かしわと鶏肉の違いは何?アレルギー症状もあるの?

Sponsored Link


今日は、かしわと鶏肉の違い、そして鶏肉のアレルギー症状をテーマにしていきたいと思います^^

 

鶏肉のことを【かしわ】と呼ぶことがあるのですが、この違いは何でしょうか。

 

また、鶏肉にアレルギー症状はあるのでしょうか。

 

そんな鶏肉についてまとめていきます。

animalface_niwatori

 

かしわと鶏肉の違いは?

鶏肉のことを【かしわ肉】 と呼ぶ人がいますよね。

 

このかしわ肉、鶏肉とは違うのでしょうか。

 

正確には、 鶏肉=かしわ肉 ではありません。

 

鶏肉というのは、
鶏の肉を指し、鳥肉(すべての鳥の肉)とは区別されます。

 

そして、鶏肉といっても、軍鶏や烏骨鶏なども
鶏肉に分類されています。

bird_syamo

そして、かしわ肉は、鶏の中でも
日本原産の羽毛が茶褐色をしている鶏 を指します。

 

語源には諸説ありますが、
羽毛の色が柏餅に使用する【葉】の色と
似ていたことから、
柏と呼ばれるようになったというのが
有力とされています。

 

他には、柏手を打つ姿と、鶏が羽ばたく姿が
似ていたことなどから、
かしわと呼ばれるようになったという説もあります。

 

そして、かしわ=【黄鶏】
と表記します。

 

というわけで、すべての鶏肉ではなく、
黄色い鶏、
つまり茶褐色の和鶏肉を指します。

Sponsored Link


しかし、かしわと鶏肉のことをいうのは、
現在では、
秋田県や近畿地方の一部(愛知県や富山県)
そして九州地方の一部の地域だけのようです。

 

関東では、鶏肉のことは【かしわ】とは
あまり呼びません。

 

というわけで、かしわは 方言 なのか…
と思ってしまいますが、
実は、理由があり、

 

かしわという言葉が西日本でよく使われているのは、
関東の地域では、
かしわ(黄鶏)よりも軍鶏を好んでいたようで、
かしわが食されていなかったことから、
言葉自体も広まらなかったんだそうです。

 

というわけで、かしわという言葉は方言ではないんですね^^

 

かしわも鶏肉のことを指しますが、
すべての鶏肉のことを表すわけではありません^^

 

★こちらの記事もどうぞ
鶏肉の栄養価が高い!鶏むね肉や鶏もも肉の効果や効能がすごい!

鶏肉にアレルギー症状はある?

アレルギーの食品といえば、思い当たるのは
卵、小麦、乳、えび、かに、そば、落花生
7品目ではないでしょうか。

 

これらの食品は、表示義務があるほど、
アレルギー症状を発症する方が多い、要注意食品です。

sick_anaphylaxis

そして、卵アレルギーがある人は、鶏肉も食べてはいけないのか…
と心配になるところですが、
卵アレルギーの人でも鶏肉は食べても大丈夫
とされています。

 

現在の見解では、卵アレルギーと鶏肉の関係は
ないとされていますので、鶏卵アレルギーがある方も、
鶏肉は食べることができます。

 

以前は、卵アレルギーがある人は、
鶏肉もダメとされていましたが、
最近の医学の見解ではOKのようです。

 

しかし、注意しなくてはいけないのは
食肉アレルギー 】です。

niku_tori

このアレルギーは稀ですが、
肉類(牛・豚・鶏など)にアレルギー反応を示す方もいます。

 

食肉アレルギーを起こす方は、
肉に対してだけ反応するのではなく、
他の食品でもアレルギーがあり、アトピー性皮膚炎などの症状をもつ方に
症状が起こりやすいとされています。

 

ですので、多種食物アレルギーのある方は、
稀ではありますが、鶏肉でも腫れ・痒み、じんましんなどの
症状が起こることがあります。

 

多種食物アレルギーのある方は、
肉類でも食べる際には、注意が必要です。

 

何か症状がでた場合は、かかりつけの医者に相談した方が
良いでしょう。

 

 

まとめ

今回は、鶏肉とかしわの違いや、鶏肉アレルギーについて
まとめてみました。

 

実は、鶏肉=かしわではなかったんですね^^

 

また、卵アレルギーの方は、鶏肉も心配すると思いますが、
最近の見解ではOKとされています。

 

ただ、多くの食品でアレルギー症状がでる方は、
鶏肉でもアレルギー症状が起こる可能性もあるので
注意しましょう。

 

かしわ料理かしわめし♪


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ