キャベツのざく切り方法とは?実は食物繊維の量が少ない!?

Sponsored Link


今日は、キャベツのざく切り方法や食物繊維量をテーマにしていきたいと思います^^

 

キャベツのざく切りは、様々な料理に活用することができますが、
どのようにするのが良いのでしょうか。

 

また、キャベツには、食物繊維が多いとされていますが、
どれくらいの量が含まれているのでしょうか。

 

そんなキャベツについてまとめていきます。

kyabetsu_cabbage

 

キャベツの食物繊維量はどれくらい?

便秘となると、食物繊維の量を気にしますよね。
キャベツにはどれくらいの食物繊維が含まれているのでしょうか。

 

食品成分表をもとにすると、
キャベツ100gあたりの食物繊維量は、
水溶性:0.4g
不溶性:1.4g
計: 1.8g


 

このようになっています。
ですので、キャベツ100gで、 1.8g もの
食物繊維を摂取することができます。

 

主に、水溶性の食物繊維 というのは、
水分保持力が高く、水に溶ける食物繊維です。

 

腸内の余分は、食物繊維を吸収し、
水に溶けるとゲル状に変化します。

 

そしてコレステロールなどの余分な脂質も
吸着してくれる働きがあります。

 

一方の不溶性食物繊維 は、水に溶けない食物繊維で、
胃や腸の水分を吸収して膨らみます。

 

蠕動運動を活発にしたり、便通を促す効果があります。
不溶性の食物繊維ばかりとっていると、
腸内の水分を奪い、余計に便秘になるともいわれています。

Sponsored Link


水溶性と不溶性の理想は、 1:2 の割合が理想とされています。

 

そして食物繊維の摂取目標量は、20代の女性で 18g以上
されています。

 

他の野菜を見てみると、
水溶性 不溶性 総量
切り干し大根 3.6 17.1 20.7
ごぼう 2.3 3.4 5.7
かぼちゃ 0.7 2.1 2.8
モロヘイヤ 1.3 4.6 5.9
干し柿 1.3 12.7 14
アボカド 1.7 3.6 7.2
と、キャベツよりも食物繊維が多い野菜は
たくさん存在します。

 

もちろんキャベツにも食物繊維は含まれていますが、
野菜の中では、100g1.8gという食物繊維の量は、
多いというわけではないので、
注意しましょう。

 

 

キャベツのざく切り方法は?

キャベツの切り方の中では、
千切りキャベツがよく知られているかと
思います。

 

ですが、ざく切りも、
鍋・炒め物、など、非常に多くの調理に利用することが
できます。

 

ですので、覚えておくと非常に楽といえます^^

 

 

方法としては、
1・まずは、キャベツを切って、1/8程度の
大きさに切り分けます。
20160210023831

 

2.そのあとは芯の部分だけを
切り離します。


20160210023822

 

3・上から3cm程度の幅になるように
ざくざく切っていきます。


20160210023839

 

 

20160210023846

 

これで、キャベツのざく切りの完成です。

 

どんな料理にも利用できますし、
簡単に切れますので、
お試しあれ♪

 

 

まとめ

今回は、キャベツの食物繊維量や、キャベツのざく切り方法
をテーマにしてまとめてみました。

 

キャベツは、食物繊維が多いというイメージがあるかも
しれませんが、100g中で、1.8gというレベルであり、
もっと食物繊維が多い野菜もたくさんあります。

 

また、キャベツのざく切りは、非常に簡単で、
いろいろな料理にも活用することができます。

 

★こちらの記事もどうぞ
キャベツの千切りの保存方法は何が良い?冷凍保存は可能?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ