枝豆の栄養素や成分は何がある?効能や効果がすごい!?

Sponsored Link


今日は、枝豆の栄養素や成分をテーマにしていきたいと思います^^

 

枝豆の栄養にはどのような効能や効果があるのでしょうか。

 

枝豆についてまとめていきます。

edamame

 

枝豆の栄養素や成分は?

枝豆というと、おつまみというイメージがありますが、
栄養価も高いので様々な料理にも活用したい食材です。

 

そんな枝豆ですが、どのような栄養が含まれているのでしょうか。

 

食品成分表をもとにすると、枝豆(ゆで)の
100gあたりの栄養成分は
以下のようになります。
枝豆(ゆで)
エネルギー(kcal) 135
たんぱく質(g) 11.5
脂質(g) 6.1
炭水化物(g) 8.9
カリウム(mg) 490
カルシウム(mg) 76
マグネシウム(mg) 72
リン(mg) 170
鉄(mg) 2.5
亜鉛(mg) 1.3
銅(mg) 0.36
βカロテン(μg) 290
ビタミンE(mg) 0.6
ビタミンK(μg) 33
ビタミンB1(mg) 0.24
ビタミンB2(mg) 0.13
ビタミンB6(mg) 0.08
ビタミンc(mg) 15
葉酸(μg) 260
食物繊維(g) 4.6
 

このようになっています。

 

枝豆は、大豆であり、そして野菜に分類されているので、
豆としてたんぱく質を多く含み、
そして野菜としての特徴もあり、ミネラルやビタミンも
豊富に含んでいます。

 

また、大豆には少ない、
βカロテン ビタミンC も含んでいるのが特徴です。

 

注目すべき栄養素は、
ビタミンB1、カリウム、食物繊維、鉄分などです。

 

枝豆は、食物繊維も豊富に含んでおり、
食物繊維が多く含まれているイメージのある
かぼちゃやさつまいもよりも多く含まれています^^

Sponsored Link

枝豆の効果や効能は何がある?

様々な栄養素が含まれている枝豆ですが、
どのような効果や効能があるのでしょうか。

4fdbfc981ba539924faff23d5e34d6d8_s

メチオニン・肝機能

枝豆はお酒を飲むときにおつまみとして
食べますが、これは理にかなっています。

 

枝豆には、アミノ酸の一種である「メチオニン」が
含まれているのですが、
これはビタミンB1やビタミンCと一緒に、
アルコールの分解 を促進し、肝臓の働きを助けてくれる
効果があります。

 

ですので、お酒と一緒に摂取することで、
二日酔いの予防 をしてくれます。

futsukayoi

ついつい飲み過ぎてしまう方は、
枝豆と一緒に摂取するのも良いですね^^

 

 

ビタミンB群・疲労回復

枝豆には、多くのビタミンB群が含まれていますが、
ビタミンB群はエネルギー代謝に関与しています。

 

特にビタミンB1は、豚肉にも多く含まれていますが、
エネルギー代謝に関与しており、
糖質をエネルギーに変える 働きがあります。

 

他の野菜に比べてビタミンB群が多く含まれているのは、
大豆の面も持っているからですね。

 

 

カリウム・むくみ解消

枝豆にはカリウムも多く含まれており、
カリウムは、体内の塩分濃度を正常に保つ効果があるので、
体内の水分量を調整し、 むくみの解消 の効果もあります。

 

また、塩分(ナトリウム)の排泄を助けるため、
高血圧を改善する効果もあります。

 

 

鉄分・貧血予防

鉄分不足に陥ると、貧血となり、体に様々な症状が
現れます。

 

特に女性は男性よりも必要とされています。

 

枝豆には、鉄分が多く含まれており、
野菜の中で多く含まれているイメージのある
ほうれん草、小松菜よりも多くの鉄分を
含んでいます。

 

鉄分は妊娠中にも摂取したい栄養素ですね^^

 

枝豆を手軽に摂取♪
 

まとめ

今回は、枝豆の栄養素や効能・効果をテーマにして
まとめてみました。

 

枝豆には多くの栄養素が含まれており、
ビタミンやミネラルも多く含まれています。

 

疲労回復や貧血、むくみ解消にも効果があります。

 

冷凍しておけば、手軽に摂取できる枝豆ですが、
お酒を飲む際も、摂取したいですね。

 

★こちらの記事もどうぞ
枝豆の保存方法!賞味期限はどれくらい?日持ちはするには?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ