ゴーヤの種類を写真で紹介!選び方や見分け方は?にがうりとの違いは?

Sponsored Link


今日は、ゴーヤの種類をテーマにしていきたいと思います^^

 

ゴーヤの種類を写真で紹介していきたいと思います。
また、ゴーヤの選び方や見分け方はどうすれば良いでしょうか。

 

ゴーヤの種類についてまとめていきます。

goya_bittergourd

 

ゴーヤの種類は?

夏が旬の野菜のゴーヤですが、
もとは沖縄や鹿児島で栽培されていました。

 

ですが、最近では日本全国で栽培されています。

 

一般に、緑色のものでゴツゴツしたものが
一般的なゴーヤとして知られていますが、
他にもいろいろな種類があるのです。

 

そんなゴーヤの種類についてまとめていきます。

 

 

ゴーヤの種類・ゴーヤ

ve_6446

一般的な緑のゴーヤを指します。

 

歯ごたえもありますが、
特徴としては、独特の苦味です。

 

ゴーヤチャンプルーとしても人気があります。
そんなゴーヤは、緑色の皮をしていますが、
ビタミンC が豊富に含まれているのが特徴です。

 

そんなゴーヤですが、品種が多くあります。

 

品種を紹介すると、
沖縄あばしゴーヤ :長さ20〜25cm で苦味が少なめ
沖縄中長ゴーヤ :長さ25〜30cmで太くて長い
さつま大長ゴーヤ :長さが35cmを超える大型品種
島さんご :長さ25~30cmで太い
にがにがくん :長さ30cm程度ですが、かなり苦いのが特徴
沖縄願寿ゴーヤ :長さ30〜35cm で肉厚で大きいのが特徴
島娘 :長さが30cm程度の節ごとに実がなるタイプ
島心 :長さが25~30cmにもなり肉厚。平均400g程度に。


 

 

ゴーヤの種類・白ゴーヤ

ve_2076

白ゴーヤは、一般的な緑色のゴーヤとは違い、
ゴーヤなのに白いのが特徴です。

 

また、白ゴーヤは、緑のゴーヤと比較して、
いぼがゴツゴツしていないのが特徴です。

 

そして苦味が少ないので、
ゴーヤでは珍しく生食にもむいています。

 

そんな白ゴーヤも、緑のゴーヤと同じように
様々な品種があります。

 

白れいし :10~20cmと小型
純白ゴーヤ :白くて、苦味が少ないのが特徴
白大長ゴーヤ :30cmを超えるものもある大型、苦味も少ない
白願寿ゴーヤ :700gを超える大型品種


Sponsored Link

ゴーヤの種類・ミニゴーヤ

名前の通り、ゴーヤの中でも、かなりサイズが小さい
ゴーヤを指します。

 

一般的なゴーヤは25~30cm程度のサイズまで
成長しますが、それに比べて、
10~15cm 程度のサイズで、手に乗るほどの
ミニサイズです。

 

基本的には、ミニサイズであっても苦味が少ないのが
特徴ですが、以下のような品種もあります。

 

すずめゴーヤ :サイズが5cmほどと小さいですが、
とても苦いのが特徴。

 

 

ゴーヤの種類:なめらかゴーヤ

ve_1497

ゴーヤといえば、表面のゴツゴツしたものが
特徴ですが、なめらかゴーヤは、その表面のゴツゴツが
なく、なめらか です。

 

そして、果皮の色が少し薄く、苦味も少ないのが特徴です。

 

品種としては「きん肉ゴーヤマン」があります。

 

このようにゴーヤには、多くの種類、そして、品種があります^^

 

 

ゴーヤの選び方・見分け方

夏が旬のゴーヤは暑い時期になると、
多くのスーパーでも見かけるようになります。

 

そんなゴーヤはどのようなものを選べば良いのでしょうか。

 

ポイントとしては
・イボが多く密集している
・緑色が濃い
・ハリ、ツヤがある
・太さが均一
・重みがある
 

逆に、イボがつぶれていて傷があるものは
避けるようにします。

 

また、一般に、イボが大きく、緑色の薄いものは
苦味が薄い傾向 にあるので、
苦味が苦手な人は、薄いものを選ぶと良いです^^

8f88f95e540f9d893c5458be29a994f0_s

苦味が強いものも新鮮な証拠です。

 

種子を取り除いて、炒め物などにして調理するのが
良いですね。

 

 

ゴーヤとにがうりとの違いは?

ゴーヤ・にがうりと表記されることが多いですが、
ゴーヤとにがうりは
同じもの です。

 

一般に、苦いので、「にがうり」
と表記されることが多いですが、
もともと沖縄では「ゴーヤ・ゴーヤー」
と呼ばれており、
それが全国区に広まるようになり、
今では、ゴーヤとも呼ばれるようになりました。

 

また、他には、「ツルレイシ(蔓茘枝)」
という呼び名もあります。

 

こちらはどちらかというと、
栽培・生物学上呼ばれることが多いです。

 

ですので、「レイシ」として種が販売されていることもありますが、
ゴーヤ・にがうり・レイシは
すべて同じものを指します。

 

ゴーヤチャンプルーの影響により、
ゴーヤというのも一般的な呼び名になってきたような
気もしますね^^
 

 

まとめ

今回は、ゴーヤの種類や品種、そして選び方や見分け方等を
テーマにしてまとめてみました。

 

ゴーヤにはいろいろな種類がありますね。

 

スーパーでは、緑の濃いゴーヤが一般的ですが、
あれだけではないのです^^

 

苦味が少ないものが良い方は、
白いゴーヤもチャレンジしてみると良いかと
思います^^

 

そこまで長持ちするわけでもないので、
購入後は、適切な保存を♪

ゴーヤの保存方法!冷凍保存方法もある?保存期間・賞味期限は?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ