茄子に含まれる栄養の効果や効能は?ないと言われていても体に良い影響が!

Sponsored Link


今日は、茄子の栄養の効果や効能をテーマにしていきたいと思います^^

 

茄子は、実は栄養がないと言われている野菜のひとつです。
きゅうりも栄養がないと言われていますよね…w

 

でも、それは他の野菜と比較すると、
ビタミンやミネラル分が少ないからなのです。

 

それでも、体にとって良い効能や効果があるのです。

 

というわけで、そんな【ない】といわれている
茄子の栄養成分についてみていきましょう^^

ma_291

 

茄子の栄養成分は?

そもそも茄子に栄養がないと言われているのは、
水分が多いというのも、理由のひとつだと考えられます。

 

食品成分表をもとにすると、
茄子の栄養価は100gあたり

 

エネルギー:   22kcal
水分:93.2g
タンパク質:1.1g
脂質:0.1g
炭水化物:5.1g
食物繊維:2.2g
ビタミンk:9μg
葉酸:19μg
カリウム:220mg


という結果になっています。

 

これを見て、わかるように茄子の 93% は水分が
占めています。

 

93%が水分だからあんなに水水しいんですね★

 

でも逆に93%も水分が入っているから、
その分、ビタミンやミネラルは少なめです。

 

でもビタミンやミネラルとはしてカウントはされていなくても
体に良いとされている成分が含まれています。

 

その成分が体に良い影響を及ぼしてくれます。

 

 

茄子の栄養の効果や効能は?

では、茄子の効果や効能についてみていきましょう!

 

茄子の栄養成分・ナスニン

茄子に含まれている成分として注目されているのは、
ナスニン
というアントシアニン系の物質です。

resize

アントシアニンといえば、ポリフェノールの一種で
高い抗酸化作用があることでもおなじみですね♪

 

よくワインにも入っていて注目される物質です。

 

このナスニンが体に良い影響を与えます。

 

ナスニンは、ポリフェノールの一種なので、
抗酸化作用があります。

 

抗酸化作用といえば、体が酸化するのを防ぐ、、
つまり美肌やアンチエイジング効果があります。

 

肌の老化を防いでくれるのです。

Sponsored Link


他には、 癌の予防 に効果があるとされています。

 

癌といえば、日本人の死因ベスト3にも含まれる病気ですよね。

 

抗酸化作用として、癌の引き金となる、
活性酸素の働きを抑制してくれると
されています。

 

他にも、高血圧や動脈硬化の予防・眼精疲労にも効果があるとされているので、
人間の体を守るにはとても良い働きをしてくれるのです。

 

ちなみにこのような効果のあるナスニンは、皮に含まれています。

 

皮はむかずに、一緒に調理しましょう^^

 

成人病の予防や改善に、ぜひ茄子を★

 

 

茄子の嬉しい体への効果

他には、 体を冷やす効果 があります。

 

茄子は夏野菜の代表でもありますが、
きゅうりと同様に多くの水分を含んでいます。

 

そして、体を冷やす効果があります!

 

なので、夏の暑い時期に、きゅうりやナスを食べることは
体にとって良いこと。

 

暑さでまいっているときは、
茄子を食べて、夏バテを防ぎましょう。

 

また、カリウムも含まれているので、
利尿作用もあります^^
 

 

まとめ

今回は茄子の栄養価や、効果・効能について
まとめました。

 

栄養がないと言われている茄子ですが、
体に良い効果があります♪

 

日頃から茄子を食べて成人病の予防につとめるのもよし、
夏バテを防止するのに茄子を食べても良いです^^

 

うまく活用して美味しく健康に★

★こちらの記事もどうぞ
茄子の種が黒い、これは食べられる?茄子が茶色に変色した場合は?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ