きゅうりの栽培で水やりや肥料(追肥)はどうする?わき芽かきは?

Sponsored Link


今日は、きゅうりの栽培における水やりや追肥をテーマにしていきたいと思います^^

 

真夏の時期に栽培するきゅうりですが、
水やりや追肥はどうすれば良いでしょうか。

 

また、わき芽かきはした方が良いのでしょうか。

そんなきゅうりの栽培についてまとめていきます。

195c0a7e54697e666d78fe7eabac18ef_s

 

きゅうりの栽培・水やり

きゅうりの旬の時期は6~8月 とされています。

 

真夏の時期に育つきゅうりですが、
生育温度は18~25℃ 程度とされています。

 

ですので、真夏に栽培されているきゅうりですが、
割と涼しい環境も好む作物といえます。

 

そんなきゅうりはプランター、畑のどちらでも
栽培することができます。

 

 

プランターの場合 は、
きゅうりは乾燥に弱い作物ですので、
乾燥しないように、たっぷり水を与える ようにします。

 

真夏の昼間は水が高温になるので、
夕方にたっぷり与えるようにします。

 

もしくは朝に水やりを行いましょう。

少量を与えるのではなく、
一度にたっぷり与えるようにします。

omatsuri_food_56

 

地植えの場合 は、
土自体に水分を含んでいるので、
雨が降らない時期が続いたら、
水を与える
ようにしましょう。

Sponsored Link

きゅうりの栽培・追肥、肥料

きゅうりは発芽してから60日程度で、
収穫できるようになるので、成長はかなり早いといえます。

 

肥料切れも起こさないように、
しっかり与えるようにします。

 

追肥のタイミングとしては、
本葉が 10~12枚 程度に成長したら追肥を行います。

 

2週間に1回程度
追肥のタイミングとします。

 

ポイントとしては、
チッソ分ではなく、 リン酸分が多い肥料
施すようにしましょう。

 

肥料は、60~70g/m2とし、
最初の追肥は、株元の方に与えて、
回数を増やすごとに、
株元から離れるようにして肥料を与えます。

 

また、追肥のタイミングで、
敷き藁を敷いておくと、
泥の跳ね返りを防ぐため病気予防にもなりますし、
地温の上昇を防ぐ効果もあります。
 
 

きゅうりのわき芽かきはどうする?

わき芽かき=脇芽欠きです。

 

実がなる茎に充分栄養がいきわたるようにし、
余分な茎に栄養が渡らないようにするために
重要な作業になります。

 

初めの 6節目 までに出てくるわき芽・雌花は
全て摘み取るようにします。

 

そして、そのあとでてくる側枝も 2節目
摘み取るようにします。

 

つまり、3節目のすぐ下で切り取るようにします。

 

そして、さらにそこからでてきたわき芽も同様に、
2節目までで切り取るようにします。

 

こうすることで、
たくさんの収穫が望めます^^

 

参考図

kyuri_pic_06

引用:http://www.suntory.co.jp/flower/homegardens/howto/lineup/kyuri.html

 

まとめ

今回は、きゅうりの栽培における、水やりや追肥、
そしてわき芽かきをテーマにしてまとめてみました。

 

きゅうりはプランターでの栽培も可能ですが、
乾燥させすぎないように注意が必要です。

 

そして発芽から収穫まで短時間ですが、
肥料切れをおこさないように、2週間に1回程度の
追肥が必要です。

 

★こちらの記事もどうぞ
きゅうりを栽培してみよう!剪定・摘心や摘葉、注意することは?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ