ゴーヤの苦味の取り方は?苦味成分は何?苦味抜きの仕方や抑えるには?

Sponsored Link


今日は、ゴーヤの苦味の取り方や苦味成分をテーマにしていきたいと思います^^

 

ゴーヤといえば、独特の苦味が特徴ですが、
苦味はどのようにすれば取れるのでしょうか。

 

そんなゴーヤの苦味の取り方や成分についてまとめていきます。

8f88f95e540f9d893c5458be29a994f0_s

 

ゴーヤの苦味成分は何?

ゴーヤには、独特の苦味がありますが、
その苦味成分は、「モモデルシン」
という成分です。

 

このモモデルシンには、良い効果もあり
・がんを抑制
・動脈硬化を予防
・胃の粘膜を保護
・食用増進


 

の効果もあるとされています。

 

ですので、ゴーヤの旬といえば、
夏の暑い時期ですが、夏バテしがちな時期にゴーヤを
食べると、夏バテ解消にもつながります。

 

また、 ビタミンC 含有量も多く、
食物繊維 カリウム も含まれています。

 

緑黄色野菜には分類されないゴーヤですが、
栄養はたっぷり含まれています^^

 

★こちらの記事もどうぞ
ゴーヤの栄養価が高い!栄養成分は?効能や効果は何がある?

 

ビタミンC含有量は、トマトの5倍以上ともされています。

Sponsored Link

ゴーヤの苦味の取り方は?苦味抜き方法を紹介!

さて、そんな栄養もバッチリのゴーヤですが、
苦味が強くて食べにくいというデメリットも
あります。

 

その苦さが良いという場合もありますが、
苦すぎると、そっちに気を取られてしまいますよね。

 

そんなゴーヤの苦味は、軽減させることができます。

 

 

方法としては、
1・まずは、ゴーヤを半分に切り、
ワタや種を取り出します。
 

半分に切ってから、取り除いてもOKです。

20160602115139

 

2・そのまま切り口を下にして、
お好みのサイズに切っていきます。


 

苦味を多く取り除きたい・サラダにしたい場合は、
2mm がおススメです。


20160602115217

食感を残したいのであれば、 4~5mm がおススメです。

 

 

3・そして、切ったゴーヤはボウルにいれ、
ゴーヤ1本に対し、
塩小さじ1杯+砂糖小さじ2杯をいれて
軽く揉みこみ、そのまま10分ほど放置します。


20160602115030

そうすると、ゴーヤから水分が抜けてきます。

 

 

4・塩もみ後のゴーヤはさらに茹でます。

 

1ℓ程度のお湯を沸かし、
そこにゴーヤをそのままいれて、2mm 10秒
4~5mm 幅のものは、 30秒 ほど茹でるようにします。


20160602115046

 

5.茹でたものはザルにあけ、
冷水で粗熱を取り除きます。


粗熱がとれたら、ザルにあけ、
水気をしぼったら完成です^^


 

このままサラダにも使用できますし、
ゴーヤチャンプルーに使用もできます。

 

 

ゴーヤの苦味を抑えるには?

他にも、ゴーヤの苦味を抑える方法はあるので、
合わせることにより、
さらに苦味を感じにくくすることができます。

 

・酢になじませる
ゴーヤを切ったあとに、酢になじませることで、
ゴーヤの苦味成分「モモデルシン 」も一緒に
流出します。

 

・油と合わせる
ゴーヤチャンプルーは、油と炒める料理ですが、
油で炒めたり、素揚げをすることによって、
苦味を和らげることができます。

 

・うまみ成分と合わせる
ゴーヤは、 鰹節 等のうまみ成分と合わせることで、
苦みが少なくなるとされています。

 

ゴーヤチャンプルーにも鰹節をかけることで、
さらに苦味が少なくなります。

 

マヨネーズなどと合わせてサラダにする場合でも、
鰹節を混ぜることで、苦味が少なくなりますね^^

 

 

また、苦味を気にするのであれば、購入する際に、
ゴーヤの緑色が薄く、
ゴツゴツの部分が大きい方が、苦味が少ない

ゴーヤとされていますので、
そういったものを選ぶのも良いかと思います。

 

反対に、苦味が好きな方は、
ゴーヤの緑色が濃く、
ゴツゴツの部分が小さいものの方が、
苦味が強いとされているので、
そちらを選ぶと良いですね。

 

★ゴーヤの選び方についてはこちらをどうぞ
ゴーヤの種類を写真で紹介!選び方や見分け方は?にがうりとの違いは?
本葉沖縄県産のゴーヤも♪
 
 

まとめ

今回は、ゴーヤの苦味成分や苦味の取り方をテーマにして
まとめてみました。

 

ゴーヤの苦味成分の正体は、「モモデルシン」という成分ですが、
モモデルシンは、体に良い効果もたくさんあります♪

 

塩・砂糖でもみこみ、
さらに茹でることで、苦味を軽減させることもできます。


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ