牛肉の栄養は部位によって違います!体への効能や効果がすごい!

Sponsored Link


今日は、牛肉の栄養をテーマにしていきたいと思います^^

 

牛肉には様々な部位がありますが、栄養が違っていたりします。
そうなると、体への効果や効能もさまざま★

 

というわけで、今日は、牛肉の栄養成分について
まとめていきたいと思います^^

tiku014

 

牛肉の栄養成分はどんなものがある?

では、まずは大まかに牛肉の栄養成分について
みていきましょう^^

 

牛肉といえば、タンパク質がたくさん含まれている
イメージがある方も多いのでは。

 

牛肉には、体で構成できないタンパク質の必須アミノ酸
バランスよく含まれています。

 

タンパク質は、体を構成する大切な栄養成分なので、
タンパク質が不足すると、
皮膚がぼろぼろになったり、髪や爪も
パサついてきます。

 

他には、貧血の予防になるヘム鉄が含まれています。

 

ヘモグロビンを構成する栄養素で体には必要不可欠です。

 

ヘム鉄は、野菜や海草に含まれる非ヘム鉄よりも、
吸収しやすいという利点があります。また亜鉛も
多く含まれているので、
貧血の方にはおススメしたい栄養素といえます。

 

 

他には、精神の安定を図る「セロトニン」や、
老化防止に効果のあるビタミンEなども
含まれています♪

 

牛肉を食べて食物繊維も一緒にとろう♪


 

牛肉の部位別栄養素★効果や効能

では続いて、部位別に含まれる栄養素について
みていきましょう^^

牛レバーの栄養

レバーは、銅が多く含まれていて、
貧血予防に役立つと言われています。

reba_main

牛レバーにはビタミンB12や銅が多く含まれています。
100gあたりの含有量が一食の理想量に対し、
ビタミンB12が 約7倍
そして銅は 約20倍 も含まれています。

Sponsored Link


ビタミンB12は、不足すると神経障害や睡眠障害を
ひきおこします。

 

調理法としては、
ステーキや、ニンニク炒めにするのがおススメです。

 

ただ過剰摂取が心配されるビタミンAも大量に含まれているので、
毎日のように食べるのはおススメできません。

 

 

牛ハツの栄養

牛ハツは牛肉の心臓です。

00000311_photo1

焼き肉や煮込み料理にも使用される部位です。

 

牛ハツには、牛レバーと同じようにビタミンB12、
そしてビタミンB2が多く含まれます。

 

ビタミンB12は、100gあたり、1食分の理想量の
約15倍
ビタミンB2は、 約3倍 含まれています。

 

ビタミンB2は、脂質代謝に関係があるとされ、
口内炎やニキビ、老化防止に役立つとされている
ビタミンです。

 

 

牛マメの栄養

牛の腎臓をさします。

 

家庭での調理としては、臭みを取り除いてから、
煮込み料理にすることが多く、
焼き肉店で提供されることも多いです。

ad08493eeec4e89a66dfe86371b155be

この牛マメは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パントテン酸、鉄などが
豊富です。

 

ビタミンB12は、100gあたり、1食分の理想量の
約30倍
葉酸は 約3倍
セレンは、 約3倍 の含有量があります。
 

 

まとめ

今回は、牛肉の栄養素、部位別の栄養素についてまとめました。

 

通常のロースやヒレ肉とはまた違う味の
内臓ですが、
かなり多くの栄養素を含んでいることがわかります^^

 

焼肉にいった際は、ビタミンB12が多く含まれている
ロースなどのお肉だけではなく、
ハツやレバーを食べてみるのもおススメします♪

 

精神が安定するセロトニンの含まれている牛肉を食べて、
身も心も幸せになりましょう★

★こちらの記事もどうぞ
牛肉の価格の相場はどれくらい?スーパー・コストコ・イオンの比較まとめ


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ