玉ねぎのアレルギー症状とは?食べ過ぎるとどんな症状が起こるの?

Sponsored Link


今日は、玉ねぎのアレルギー症状をテーマにしていきたいと思います^^

 

玉ねぎにはどのようなアレルギー症状があるのでしょうか。
また、玉ねぎを食べ過ぎると、体にどのような症状が起こるのでしょう。

 

そんな玉ねぎのアレルギー症状についてまとめていきます。

tamanegi_onion (1)

 

玉ねぎのアレルギー症状とは?

最近アレルギーという言葉を聞くことが
増えたと思いますが、
アレルギーの症状を発症する方が多くなっています。

 

そんなアレルギー症状を発症するのは、
IgE抗体が原因であり、
食べ物を摂取することによって、体の抗体が異常に
働き、皮膚や呼吸器官、消化器官などに影響を
与えます。

 

皮膚には湿疹やかゆみの症状が現れ、
咳、そして嘔吐などの症状が発生します。

 

症状がひどい場合は、
命に関わることもあり、
アレルギーには油断ができません。

 

さて、そんなアレルギーですが、
玉ねぎでも起こることがあるとされています。

haraita_man

玉ねぎのアレルギーとして起こるのは、
・頭痛
・吐き気
・めまい
・腹痛
・下痢
・湿疹

などの症状です。

 

酷いときには、呼吸困難となり、
救急車で病院に搬送されるレベルの
危険な状態に陥ることも…。

 

さて、そんな玉ねぎアレルギーですが、
原因は、玉ねぎに含まれる成分である
硫化アリル 】が原因とされています。

 

硫化アリルは、玉ねぎやネギ類に含まれている
成分で、血液をさらさらにする効果 があると
いわれています。

 

そして、ネギ類のあの独特の辛味・臭いは、
この硫化アリルが原因です。

 

硫化アリルは、気化しやすく、水に溶ける成分ですので、
水に漬けておくことで、玉ねぎの独特な辛味は
なくなりますよね。
また、加熱によっても、物質が変化し、
辛味は少なくなります。

 

ただ、稀に、加熱した玉ねぎに含まれる
成分【 ジアリルジスルフィド 】に反応して
アレルギー症状を発症することもあるので、
注意しましょう。

Sponsored Link


この成分は、赤血球を破壊する成分が
含まれており、よって、犬や猫は、
ネギ類を食べてはいけないとされています。

 

ですので、加熱したから大丈夫と思わず、
いずれにしろ、病院でアレルギーの検査を受けてみる
ことをおすすめします。

 

 

玉ねぎを食べ過ぎるとどうなる?

玉ねぎは食べ過ぎに注意が必要な野菜です。

 

食べ過ぎると、玉ねぎの成分である
【硫化アリル】【ケルセチン】 の影響で、
体に良くない症状がおこることがあります。

 

症状としては、
・胃もたれや吐き気、下痢
・体臭や口臭
・貧血

があげられます。

 

胃もたれや吐き気、下痢 は、玉ねぎの
殺菌作用が原因であり、
食べ過ぎると、善玉菌までもを殺してしまい、
その結果、体に症状がおこります。

 

また、胃壁を傷つけることで、
胃もたれや吐き気がおこったりします。

 

体臭や口臭 の原因は、硫黄物質が原因で、
汗として毛穴から放出されたり、
おならとして放出されることで、
卵の腐ったような臭いがしてしまうことがあります。

 

また、玉ねぎには、血液をサラサラにする成分がありますが、
食べ過ぎると、溶血作用が強くなり、
その結果、ヘモグロビンが少なくなって、
貧血の症状を引き起こすこともあります。

 

適量であれば、体に良い効果もあるたまねぎですが、
食べ過ぎると、このような副作用もあるので、
食べ過ぎには注意するようにしましょう。

 

★こちらの記事もどうぞ
玉ねぎの栄養がすごい!体への効果も期待できる
 
 

まとめ

今回は、玉ねぎのアレルギー症状や食べ過ぎた場合の
症状をテーマにしてまとめてみました。

 

玉ねぎを食べて気分が悪くなる人は、
アレルギーを疑ってみましょう。

 

また、食べ過ぎると、体に様々な影響があるので、
食べ過ぎには注意しましょう。

 

玉ねぎの栄養を手軽に


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ