ゴーヤの食べ過ぎで下痢になることも?アレルギー症状も!生食はOK?

Sponsored Link

今日は、ゴーヤの食べ過ぎや下痢・アレルギーなどについてテーマにしていきたいと思います^^

 

ゴーヤの食べすぎは良くないのでしょうか。
またアレルギーはあるのでしょうか。

 

そんなゴーヤについてまとめていきます。

8f88f95e540f9d893c5458be29a994f0_s

 

ゴーヤの食べ過ぎで下痢になることも?

ゴーヤは夏が旬の野菜ですね。

 

そんなゴーヤが旬の夏の時期は、
ゴーヤチャンプルーやサラダにして
ゴーヤを食べることもあると思います。

 

人気のゴーヤですが、
実は食べ過ぎると、体に良くないとされています。

 

というのも、ゴーヤは食べ過ぎると
下痢を起こしやすい とされています。

 

ゴーヤは苦いのが特徴ですが、
その苦味成分が、体に影響を与え、
下痢や胃痛・腹痛 を起こすとされています。

 

また、ゴーヤは水分が多く含まれており、
体を冷やす効果 もあるので、
そういった点で下痢を起こしやすいのです。

478544f851fccbcdadbecf190283b87b_s

温暖な環境で育った作物は、下痢になりやすく、
他にも、バナナやマンゴー等も、
食べ過ぎると下痢になりやすいとされています。

 

また、ゴーヤの苦味成分である「モモデルシン 」は、
胃の粘膜を保護し、食欲を増進させる効果がありますが、
場合によっては、モモデルシンによって、
胃が刺激されて消化液を過剰にだし、
胃痛 が生じることがあります。

 

こういった点から、ゴーヤは食べ過ぎてしまうと
下痢になってしまうこともあるので、
過度に食べるのは注意が必要です。

 

もちろん人によっては、食べても下痢にならない方も
いますが、合わない方は体調に影響がでてしまいます。

 

生の玉ねぎを食べても、
胃が痛くなったり、下痢になったりする人がいますよね。

 

ゴーヤは1日の摂取目安量は決まっていませんが、
何かしら体調に影響がでたことがある方は、
1/2~1本にとどめておくのが良いでしょう。

 

たくさん食べたいという方も、
あらかじめ苦味を少なくしてから
食べるのが良いですね。

 

★苦味を少なくするにはこちらをどうぞ
ゴーヤの下処理・下ごしらえ方法!あく抜きの方法は?切り方も紹介!

Sponsored Link

ゴーヤにアレルギーも?

体に良い成分が多く含まれているゴーヤですが、
人によっては、アレルギー症状が起こることもあります。

 

ゴーヤで起こるアレルギー症状としては、
卵やそばを食べて起こるようなアレルギーではなく、
頭痛・下痢・嘔吐・肌荒れ
などの症状が体に起こります。

 

また、大人になってそれまで何の問題もなかったのに、
急に発症することもあります。

 

ですので、最近ゴーヤを食べると、
頭が痛くなったり、下痢を起こしたりするという方は、
アレルギー症状を発症しているかもしれないので、
自己判断せずに病院で検査をしてもらうようにしましょう。

sick_anaphylaxis

稀ではありますが、
アナフィラキシーショック を起こしてからでは
遅いので、
あらかじめ検査をして、自分にどんなアレルギーがあるのかを
チェックしておくと良いと思います。

 

 

ゴーヤの生食はOK?

基本的に加熱して調理するゴーヤですが、
生食もOKなのでしょうか。

 

結論からいうと、
ゴーヤは 生食もOK です^^

ve_6446

ただ、加熱して調理することが多いのは、
ゴーヤの苦味が強いからで、
ゴーヤは炒めたり、茹でたりすると、
苦味成分のモモデルシンが流出し、
苦味が少なくなります。

 

ですので、ゴーヤチャンプルーなどでは、
苦くないものもありますね。

 

基本的に苦味をなくすには、
・塩をもみこむ
・砂糖をもみこむ
・水にさらす
・茹でる
・油で炒める


等の調理法を行うことで、
苦味が少なくなるとされています。

 

ですので、生食したい場合は、
塩・砂糖をもみこみ、10分ほど放置してから
調理すると良いです^^

 

生の場合でも、サラダやピクルスにして
美味しく食べられます。

 

生食の場合は、なるべく薄くスライスすると、
苦味も少なく感じます。

 

★こちらもどうぞ
ゴーヤは生で食べるのはOK?栄養素は何がある?苦くないゴーヤチャンプルーも!
 

 

まとめ

今回は、ゴーヤの食べ過ぎやアレルギー、生食について
まとめてみました。

 

ゴーヤは食べ過ぎると、胃痛や下痢などの症状が
起こる可能性もあるので、注意が必要です。

 

また、稀にアレルギー症状も起こります。

 

ゴーヤを食べて下痢や嘔吐がある場合は、
アレルギーの可能性もあります。

Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ