乾燥に弱いので、
土が乾燥しないように、乾く前に水やりを
しっかり行うようにします。

 

敷き藁をしておくと、
乾燥予防にもなります^^

 

葉が茂ってきたら間引きしておくと、
栽培しやすくなります。

92f0bcad6e2c6e96bbf65526e0fe0840_s

 

みょうがの収穫時期(9月~ 2年目6月~)

3~4月に植え付けたみょうがは、
9月 には収穫できるようになります。

 

1年目でも収穫できますが、
本格的な収穫は 2年目の夏の時期 です。

 

収穫時期は
6月中旬~10月中旬 です。

 

早生種~8月
中生・晩成種9~10月


花が咲く前の締まっている状態のつぼみを、
手で折るようにして
収穫します。

58520ad8f3c0c3d457dc770cd86564a4_s

つぼみは、株元の方にあります。

 

みょうがは一度植えると、その苗で
3~4年は収穫することができます。

 

3~4年経過したら、
一度ねを掘り起こして植え替えるようにする
と、
再度収穫できるようになります。

44d85794754d623df906d1296bf73ee8_s

 

みょうがの栽培・ポイント

直射日光があたる環境だと、
乾燥しやすいので、
半日陰のような場所で栽培するようにします。

 

日陰でも充分育ちます。

 

高知県産であれば1年中食べられます♪
 

まとめ

今回は、みょうがの栽培方法や収穫時期をテーマにして
まとめてみました。

 

みょうがは、放任していても毎年栽培ができる
優れた野菜です。

 

そしてプランターでの栽培も可能です。

 

ただし、乾燥した場所では育たないので、
乾燥しないように注意が必要です。

 

病気や害虫の心配もあまりなくて、
栽培しやすいといえます。

 

★こちらの記事もどうぞ
生姜の収穫時期はいつごろ?種生姜の保存方法は?植え付け時期は?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ