鶏肉による食中毒にも要注意!その潜伏期間や症状とは…

Sponsored Link


今日は、鶏肉の食中毒をテーマにしていきたいと思います^^

 

生肉を食べると食中毒になると言われていますよね。
お肉の中で、生肉で食べない方が良いと言われているのは、
主に、鶏肉と豚肉かと思います。

 

特に、梅雨や夏の時期は、食べ物が傷みやすいので
注意が必要ですよね。

 

これから心配な鶏肉、、今日は、食中毒についてまとめていきます。

pics2357

 

鶏肉による食中毒とは?

 

鶏肉による食中毒で、最も有名なものは
カンピロバクターです。

 

以前、私の友人が苦しみ、1週間ほど寝たきり…
という状態になったこともある感染症です。

 

油断大敵です。

 

他にも、鶏肉による食中毒としては、
腸管出血性大腸菌O-157もあげられます。

 

これらは夏だけではなく、1年中感染するものなので、
注意が必要です。

 

今日は、カンピロバクターについてまとめていきたいと思います。

 

 

鶏肉の食中毒による症状は?

では、代表されるカンピロバクターですが、
どのような症状があるのでしょう。

 

主な症状としては、下痢や腹痛、発熱などが
あげられます。

virus_syokuchudoku

熱は、39℃の高温がでることもあります。

 

他には、倦怠感や頭痛、めまいなどの症状もおきます。

 

初期症状は、風邪に似ているので、
風邪かな?とも思うのですが、
かなりの下痢と腹痛に苦しむことになります。

 

酷い下痢と腹痛があるため、抵抗力の弱い、
幼児やお年寄りは、症状が重症化してしまうこともあります。

 

特に、気をつけてあげる必要があるといえます。

 

 

食中毒菌の潜伏期間は?

カンピロバクターの菌に感染すると、
2日3日で症状が現れます。

 

症状としては、2~7日間の間で起こります。

 

潜伏期間は、短く、割とすぐに発症することが
多いです。

 

ただ、腸内に潜伏し、1週間ほど苦しむことも。

Sponsored Link


カンピロバクターは、家畜の腸にいる菌で、
生の鶏や、レバーにくっついていることが
多いです。

 

なので、生肉を素手で触って、他のものを触ると、
菌が他のものにもくっついてしまします。

 

症状がでるのも早いですが、
少量の菌でも症状が発症するので、とにかく
口にいれないことが大切です。

 

 

鶏肉の食中毒に感染しないために

鶏肉の食中毒に感染しないようにするためには、
まず加熱処理をすることが大切です。

 

カンピロバクターは、熱に弱く死滅してしまうため、
十分に加熱すれば、防げる感染症です。

furaipan

なので感染する場合は、生肉を食べた、
加熱が不十分だった、
生肉を触った手で、生食用の野菜に触れてしまった…
ということが主な原因になります。

 

とくに、焼き鳥や、レバーを焼く場合は、
中まできちんと火が通っているのかを
確認してから、食べるのが感染を防ぐことに
つながります。

 

鮮度が良くても、鶏肉にカンピロバクターが付着している可能性
があるので、
なるべく飲食店での生食も避けましょう。

 

また、卵は殻によって守られているため、
卵の生食は、カンピロバクターによる食中毒には
ならないとされています。

 

また、カンピロバクターは、食品中で
増えやすい菌ではないので、
ウィルシュ菌のように、加熱しておいておくと、
増えるというわけではないです。

 

 

鶏肉の食中毒にならないために食べる前にすること

食中毒を起こさないためには、
下処理の段階から気をつける必要があります。

 

菌を別の食材に移さないために、
生肉を調理したら、そのまな板や包丁は、
洗って熱湯で消毒するのが良いでしょう。

 

また、生肉に触った場合は、他のものを触る前に
手をよく洗うのが肝心です。

 

また、加熱すれば死滅する菌なので、
75℃以上で1分間以上加熱するのを
忘れずに★
 

 

まとめ

今日は、鶏肉の食中毒として、カンピロバクターについて
まとめました。

 

カンピロバクターは怖い菌ですが、
生食を避けることと、加熱処理をすることが
重要な菌です。

★こちらの記事もどうぞ
鶏肉の栄養価が高い!鶏むね肉や鶏もも肉の効果や効能がすごい!


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ