きゅうりを栽培してみよう!剪定・摘心や摘葉、注意することは?

Sponsored Link


今日は、きゅうりの栽培におけるポイントとしては、剪定・摘心や摘葉を
行うことです。

 

芽や葉を摘み取るのは、きゅうりにかわいそうな気がしますが、
そうすることで、成長が促されて、
しかも、きゅうりの実がよく育つことにつながります。

 

というわけで、きゅうりの摘心や摘葉の注意点についてみていきましょう^^

b52529c4

 

きゅうりの栽培の剪定・摘心・摘葉とは

きゅうりは成長が早いので、つるがどんどん伸びてしまう
作物です。

 

なので、育つのはいいのですが、同時に、茎やきゅうりの先端を
切り取るという作業が必要になってきます。

 

ちょっと面倒くさい…と思える作業なのですが、
これをすることで、きゅうりの実が
しっかりとなるので、
どうせきゅうりを育てるのであれば、
剪定・摘心・摘葉を行うようにします。

 

 

親づるの摘心

img_2

きゅうりの摘心のポイントとしては、
どんどん親づるが成長してしまうので、
支柱にもよりますが、大人の目線くらいで、
親づるを摘心します。

 

つまり先端をカットしてしまうということですね。
なんだかかわいそうな気もしますが、
上にどんどん伸びても、実があまりならないし、、
子づるを成長させるためです。

 

そして、他には、親づるの6節目までにでてきたわき芽
全てつみとるようにします。

 

6節目以降の子づるできゅうりの実を収穫します。

 

これで上の成長を促します。

Sponsored Link

子づるの摘心

6節目以降で子づるがでてきたら、
子づるは、2節目で摘心するようにします。

 

そうすると、実がなってきます。

 

芽がでてきたら芽を取りながらきゅうりを育てていきます。

 

栄養不足だと、実もならないので、
追肥を忘れないようにします。

 

追肥は、2週間に1回を目安に行うようにしましょう。

kyuri_pic_06

画像引用元:http://www.suntory.co.jp/flower/homegardens/howto/lineup/kyuri.html

参考動画

きゅうりの摘葉のポイント

摘心と同時に、摘葉も必ず行うようにします。

 

きゅうりは葉も多いので、成長すると葉っぱだらけの
状態になります。

 

そうすると、太陽の光が当たりにくくなり、成長を阻害してしまう
ことになります。

 

なので、成長してきたら不要な葉を摘み取るようにします。

080704病気の葉を落としてスカスカのキュウリ

といっても、多くの葉を一気にむしりとるのではなく、
大きな葉、枯れた葉や、古くなった葉を中心に摘葉します。

 

一気にやると、負担がかかるので、1日2~3枚程度におさえます。

 

 

まとめ

きゅうりの摘心や摘葉についてまとめました。

 

きゅうりを栽培することでかかせない作業ですね。

 

摘心や摘葉を行って、
きゅうりの成長を促しましょう。

 

良いきゅうりの実がたくさんなると良いですね^^

★こちらの記事もどうぞ
はじめてでもきゅうりの育て方!プランターや支柱は何を選ぶべき?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ