じゃがいもの下ごしらえ方法!おでんでは?あく抜きはどうする?

Sponsored Link


今日は、じゃがいもの下ごしらえ方法をテーマにしていきたいと思います^^

 

じゃがいもの下ごしらえはどのようにすれば良いのでしょうか。
また、おでんの場合の下ごしらえは何かすべきでしょうか。

 

そしてじゃがいものあく抜き方法についてもまとめていきます。

12e4eb3e021847cdbf93eba0af9f62bb_s

 

じゃがいもの下ごしらえはどうする?

じゃがいもは、1年中スーパーで購入できるので、
料理によく利用されているといえます。

 

そして子供から大人まで人気のカレーには
欠かせない食材といえますね。

 

そんなじゃがいもは調理をする際に、
必ず下ごしらえをします。

 

下ごしらえの方法について簡単にまとめていきます。

 

1・まずは、じゃがいもの土をよく洗います。

 

取りにくい汚れはたわしを使って取り除くのが
良いと思います。


 

また、じゃがいもを調理するときには直前に洗うようにします。

 

風味も飛んでしまいますし、腐る原因になるので
濡れた状態で保存しないようにしましょう。


 

2・続いて、包丁やピーラーを使用して、
じゃがいもの皮を取っていきます。


 

このとき、芽があった場合は、
包丁の角の部分を利用して、
えぐり取るようにします。


IMG_1224

芽にあるソラニンは毒性のある物質なので、きちんと
取り除きます。

★ソラニンについてはこちらをどうぞ
芽が出たじゃがいもは食べられる?どこまで取る?植えると栽培も

 

3・芽まできちんと取り除いたじゃがいもは、
水につけておくようにします。

 

これで下ごしらえの完成です。

 

じゃがいもをカレーや肉じゃがなど
料理にする場合は、皮をむいてから切って、
他の具材と煮込むようにしましょう^^

Sponsored Link

おでんのじゃがいもの下ごしらえはどうする?

おでんにじゃがいもをいれるご家庭は
たくさんあると思います。

 

ですが、じゃがいもを何もしないと煮崩れして
ボロボロになってしまうので、
下ごしらえをしてから調理 するようにします。

 

1・まずじゃがいもの品種ですが、
煮崩れしにくいものを選ぶようにします。


 

市場では主に、男爵・メークインが多く流通していると
思いますが、
メークインの方が粘質が強く、
煮崩れしにくいので、メークイン の方を
選ぶようにしましょう。


ve_3866 メークイン

2・そしてじゃがいもの周りに1~2mm程度の
切れ目をぐるっと1周いれます。


 

この切れ込みを1周いれておくことで、
ココから簡単に剥けるようになります。


 

3・そしじゃがいもを鍋で水から15分程度茹でる、
もしくは電子レンジで5分ほど加熱して、
粗熱がとれたら皮を剥きます。


IMG_1246

じゃがいもの皮はつるんと簡単にむけます。

 

★皮むきについてはこちらをどうぞ
じゃがいもは皮ごともOK?レンジで皮むきも?包丁でのやり方も!

 

4・あとは、おでんの鍋にいれて
一緒に調理するだけです。

 

じゃがいもを下茹でしておくことで、
じゃがいもの成分であるペクチン が1度加熱しておくことで、
硬くなり、煮崩れしにくくなります。

 

じゃがいもは、ペクチンの作用を利用して
油で炒めたりすることで、煮崩れ防止になりますが、
おでんには不向きかと思います。

 

ですので、おでんにじゃがいもを利用する際は、
男爵ではなくメークインの方を選び、
そして下茹でしてから調理するようにしましょう^^

 

 

じゃがいものあく抜きは?

じゃがいもは、皮むきをしたり、
切ったりした後、そのまま放置しておくと
変色 してしまいます。

 

これは、じゃがいものポリフェノールによる
褐変反応 が原因で、
黒色してしまったものでも食べられるのですが、
見た目が悪くなってしまいます。

 

これを防止するには、
水に漬ける
それだけでOKです。

IMG_1228

切ったじゃがいもをすぐに水に漬けるようにします。

これをあく抜きとします。

 

あく抜きの時間 は、
短時間でOKですので、 5分程度 で大丈夫です。

 

切り口を水にさらすと、
酵素が働かなくなるので、
変色を防ぐことができます。

 

また、細切りしたじゃがいもは、
水にさらさないと、じゃがいも同士がくっついてしまうので、
細切りしたあともすぐに水にさらすようにします。

 

逆にガレットなど、
じゃがいもの粘着性を利用している料理では
水にさらさないように
します。

 

下処理なしでそのまま使えるじゃがいもも!
 

まとめ

今回は、じゃがいもの下ごしらえやあく抜きをテーマにして
まとめてみました。

 

じゃがいもは下ごしらえを行うことで、
調理も簡単にできます。

 

また、切ったじゃがいもはすぐに水にさらさないと
変色してしまうので注意しましょう^^

 

★こちらの記事もどうぞ
じゃがいもが変色!防止するには?黒や紫に変色したものは食べられる?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ