茄子の種が黒い、これは食べられる?茄子が茶色に変色した場合は?

Sponsored Link


今日は、茄子の種をテーマにしていきたいと思います^^

 

スーパーでナスを買ってきて、切っていたら黒く変色していた…
という経験がある方も多いのではないでしょうか。時には茶色に。

 

種が黒く変色していると、これって食べられるの?
と不安に思う方も多いと多いと思います。

 

今日は、そんなナスの変色についてまとめていきます^^

ma_291

 

ナスの種が黒い…食べられる?

スーパーで茄子を購入してきて、保管し、
いざ食べようとしたら、切ったときに茄子の種が
黒く変色していた…

 

という経験をされたことがある方は多いと思います。

 

私もよく遭遇していたのですが、特に気にせず食べていました。

nasuage01-thumbnail2

引用:http://h.ten-t.net/article/365690397.html

でも、やはり食品が変色すると、
食べられないのかな、と不安に思う方も多いですよね。

 

そして、茄子の種が黒く変色した場合ですが、
結論から言うと、、
問題なく食べることができます^^

 

 

茄子の種が黒くなってしまうのは、
たしかに、茄子が 悪くなってきている証拠 です。

 

茄子は、水分も多く割と痛みやすいので、
冷蔵庫内に放置していくと種の方から傷んでいきます。

 

もともと夏が旬の野菜ですので、
冷蔵庫内にいれておくと、低温障害により、
種が変色してしまいます。

 

なので鮮度は落ちている証拠ですが、
食べるということに関しては全く問題ないので、
調理して食べても大丈夫です^^

 

冷蔵庫で保存する際は、
直接茄子に冷気があたらないように、
ナスをキッチンペーパー等で包み、
そのあとポリ袋にいれておくと長持ちします^^

 

低温が苦手といっても、夏場の常温保存は日持ちしないので、
新聞紙に包んで、冷暗所で保存するのが
適しています。

Sponsored Link


ただ、茄子は劣化しやすいので、
購入したら早めに食べるというのが得策といえそうです^^

漬物も絶品♡

 

茄子が茶色く変色したものは食べられる?

種が黒く変色することがありますが、
茄子の白い部分が、茶色く変色してしまうということもあります。

 

茶色くなっていると余計に心配になりますよね。

o0580038710240947094

引用:http://matome.naver.jp/odai/2136747845704884701

 

茄子の白い部分が茶色くなってしまうのは、 低温障害 が関係しています。

 

茄子は、低温に弱く、冷蔵庫で保存していると、
低温障害といって、 5度以下 の環境にいれておくと、呼吸の妨げとなり
茄子が柔らかくなったり、水っぽくなったりしてしまいます。

 

その影響で茄子が黒っぽくなったり、茶色くなったりしてしまうのです。

 

呼吸の妨げとなるので、
茄子の栄養や、味は落ちてしまいますが、
種が黒くなった場合と一緒で、
腐っているわけではないので、
食べることができます^^

 

 

安心して調理してしまってください★

 

ただ、やはり変色を防ぐためには、
購入したら、早めに使い切ることが大切です^^

 

もしくは、変色しないような保存方法を
実践してみてください^^

 

茄子の保存方法
茄子の保存方法は、冷蔵庫だとダメ?保存期間や長持ちするための方法とは!?

 

 

茄子はどの状態が腐っている?

種が黒くなっている場合も、茶色く変色している場合も食べることが
可能ですが、
以下の場合は、茄子が腐っていると
判断し、処分してしまいましょう。

 

腐っているポイントとしては…
・カビが生えている
・表面に凹凸がある
・ぬめりがある
・悪臭がする


 

これは、茄子が食べられない状態にあることを
指します。

 

冷蔵庫にいれているから茄子は安全というわけでは
ないので、茄子が長持ちするように保存して、
調理に活かしてください^^

 

 

簡単に作れるので茄子の消費にぜひ役立ててください♪

まとめ

今回は、茄子の種や実の変色についてまとめました^^

 

食べ物が変色していると、
食べて良いのか不安になりますよね。

 

基本的に野菜は低すぎる温度が苦手なので、
あれば、野菜室保管がおススメです!

 

場合によっては、夏場でも常温保存が良いものがあるので、
野菜によって保存方法を変えてあげましょう♪


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ